FIX、SQL Server 2012 または 2014年、Microsoft Azure のバイナリ ラージ オブジェクトの記憶域サービス データベースを復元できません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2867316
現象
SQL Server 2012 または SQL Server 2014 データベースにサイズの大きいトランザクション ログ ファイルが含まれている場合は、Microsoft Azure のバイナリ ラージ オブジェクト (BLOB) のストレージ ・ サービスのデータベースを復元できません。たとえば、トランザクション ・ ログ ・ ファイルを復元するのには 3 分間よりも長くかかることが非常に大きい場合は、データベースを復元できません。

例えば: URL の起こりやすいものに非常に大きなデータベースをバックアップする場合がありますし、次のエラー メッセージ。
<DateTime>バックアップ エラー: 3041、レベル: 16、状態: 1 です。
<DateTime>バックアップのバックアップは、バックアップ データベース BravoII_AS_PROD の差分のコマンドを完了できませんでした。詳細メッセージについては、バックアップ アプリケーション ログを確認してください。
<DateTime>spid55 エラー: 18210、レベル: 16、状態: 1 です。<DateTime> spid55 BackupVirtualDeviceFile::RequestDurableMedia: 'https://xxx.blob.core.windows.net/production/yyy.bck' のバックアップ デバイス上のエラーをフラッシュします。リモート エンドポイントからオペレーティング システムの errorError は収集されない可能性があります</DateTime>。</DateTime></DateTime></DateTime>
URL のトレース フラグ (DBCC TRACEON(3004, 3051, 3212,3014, 3605, 1816,-1)) へのバックアップを有効にした場合は、backuptoUrL のログに次のような情報が表示されます。
<DateTime>: HTTP ステータス メッセージを作成 HTTP ステータス コード 201 は、
<DateTime>: ペイロード: 7319191552 をスタート、Cmd サイズ 1048576、ペイロード サイズ 1048576、84313.5811126 の開始時刻、終了時刻 84313.6281149、期間 47.0023 ミリ秒、1 をしようと、コールバックを実行しますか?場合は true。
<DateTime>: HTTP ステータス メッセージを作成 HTTP ステータス コード 201 は、
<DateTime>: IO 完了は、64、スロットル数の 63 のスレッドのデルタの計算に、実行可能な並列操作を変更します。
<DateTime>: 再試行の 20000、タイムアウトの長さ、get コマンドでタイムアウトが発生しました。
<DateTime>: 再試行の 20000、タイムアウトの長さ、get コマンドでタイムアウトが発生しました。
<DateTime>: 再試行の 20000、タイムアウトの長さ、get コマンドでタイムアウトが発生しました。
<DateTime>: 再試行の 20000、タイムアウトの長さ、get コマンドでタイムアウトが発生しました。
<DateTime>: 再試行の 20000、タイムアウトの長さ、get コマンドでタイムアウトが発生しました。
<DateTime>: 再試行の 20000、タイムアウトの長さ、get コマンドでタイムアウトが発生しました。
<DateTime>: 再試行の 20000、タイムアウトの長さ、get コマンドでタイムアウトが発生しました。
<DateTime>: 再試行の 20000、タイムアウトの長さ、get コマンドでタイムアウトが発生しました。
<DateTime>: 再試行の 20000、タイムアウトの長さ、get コマンドでタイムアウトが発生しました。
<DateTime>: SqlServr をバックアップの通信に失敗しました、hr = 0x80770003
<DateTime>: 例外情報に依存して、エンジンの通信中に致命的なエラーが発生しました。
<DateTime>: 例外の情報: エラーが発生しましたデータの中にいる場合、HRESULT の転送操作: 0x80770003
<DateTime>: スタック: Microsoft.SqlServer.VdiInterface.VDI.PerformPageDataTransfer (CloudPageBlob pageBlob、AccessCondition leaseCondition、ブール値の forBackup) で
BackupToUrl.Program.MainInternal (引数の文字列) で</DateTime></DateTime></DateTime></DateTime></DateTime></DateTime></DateTime></DateTime></DateTime></DateTime></DateTime></DateTime></DateTime></DateTime></DateTime></DateTime></DateTime>

解決方法
問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで最初に修正されました。

SQL Server 2014 SP1 用の累積的な更新 1

SQL Server 2012 の SP2 用の累積的な更新 6

SQL Server 2012 SP1 用の累積的な更新 16

2014 の SQL Server 用の累積的な更新プログラム 7

SQL Server 用の累積的な更新プログラムのバージョン情報

SQL Server 用の新しい累積的な更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていた、すべての修正プログラムおよびすべてのセキュリティ更新プログラムが含まれています。以下で、SQL Server 用の最新の累積的な更新プログラムを確認してください。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2867316 - 最終更新日: 11/30/2016 07:52:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 1, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Web, Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 2, Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1

  • kbqfe kbfix kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbmt KB2867316 KbMtja
フィードバック