Windows XP Read1st.txt ファイルの内容

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP286647
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
**********************************************************************
はじめにお読みください
Windows XP
**********************************************************************

======================================================================
目次
======================================================================

詳細
======================================================================
1.0 はじめに
======================================================================

Windows XP をインストールする前に、このドキュメントを印刷してお読みください。このドキュメントでは、このリリースのインストールに関する重要な情報を提供しています。サポートされているハードウェアの最新の一覧については、Microsoft の Web サイト http://www.microsoft.com/japan/hcl/default.asp) にある「ハードウェア互換性リスト」を参照してください。また、Windows XP の CD-ROM の \docs フォルダに収録されている次のファイルも印刷してお読みください。

* セットアップ手順。

* リリース ノート (relnotes.htm) - 互換性とインストール後の処理に関する重要な情報です。

新しい機能については、Windows XP のヘルプとサポート サービスに詳しい説明があります。ヘルプとサポート サービスを開くには、セットアップの完了後に、[スタート] ボタン、[ヘルプとサポート] の順にクリックします。

先頭に戻る

======================================================================
2.0 インストールのためのシステム要件
======================================================================

システム要件の完全な一覧については、Windows XP CD-ROM の readme.htm から参照できるセットアップ リリース ノートを参照してください。

先頭に戻る

======================================================================
3.0 インストール前の注意事項
======================================================================

Windows XP をインストールする前に、必ずここをお読みください。ここでは、インストールに影響を及ぼす事項について説明しています。インストールの前に目を通しておくと、インストールを円滑に進め、Windows XP を正しく機能させることができます。

: Windows XP セットアップ用の起動ディスクは Windows XP のパッケージに同梱されていません。Windows XP セットアップ用の起動ディスクについての情報は、http://www.microsoft.com/japan/windowsxp を参照してください。
先頭に戻る

3.1 Windows 製品のライセンス認証 (WPA)
======================================================================

製品 : Windows XP Home Edition と Windows XP Professional のみ

Windows のライセンス認証を行うよう推奨される場合は、計画しているアップグレードが完了するまで、または、使用しているコンピュータに固定されたハードウェアおよびそれらのデバイス ドライバへの変更が完了してから、ライセンス認証を行うようにしてください。そうしないと、変更を加えた後に、再度ライセンス認証しなければならない可能性があります。固定されたハードウェア/ドライバには、ビデオ、ネットワーク (モデム以外)、SCSI、ハード ドライブ、CD-ROM/DVD、システム メモリなどのデバイスの最初のインスタンスが含まれます。USB やそのほかのリムーバブル デバイス (カメラやプリンタなど) は、ライセンス認証には影響しません。

また、セットアップの実行中にライセンス認証の手続きがうまくいかない場合には、ライセンス認証の手続きを後で行うように指定して、Windows XP にログオン後、既存のインターネット接続 (インターネット サービス プロバイダにダイヤルする等) を利用してライセンス認証の手続きを行います。

先頭に戻る

3.2 パスワードを使用する
======================================================================

先頭に戻る

3.2.1 パスワードのバックアップ ディスク
----------------------------------------------------------------------

製品 : Windows XP Home Edition と Windows XP Professional のみ

以前のバージョンの Windows のパスワード バックアップ ディスクを作成していた場合は、作成プロセスが変更されているので、Windows XP 用のパスワード バックアップディスクを再作成してください。

先頭に戻る

3.2.2 空のパスワードを使用する場合の制限事項
----------------------------------------------------------------------

Windows XP では、新しい既定のセキュリティ機能を導入し、空のパスワードを使用するユーザーをネットワーク ベースの攻撃から保護しています。アカウントをパスワードで保護していないユーザーがログオンできるのは、自分のアカウントがある、物理的な操作コンソールを備えたコンピュータに限られます。つまり、モニタ、キーボード、およびマウスがつながれたコンピュータのみです。このような制限があるのは、ローカル ユーザー アカウントだけです。ドメイン ユーザー アカウントには関係しません。

警告 : コンピュータが物理的に安全な場所にない場合は、すべてのローカル ユーザー アカウントに強力なパスワードを割り当てる必要があります。そのようにしておかないと、コンピュータに物理的にアクセスするユーザーが、パスワードを持たないユーザー アカウントを使用してログオンできるようになります。これは、ポータブル コンピュータの場合は特に重要です。ポータブル コンピュータのローカル ユーザー アカウントには、必ず強力なパスワードを割り当ててください。

先頭に戻る

3.3 ソフトウェアの互換性の問題
======================================================================

先頭に戻る

3.3.1 メッセージ キュー
----------------------------------------------------------------------

製品 : Windows XP Home Edition のみ

メッセージ キューは、Windows XP Home Edition ではサポートされていません。MSMQ Version 1.0 を実行している Windows 98、または Windows Millennium Edition のコンピュータからアップグレードする場合は、Windows XP Professional にアップグレードすることをお勧めします。


先頭に戻る

3.4 追加情報
======================================================================

先頭に戻る

3.4.1 ハードウェア プロファイル名の表示
----------------------------------------------------------------------

製品 : Windows XP Home Edition と Windows XP Professional のみ

英数半角以外のハードウェア プロファイル名が設定されている Windows Millennium Edition、Windows 98 Second Edition、Windows 98 から Windows XP にアップグレードした場合、起動時のハードウェア プロファイル名が正しく表示されません。起動時にハードウェア プロファイルを正しく表示するにはシステムプロパティのハードウェア タブから [ハードウェア プロファイル] を選択し、英数半角のプロファイル名に変更してください。


先頭に戻る

3.4.2 アップグレード後にスケジュールされたタスクが起動しない問題
----------------------------------------------------------------------

製品 : Windows XP Home Edition と Windows XP Professional のみ

Windows Millennium Edition、Windows 98 Second Edition、Windows 98 から Windows XP にアップグレードした後に、以前のオペレーティング システムでスケジューリングされたタスクとして起動していたアプリケーションが起動しなくなる場合があります。これは、以前のオペレーティング システムではパスワードを指定せずにスケジュールされたタスクを実行できましたが、Windows XP ではセキュリティの強化のため、パスワードを設定していないタスクをスケジュールで起動できないように変更したためです。アップグレード後にスケジュールされたタスクを起動させるにはコントロール パネルから [タスク] を起動して、該当するタスクのプロパティを開きパスワードを設定してください。


先頭に戻る

3.4.3 winnt.exe によるインストール
----------------------------------------------------------------------

製品 : Windows XP Home Edition と Windows XP Professional のみ

Windows XP に同梱されている winnt.exe からセットアップを行うと、非常に時間がかかる場合があります。これは、winnt.exe を起動する DOS に smartdrv.exe を組み込むことで回避することができます。日本語版では winnt.exe によるインストールは推奨しません。新規にインストールする場合は、CD-ROM ドライブから起動する通常のセットアップを実行してください。


先頭に戻る

3.4.4 FAX のアップグレード
----------------------------------------------------------------------

製品 : Windows XP Professional のみ

FAX コンポーネントが正常に動作している Windows 2000 Professional から、Windows XP Professional へアップグレードした場合、一部のモデムにおいて送信ができなくなる場合があります。モデムを正しく動作させるには、コントロール パネルから [プリンタとその他のハードウェア]、[電話とモデムのオプション]、[モデム] の順にクリックし、モデム ドライバを一旦削除してから、再度インストールしてください。その際に、ポートの最高速度、ダイヤル管理、TSID、CSID、呼び出し回数が既定値に戻るので再設定が必要です。


先頭に戻る

3.4.5 SONY VAIO シリーズ 内蔵モデム
----------------------------------------------------------------------

製品 : Windows XP Home Edition と Windows XP Professional のみ

SONY VAIO シリーズに付属している内蔵モデムを Windows XP に同梱されているモデム ドライバで使用すると、ダイヤル方式を [パルス] として設定していても、[トーン] でダイヤルされます。この問題に該当するのは以下の製品です。

PCG-C1VJ, PCG-C1VJ/BP, PCG-GT1, PCG-C1VRX/K, PCG-C1VR/BP, PCG-C1VSX/K, PCG-C1VS/BW, PCG-GT3/K, PCG-C1XE, PCG-C2GPS, PCG-C1XF, PCG-C1XG, PCG-C1XG/BP, PCG-F59DK, PCG-F57/BP, PCG-F55/BP, PCG-F50/BP, PCG-F50A/BP, PCG-N505SR, PCG-N505, PCG-N505ES, PCG-N505E/BP, PCG-N505EL, PCG-N505AS, PCG-N505A/BP, PCG-XR100F/K, PCG-XR9F/K, PCG-XR7F/K, PCG-XR1F/BP, PCG-XR9Z/K, PCG-XR7Z/K, PCG-XR7Z/K, PCG-XR1Z/BP, PCG-XR100E/K, PCG-XR9E/K, PCG-XR7E/K, PCG-XR1E/BP, PCG-XR9S, PCG-XR7S, PCG-XR1S/BP, PCG-XR1SA/BP, PCG-XR9G, PCG-XR7G, PCG-XR1G, PCG-XG9, PCG-Z505DX, PCG-Z505D, PCG-Z505FX, PCG-Z505F, PCG-Z505JX, PCG-Z505JL, PCG-Z505J/BP, PCG-F16/BP, PCG-F14BP, PCG-F26/BP, PCG-F23/BP, PCG-F26/BP2, PCG-F23/BP2, PCG-F20/BP2, PCG-F34/BP

VAIO シリーズ内蔵モデムを正しく動作させるためには Windows XP をインストールする前に必ず Windows XP 対応のモデムドライバを SONY の Web サイト (http://vcl.vaio.sony.co.jp/products/win/) よりダウンロードしてください。Windows XP をインストールした後に、ダウンロードしたモデム ドライバをインストールすることで、この問題を回避することができます。


先頭に戻る

3.4.6 Windows NT 4.0 からのアップグレード時のユーザー設定引継ぎ
----------------------------------------------------------------------

製品 : Windows XP Professional のみ

Windows NT 4.0 Workstation から Windows XP Professional へアップグレードを行った場合、Windows NT 4.0 に存在していた各ユーザー設定の引継ぎ処理は、各ユーザーが Windows XP に最初にログオンしたときに完了します。しかし、各ユーザーの Windows XP への最初のログオンがユーザー切り替えによるものである場合、ユーザー設定の引継ぎ処理が完了しない場合があります。ユーザー設定の引継ぎ処理を確実に完了するためには、各ユーザーが Windows XP に最初にログオンするときには、ユーザー切り替えによらず、通常のログオン (現在のユーザーをログオフし、改めてほかのユーザーでログオンする) を行ってください。


先頭に戻る


======================================================================
4.0 著作権
======================================================================

このドキュメントでは、Windows XP のドキュメントを補足する最新情報などを提供しています。

このドキュメントに記載されている情報 (URL 等のインターネット Web サイトに関する情報を含む) は、情報提供の目的で発行されているものであり、将来予告なしに変更することがあります。お客様がこのソフトウェアおよび関連するドキュメントを運用した結果の影響については、お客様が負うもので、マイクロソフトは責任を負うものではありません。別途記載されていない場合、このソフトウェアおよび関連するドキュメントで使用している会社、組織、製品、人物、キャラクタ、データなどの名称は架空のものです。実在する商品名、団体名、個人名などとは一切関係ありません。お客様ご自身の責任において、適用されるすべての著作権関連法規に従ったご使用を願います。このドキュメントのいかなる部分も、米国 Microsoft Corporation の書面による許諾を受けることなく、その目的を問わず、どのような形態であっても、複製または譲渡することは禁じられています。ここでいう形態とは、複写や記録など、電子的な、または物理的なすべての手段を含みます。ただしこれは、著作権法上のお客様の権利を制限するものではありません。

マイクロソフトは、このドキュメントに記載されている内容に関し、特許、特許申請、商標、著作権、またはその他の無体財産権を有する場合があります。別途マイクロソフトのライセンス契約上に明示の規定のない限り、このドキュメントはこれらの特許、商標、著作権、またはその他の無体財産権に関する権利をお客様に許諾するものではありません。

(c) 2001 Microsoft Corporation. All rights reserved.

Microsoft、MS-DOS、Windows、および Windows NT は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

記載されている会社名、製品名には、各社の商標のものもあります。

先頭に戻る

関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 286647 (最終更新日 2001-09-17) をもとに作成したものです。

readme.txt
プロパティ

文書番号:286647 - 最終更新日: 01/12/2015 17:31:32 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbinfo KB286647
フィードバック