[MS13-066] Active Directory フェデレーション サービス 1.x のセキュリティ更新プログラムについて (2013 年 8 月 13 日)

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響します。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

はじめに
マイクロソフトはセキュリティ情報 MS13-066 を公開しました。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

更新プログラムのインストールに関するヘルプ: Windows Update サポート ページ

IT 専門家のためのセキュリティ ソリューション:セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows ベースのコンピューターを保護する: ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート:その他の地域のサポート

詳細

このセキュリティ更新プログラムをインストールするために必要な追加の手順

このセキュリティ更新プログラムをインストールした後、以下の手順を実行してインストールを手動で完了します。
  1. 以下のフォルダーにある、カスタマイズされた clientlogon.aspx ページのバックアップ コピーを作成します。
    %systemdrive%\Windows\SystemData\ADFS\sts\ls
    バックアップは、信頼性の高い保存場所に格納します。

    注: asp ファイルに対するすべてのカスタマイズは、できればバージョン コントロールを使用して、信頼性の高い方法でバックアップする必要があります。
  2. バックアップ フォルダーでは、Clientlogon.aspx ページを編集して、[ユーザー名] および [パスワード] ボックス用のテキスト "autocomplete=off" を追加します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 以下の部分
      <asp:TextBox runat="server" ID="UsernameTextBox">
      を次のように変更します。
      <asp:TextBox runat="server" ID="UsernameTextBox" autocomplete="off">
    2. 以下の部分
      <asp:TextBox runat="server" ID="PasswordTextBox" TextMode="Password">
      を次のように変更します。
      <asp:TextBox runat="server" ID="PasswordTextBox" TextMode="Password" autocomplete="off">
  3. 更新された Clientlogon.aspx ページを、次のフォルダーにコピーします。
    %systemdrive%\Windows\SystemData\ADFS\sts\ls
ファイル情報
このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。お使いのコンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は夏時間 (DST) 調整済みのローカル時刻で表示されます。さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

Windows Server 2003 のファイル情報

  • 特定のマイルストーン (SPn) および区分 (QFE、GDR) に適用されるファイルは、"SP 要件" および "区分" 列に記載されています。
  • GDR 区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされているそれらの修正プログラムのみが含まれています。QFE 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。
  • このセキュリティ更新プログラムでは、これらの表に記載されているファイルの他に、マイクロソフトのデジタル署名を使用して署名された関連セキュリティ カタログ ファイル (文書番号.cat) もインストールされます。

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2003 (x64 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatformSP requirementService branch
Adfsreg.exe5.2.3790.45789,21605-Jul-201301:17x64SP2SP2QFE
Ifsext.dll5.2.3790.457896,25605-Jul-201301:18x64SP2SP2QFE
Ifsfilt.dll5.2.3790.457828,67205-Jul-201301:18x64SP2SP2QFE
Ifsutils.dll5.2.3790.4578144,89605-Jul-201301:18x64SP2SP2QFE
System.web.security.singlesignon.dll5.2.3790.5190585,72805-Jul-201301:18x86SP2SP2QFE

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2003 (x86 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatformSP requirementService branch
Adfsreg.exe5.2.3790.45787,68024-Aug-200911:57x86SP2SP2QFE
System.web.security.singlesignon.dll5.2.3790.5190585,72804-Jul-201312:34x86SP2SP2QFE
Ifsext.dll5.2.3790.519077,82404-Jul-201312:29x86SP2SP2QFE\IA
Ifsfilt.dll5.2.3790.519020,48004-Jul-201312:29x86SP2SP2QFE\IA
Ifsutils.dll5.2.3790.5190101,37604-Jul-201312:29x86SP2SP2QFE\IA
Ifsext.dll5.2.3790.519077,82404-Jul-201312:29x86SP2SP2QFE\ID
Ifsfilt.dll5.2.3790.519020,48004-Jul-201312:29x86SP2SP2QFE\ID
Ifsutils.dll5.2.3790.5190101,37604-Jul-201312:29x86SP2SP2QFE\ID
Ifsext.dll5.2.3790.519077,82404-Jul-201312:29x86SP2SP2QFE\IS
Ifsfilt.dll5.2.3790.519020,48004-Jul-201312:29x86SP2SP2QFE\IS
Ifsutils.dll5.2.3790.5190101,37604-Jul-201312:29x86SP2SP2QFE\IS

Windows Server 2008 のファイル情報

  • 特定の製品、マイルストーン (SPn)、および区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、以下の表に示すファイル バージョン番号で識別できます。
    バージョン製品マイルストーン区分
    6.0.6002.18xxxWindows Server 2008 SP2SP2GDR
    6.0.6002.23xxxWindows Server 2008 SP2SP2LDR
  • GDR 区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされているそれらの修正プログラムのみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。
注: インストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は記載されていません。

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 (x86 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
System.web.security.singlesignon.dll6.0.6002.18880589,82405-Jul-201316:09x86
System.web.security.singlesignon.dll6.0.6002.23152589,82405-Jul-201316:09x86

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 (x64 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
System.web.security.singlesignon.dll6.0.6002.18880589,82405-Jul-201316:14x86
System.web.security.singlesignon.dll6.0.6002.23152589,82405-Jul-201316:14x86

Windows Server 2008 R2 のファイル情報

  • 特定の製品、マイルストーン (RTM、SPn)、および区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、以下の表に示すファイル バージョン番号で識別できます。
    バージョン製品マイルストーン区分
    6.1.7601. 18xxxWindows 7 および Windows Server 2008 R2SP1GDR
    6.1.7601. 22xxxWindows 7 および Windows Server 2008 R2SP1LDR
  • GDR 区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされているそれらの修正プログラムのみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。
注: インストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は記載されていません。

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 R2 (x64 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
System.web.security.singlesignon.dll6.1.7601.18199589,82403-Jul-201305:27x86
System.web.security.singlesignon.dll6.1.7601.22375589,82403-Jul-201305:07x86
update security_patch security_update security bug flaw vulnerability malicious attacker exploit registry unauthenticated buffer overrun overflow specially-formed scope specially-crafted denial of service DoS TSE
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2868846 - 最終更新日: 08/23/2013 17:38:00 - リビジョン: 2.0

Windows Server 2008 R2 Service Pack 1, Windows Server 2008 Service Pack 2, Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2

  • atdownload kbbug kbexpertiseinter kbfix kbsecbulletin kbsecurity kbsecvulnerability KB2868846
フィードバック