"127.0.0.1" 以外の IP アドレス宛てのループバック通信が予期せず切断される

現象
ループバック通信において、宛先の IP アドレスとして "127.0.0.1" 以外 (127.0.0.2 ~ 127.255.255.254) を指定して TCP 通信を行うと、予期せず通信が切断される場合があります。
原因
既定でループバック インターフェースに割り当てられている "127.0.0.1" 以外のループバック アドレスは、通信の際に一時的な IP アドレスとして OS 内部でに動的に作成されます。この一時的な IP アドレスが通信中であるにもかかわらず予期せず削除されることにより、通信が継続できなくなり、TCP コネクションが切断されます。
解決方法
回避策
ローカル コンピューターの管理者権限を持つアカウントで下記のコマンドを実行し、ループバック インターフェースに対して使用する IP アドレスを静的に割り当てます。 

- 実行コマンド (127.0.0.2 に対して通信を行う場合)
netsh interface ipv4 add address "Loopback Pseudo-Interface 1" 127.0.0.2 255.0.0.0
状況
マイクロソフトでは、現在この問題の詳細について調査中です。 
詳細
この現象は、Windows 8 以降の OS バージョンでのみ発生します。Windows 7 以前のコンピューターでは発生しません。
関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2864745 - 最終更新日: 09/29/2016 10:23:00 - リビジョン: 3.0

Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 Datacenter, Windows 8

  • KB2864745
フィードバック