現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Outlook の予定表および仕事のアラームが正しく表示されない

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP286166
Microsoft Outlook 97 については、次の資料を参照してください。161033
Microsoft Outlook 98 については、次の資料を参照してください。179393
Microsoft Outlook 2000 については、次の資料を参照してください。195964
現象
Outlook の予定表または仕事のアラームが設定時刻に表示されないことがあります。また、新しい予定にアラームを設定して [保存して閉じる] をクリックすると、次のメッセージが表示されることがあります。
<subject> は予定表フォルダまたは仕事フォルダの中にないので、アラームを表示できません。よろしいですか? <はい>
原因
この問題の主な原因には次の 4 つがあります。
  • Microsoft Outlook が実行されていません。アラーム処理用のファイルが独立していた Microsoft Schedule+ とは異なり、Outlook ではメイン プログラムでアラームが制御されています。そのため、Outlook が実行されていないとアラームが表示されません。
  • アラームを設定した予定表または仕事がプライマリ フォルダにありません。アラームが表示されるのはプライマリの予定表フォルダまたは仕事フォルダのみです。プライマリ フォルダはメールの配信場所です。電子メール サービスのセットアップ時に、メールの配信場所をメール ボックスの受信トレイまたは個人用フォルダ ファイル (.pst) の受信トレイのいずれかに指定します。

    たとえば、個人用フォルダ ファイル (.pst) の受信トレイをメッセージの受信場所に指定している場合、メール ボックスの予定表でアラームを設定してもアラームは表示されません。この場合、個人用フォルダの予定表でアラームを設定すると、アラームが予定の時刻に表示されます。

    : Microsoft Office Outlook 2007 では、その他の予定表フォルダおよび仕事フォルダで設定されたアラームが表示されます。
  • 電子メール サービスの [配信] オプションが "None" (引用符は含みません) に設定されています。アラームが処理されるようにするには、アラームがデフォルトで配信される場所を指定する必要があります。
  • アラームのフォルダが破損しているか、フォルダ内のアイテムが破損しています。
解決方法
この問題を回避するには、次のいずれかを実行します。
  • Outlook が実行されていない場合は起動し、アラームが表示されるまで実行したままにします。
  • アラーム設定時に、アラームを設定するアイテムの保存先がプライマリの予定表フォルダまたは仕事フォルダであることを確認します。
  • Outlook を終了し、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。outlook /cleanreminders と入力し、[OK] をクリックします。
  • Outlook を終了し、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。outlook /resetfolders と入力し、[OK] をクリックします。/cleanreminders スイッチを使用しても問題が解決されない場合は、この方法を使用します。
関連情報
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
296192 [OL2002] ヘルプに記載されていないコマンドライン スイッチ
ol2002 ol2003 OL2007
プロパティ

文書番号:286166 - 最終更新日: 03/20/2007 02:29:02 - リビジョン: 5.1

Microsoft Office Outlook 2007, Microsoft Office Outlook 2003, Microsoft Outlook 2002 Standard Edition

  • kbtasks kbcalendar kbprb KB286166
フィードバック
.appendChild(m);