[SDP 3][85880d06-9b7f-4910-90c3-923c3437f6b2] Office クライアント KMS ライセンス認証の診断

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2870357
概要
このサポート診断プラットフォーム (SDP) のマニフェスト ファイルは、収集し、'Office KMS クライアント' として指定されたコンピューターから構成設定を分析します。この SDP のマニフェストを使用して、いずれかの Microsoft Office 2010年でクライアントのライセンス認証に関する問題のトラブルシューティングを行う、または Microsoft Office 2013 がインストールされています。

次のバージョンの Windows では、この診断を使用できます。
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows 8
  • Windows 7 の場合
  • Windows Vista の場合
NOTE:この診断パッケージには、Windows XP または Windows Server 2003 にインストールされている Office クライアントはサポートされていません。

サポートされているバージョンの Windows でこの診断パッケージを実行すると、結果を確認する html 形式のレポートが作成されます。このレポートは{}コンピューター名_Office_Client_KMS_Report.htmlと呼ばれる、いつでも確認できるように、デスクトップフォルダーに保存されます。この診断によって検出された問題を解決する方法のガイダンスについては、html 形式のレポートを参照してください。

この診断は、次の項目を収集します。

説明ファイル名
堅牢な Office の結果を含むテキスト ファイル (.log、.xml)
インベントリ スキャン (ROIScan) ツールです。
{コンピューター名} という文字列
{Computername}_Roiscan.xml
次のコマンドを実行することによって生成される Office 2010 の KMS 構成の詳細:

Office 2013
cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs/dlv 2E28138A-847F-42BC-9752-61B03FFF33CD

Office 2010
cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs/dlv BFE7A195-4F8F-4F0B-A622-CF13C7D16864
{コンピューター名} _KMS_Client_slmgr.log
アプリケーション イベント ログのイベントをフィルター処理、ソース = Microsoft Windows セキュリティ SPP. のファイルは、テキスト、csv、xml、および evtx の形式で。 {コンピューター名} _evt_Activation_Application_Filter.*
(フィルターなし) のアプリケーション イベント ログ。ファイル、テキスト、csv、xml、および evtx の形式です。 {コンピューター名} _evt__Application_Filter.*
イベント ログ: キー管理サービス {コンピューター名} _evt_KeyManagementService.*
次のコマンドを使用して SRV レコードの DNS クエリの結果:

nslookup の種類 = srv _vlmcs._tcp
{コンピューター名} _NSLookup.log
MGADiag ユーティリティの出力 {コンピューター名} _MGADiag.txt
KMS クライアント コンピューター ID (CMID) - Office #が表示されるテキスト ファイルは、 Office14またはOffice15のいずれかです。{コンピューター名} _ {Office #} _Ospp ・ dcmid.txt
MAK またはリテール アクティベーションのOffice での失敗の履歴を表示するテキスト ファイルは、 Office14またはOffice15のいずれかです。{コンピューター名} _ {Office #} _Ospp ・ dhistoryActErr.txt
KMS クライアント ライセンス認証履歴 - Office #が表示されるテキスト ファイルは、 Office14またはOffice15のいずれかです。{コンピューター名} _ {Office #} _Ospp ・ dhistorykms.txt
インストールされているすべてのライセンス - Office の場合Office14またはOffice15のいずれかのライセンス情報を表示するテキスト ファイルです。{コンピューター名} _ {Office #} _Ospp ・ Dstatusall.txt
テキスト ファイルを表示トークン ベースのライセンス認証の証明書のOffice では、 Office14またはOffice15のいずれかです。{コンピューター名} _ {Office #} _Ospp ・ Dtokcerts.txt
テキスト ファイルを表示するには、トークン ベースのライセンス認証の発行ライセンスがインストールされている - Office #Office14またはOffice15のいずれかです。{コンピューター名} _ {Office #} _Ospp ・ dtokils.txt

詳細
KMS ライセンス認証を使用して Microsoft Office クライアントをアクティブ化しようとすると、ライセンス認証が成功しなかったことを示すエラーが表示されます。エラー テキストに記載されているエラー コードは、問題の原因によって異なります。

重要 この資料には、レジストリを変更する方法に関する情報が含まれています。変更する前に、レジストリをバックアップすることを確認します。問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を必ず知っておいてください。バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。

322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

: この資料を直線的に使用する必要はありません。代わりに、KMS ライセンス認証を使用して、Office クライアントをアクティブ化しようとしているときに表示されるエラー コードに直接マップするための手順をトラブルシューティングの対象を提供するものです。のみ、Office クライアントに表示するエラー コードに関連する資料でこれらの手順に従うことを確認してください。

必要な場合、このセクションの手順を実行このエラーを再生成できます。その特定のエラーをこの資料の「解決方法」で適切な手順を使用できます。 します

KMS ライセンス認証を使用して、Office クライアントをアクティブ化しようとすると、によって返されるエラー コードを使っている場合のエラー コードと説明のいずれかをクリックします 次の表 関連するソリューションは、「解決方法」にジャンプします。

、KMS を使用して Office をライセンス認証しようとすると、によって返されるエラー コードを覚えていない場合は、以下の手順を実行、エラーを生成します。
  1. Office 2010 (2013年) は、クライアントの管理者特権のコマンド ライン ウィンドウを開きます。
  2. Ospp.vbs が配置されているフォルダーに変更します。

    既定では、フォルダーは次のとおりです。

    32 ビット Windows と Office の 32 ビットまたは64 ビット Windows と 64 ビットの Office

    -Office 2013: C:\Program ファイル Office\Office15
    -Office 2010: C:\Program ファイル Office\Office14

    64 ビット Windows と 32 ビットの Office

    -Office 2013: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office15
    -Office 2010: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office14

  3. 次のコマンドを実行します。
    Cscript ospp.vbs /dstatusall
  4. (ライセンスの説明に「VOLUME_KMSClient」を参照する必要があります) KMS ライセンス認証の対象である Office のライセンスがあることを確認します。

    次の例では、Office 2010 のプロフェッショナル プラスのボリュームにライセンス版の出力に表示されるを示します。
    SKU ID: 6f327760-8c5c-417c-9b61-836a98287e0cLICENSE NAME: Office 14, OfficeProPlus-KMS_Client editionLICENSE DESCRIPTION: Office 14, VOLUME_KMSCLIENT channelLICENSE STATUS: <current license status value>KU ID: 6f327760-8c5c-417c-9b61-836a98287e0cLICENSE NAME: Office 14, OfficeProPlus-KMS_Client editionLICENSE DESCRIPTION: Office 14, VOLUME_KMSCLIENT channelLICENSE STATUS: <current license status value>LUME_KMSCLIENT channelLICENSE STATUS: <current license status value>
  5. ライセンスのステータスの値を出力にはないと「ライセンス」と、次のコマンドを実行します。それ以外の場合、この Office クライアントのライセンスが既にし、続行する必要はありません。
    Cscript ospp.vbs /act
    注:Office クライアントが既に MAK キーを使用してライセンスを取得し、KMS ライセンス認証変更] をクリックする場合 ここで アクティブにする方法でこの変換を作成する手順を提供するこの資料のセクションにジャンプします。

  6. 出力にエラー コード値に注意してください。
  7. 次のように対応するエラー コードをクリックします。 リスト エラー コードと説明についてはこの資料の「解決方法」に関連するトラブルシューティングの手順にジャンプしますします。

この資料に関連するトラブルシューティングのセクションにジャンプするのには、テーブル内のエラーをクリックします。

独自のエラー コードが表示されない場合、またはトラブルシューティングの手順で問題が解決しない場合は、Microsoft Office のボリューム ライセンス認証のトラブルシューティングを行う方法の詳細については以下の資料を参照してください。

Office 2013 のボリューム ライセンス認証のトラブルシューティングを行う

Office 2010 のボリューム ライセンス認証のトラブルシューティングを行う
解決方法
KMS ライセンス認証の問題を解決する、Microsoft Office 2010年クライアントまたは Microsoft Office 2013 のクライアントに対して、以下の現象に該当するセクションを参照してください。




Office ソフトウェア保護プラットフォームのサービスまたはソフトウェア保護サービスが開始されていません (エラー 0x80070422 または 0x80070426)
警告: [レジストリ エディタ] または別の方法を使用してレジストリを誤って修正すると、深刻な問題が発生することがあります。これらの問題は、オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証することはできません。自己の責任においてレジストリを変更してください。

Microsoft Office をライセンス認証しようとする次のエラーのいずれかが表示されます。
  • 0x80070422
  • 0x80070426

発生する Office の KMS ライセンス認証は、次のサービスする必要がありますを有効にする (Office のバージョンと Windows バージョンの組み合わせに基づく)。

Office のバージョンWindows のバージョン必要なサービス
Office 2010Windows XP、Windows 7、Windows Vista の Windows 8Office ソフトウェア保護プラットフォーム
Office 2013Windows 7、Windows Vista、Windows XPOffice ソフトウェア保護プラットフォーム
Office 2013Windows 8ソフトウェアの保護

サービスのために必要なMicrosoft Office と Microsoft Windows の組み合わせに対して有効にするこれらの手順に従います。
  • Office ソフトウェア保護プラットフォーム サービス
    1. サービススナップイン (Services.msc) を開きます。
      1. [開始] をクリックし、[実行] をクリックします。
      2. Services.mscを入力し、ENTER キーを押します。
    2. Office ソフトウェア保護プラットフォームをダブルクリックします。
    3. [スタートアップの種類の設定が自動 (遅延開始)であることを確認してください。



    4. サービスの状態停止の場合は、[開始] をクリックします。
    5. [OK] をクリックします。
  • ソフトウェアの保護サービス(Office 2013 + Windows 8)
    1. レジストリ エディターを起動します。
      1. デスクトップで、Windows キー + Rを押します。
      2. [名前] ボックスにregeditと入力し、ENTER キーを押します。

    2. 検索し、次のレジストリ キーを選択します。

      HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\sppsvc

    3. Startの値を右クリックし、[変更] をクリックします。
    4. 2 に値のデータを変更し、[ OK] をクリックします。
    5. レジストリ エディタを閉じます。

トップに戻る

KMS ライセンス認証は、Office 2010 およびそれ以降のバージョンの Office に適用されます。
KMS を使用して、Office クライアントのアクティブ化は、Office 2010 およびそれ以降のバージョンに該当する場合のみです。2007 Office システム、たとえば、Office の以前のバージョンがある場合、Office をライセンス認証に KMS ライセンス認証を使用できません。

この制限の詳細については次の資料を参照してください。

エンタープライズ版の Office 2010、2007 Office システム、および Office 2003 のボリューム ライセンス キーを入手する方法
http://support.microsoft.com/kb/828378

製品など、Microsoft Visio または Microsoft Project の KMS ライセンス認証の問題のトラブルシューティングを行う場合は、バージョン 2010年または 2013年のいずれかであると仮定した場合、次のトラブルシューティング リソースを参照してください。


: この資料の情報にも関連するが位置する必要はありません通常、Office 2010 または Office 2013 がインストールされている Office KMSホスト問題のトラブルシューティングを行う場合。

クライアント側アクティベーション エラーによって返されるエラー メッセージは、DNS の構成が正しくない、クライアント側の KMS ホストのエントリ、レジストリ、またはポートのブロック ファイアウォール規則の KMS ホストの問題を指すことができるためです。したがって、Office クライアントを有効に、エラー コードが返され、次のエラー コードは、この資料では説明を確認してみることをお勧めします。多くの場合、この資料に記載された手順では KMS ホストの問題を解決することが最終的には。


トップに戻る

ボリューム ライセンス版 Office が見つかりませんでした。
以外のボリュームライセンス版にはインストールされている Office の場合は、KMS を使用して、Office クライアントをアクティブにできません。ボリューム ライセンス版の種類には、製品版サブスクリプションのバージョンが含まれます。

'Type' がインストールされている Office のライセンスを確認するのには、次の手順を実行します。
  1. 管理者特権のコマンド ライン ウィンドウを開きます。
  2. Ospp.vbsが配置されているフォルダーに変更します。

    既定では、フォルダーは次のとおりです。
    • 32 ビット Windows と Office の 32 ビットまたは64 ビット Windows と 64 ビットの Office

      -Office 2013: C:\Program ファイル Office\Office15
      -Office 2010: C:\Program ファイル Office\Office14
    • 64 ビット Windows と 32 ビットの Office

      -Office 2013: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office15
      -Office 2010: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office14

  3. 次のコマンドを実行します。
    Cscript ospp.vbs /dstatus
  4. 結果のライセンスの説明の行に指定された値を確認します。

    Microsoft Office のボリューム ライセンスのバージョンでは、説明で、[ボリューム] があります。次に例を示します。
    LICENSE DESCRIPTION: Office 14, VOLUME_KMSCLIENT channel
    Microsoft Office のボリューム ライセンスのバージョンではない説明に「ボリューム」があります。次に例を示します。
    LICENSE DESCRIPTION: Office 15, TIMEBASED_SUB channel
    または
    LICENSE DESCRIPTION: Office 14, RETAIL channel

KMS を使用して Office のボリューム ライセンスされていないコピーをアクティブにする場合は、次の手順を従う必要があります。
  1. プログラムと機能のコントロール パネル (または Windows XP でプログラムの追加と削除) を使用して、ボリューム ライセンスの現在のバージョンの Microsoft Office をアンインストールします。
  2. Microsoft Office のボリューム ライセンスのバージョンをインストールします。
ボリューム ライセンスに関するご質問がある場合は、次のアドレスに、ボリューム ライセンス サービス センターを参照してください。


トップに戻る

KMS ライセンス認証ライセンスがある' ' (エラー 0x0)
Office クライアントで次の手順を使用して、Office クライアントの現在の KMS ライセンス認証の状態を決定できます。
  1. 管理者特権のコマンド ライン ウィンドウを開きます。
  2. Ospp.vbsが配置されているフォルダーに変更します。

    既定では、フォルダーは次のとおりです。
    • 32 ビット Windows と Office の 32 ビットまたは64 ビット Windows と 64 ビットの Office

      -Office 2013: C:\Program ファイル Office\Office15
      -Office 2010: C:\Program ファイル Office\Office14

    • 64 ビット Windows と 32 ビットの Office

      -Office 2013: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office15
      -Office 2010: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office14

  3. 次のコマンドを実行します。
    Cscript ospp.vbs /dstatus
  4. ライセンスの説明、およびライセンスのステータス行の値に注意してください。説明は必要があります 'KMS' と、ステータスとライセンスについて説明します。

    Office 2010 クライアントが KMS ライセンス認証のライセンスの状態では、次の例で示されます。
    SKU ID: 6f327760-8c5c-417c-9b61-836a98287e0cLICENSE NAME: Office 14, OfficeProPlus-KMS_Client editionLICENSE DESCRIPTION: Office 14, VOLUME_KMSCLIENT channelLICENSE STATUS:  ---LICENSED---ERROR CODE: 0 as licensed
    注:場合は、Office クライアントは、既にライセンス済みの状態で KMS ライセンス認証を使用して、この資料に記載されているトラブルシューティングの手順のいずれかを実行する必要はありません。


コンピューターは、Office 2010 の KMS ホストをします。
としてインストールされている Office 2010 で KMS ホスト マシンがないOffice 2013 がインストールされても、同じマシンで実行されている KMS ホストによって Office 2010 のインストールをアクティブにすることができます。

: いくつかのシナリオ内の KMS ホストではまた、Office 2010 クライアントを有効にする場合があります、これは、Office クライアントを有効にするのには推奨される方法ではありません、このシナリオは、以降のバージョンの Office でブロックされています。

この構成では、Office 2013 がインストールされても場合、必要がない同じマシンで実行されている KMS ホストを使用して Office 2010 を正常にアクティブ化できます。ことができますこのコンピューター上で Office 2010 のインストールを有効にするかをアクティブに MAK キーを使用して、または (ある場合)、別の KMS ホストにコンピューターを指すことができます。呼ばれる前のセクションでいずれかのオプションの手順が用意されています。 コンピューターは、Office 2013 KMS ホストでは.Office 2010 は、この手順では、唯一の変更は、Ospp.vbs のパスです。Ospp.vbs は Office 2010 で、\Office14フォルダーです。

トップに戻る

Office が既にこのコンピューターで KMS 以外の手段 (MAK) で
MAK キーを使用して Office が既に有効に、KMS を使用してライセンス認証が失敗します。有効にした既に MAK キーを使用して次の手順を使用して判断できます。
  1. Office クライアントで管理者特権のコマンド ライン ウィンドウを開きます。
  2. Ospp.vbsが配置されているフォルダーに変更します。

    既定では、フォルダーは次のとおりです。
    • 32 ビット Windows と Office の 32 ビットまたは64 ビット Windows と 64 ビットの Office

      -Office 2013: C:\Program ファイル Office\Office15
      -Office 2010: C:\Program ファイル Office\Office14

    • Windows の 32 ビットと 32 ビットの Office

      -Office 2013: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office15
      -Office 2010: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office14
  3. 次のコマンドを実行します。
    Cscript ospp.vbs /dstatus
  4. アクティブなライセンスの出力に行を確認します。

    「MAK」次行に記載されている場合は、[Office クライアントが既にアクティブ MAK キーを使用します。以下は、作業中の MAK ライセンスの一例です。
    Active License       Office 14, OfficeProPlus-MAK edition
MAK ライセンス認証ではなく、KMS ライセンス認証を使用してこのクライアントを有効にする場合は、次の手順を使用します。
  1. Office クライアントで管理者特権のコマンド ライン ウィンドウを開きます。
  2. Ospp.vbsが配置されているフォルダーに変更します。

    既定では、フォルダーは次のとおりです。
    • +32 を 32 bitWindows-Office のビット64 ビット Windows と 64 ビットの Officeまたは

      -Office 2013: C:\Program ファイル Office\Office15
      -Office 2010: C:\Program ファイル Office\Office14

    • 64 ビット Windows と 32 ビットの Office

      -Office 2013: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office15
      -Office 2010: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office14

  3. 次のコマンドを実行します。
    Cscript ospp.vbs /inpkey:<GVLK key>
    : 上記の例で<GVLK key="">を置き換えると、汎用的なボリューム ライセンス キー (GVLK) のバージョンとエディションの Microsoft Office のです。GVLK キーを使用する次の記事の下部にあるテーブルで指定されたキーに基づいて決定できます。

    </GVLK>Office 2013 のボリューム ライセンス認証のトラブルシューティングを行う

    Office 2010 のボリューム ライセンス認証のトラブルシューティングを行う

  4. KMS ライセンス認証を使用して Office をライセンス認証するのには次のコマンドを実行します。
    Cscript ospp.vbs /act
    KMS ライセンス認証を使用して Office をライセンス認証エラーが発生した場合を参照してください戻る、 テーブル テーブルで、エラー コード] をクリックしますこの資料の冒頭には、独自のエラー コードと一致します。KMS ライセンス認証の問題をトラブルシューティングするには、この資料のセクションにジャンプします。
トップに戻る

(エラー 0x80070001) の Windows レジストリに不足している情報
Office クライアント上でospp.vbs/act を cscriptのコマンドを実行する、エラー 0x80070001を受信するとエラーの説明テキストは、"不明なエラーが発生しました。この時点で、要求を処理できません。後でもう一度やり直してください。(0x80070001)」です。

修正プログラムを実行することによってこの問題を解決する、次の資料のソリューション。

記事の手順は手動でこの問題を解決するためです。


トップに戻る


Windows レジストリ (エラー 0x80070005) で使用可能なアクセス許可の問題
Office クライアント上でospp.vbs/act を cscriptのコマンドを実行すると、 0x80070005のエラーが表示されます。

この問題を解決するには、次のブログ内の情報を確認してください。


: このブログの情報は、Office 2010 および Office 2013 の両方に関連します。


トップに戻る


Windows レジストリやその他の Windows システムの問題 (エラー 0x8007000D) で使用可能なアクセス許可の問題
0x8007000Dのエラーを受信する、エラー説明のテキストは、Office クライアントでospp.vbs/act を cscriptのコマンドを実行すると"不明なエラーが発生しました。この時点で、要求を処理できません。後でもう一度やり直してください。(0x8007000D).」

この問題を解決するには、次のブログ内の情報を確認してください。

: このブログの情報は、Office 2010 および Office 2013 の両方に関連します。


トップに戻る




Office KMS ホスト サーバー (エラー 0x8007232B または 0x8007251D) の DNS に SRV レコードを見つけることができません。
Office クライアント上でospp.vbs/act を cscriptのコマンドを実行すると、エラー 0x8007232Bが表示され、エラーの説明テキストは、"の DNS 名が存在しません」。または、エラー 0x8007251Dが表示され、エラーの説明テキストは、「が特定の DNS クエリ レコードありませんが見つかりました

これらのエラーが発生する場合。
  • Office クライアントは、KMS ホスト サーバーは、DNS に SRV レコードを検索することはありませんし、
  • 特定の KMS ホスト サーバーと通信するクライアントが構成されていません
いくつかのソリューションおよびこの問題を回避する方法があります。トポロジに最も適した次のいずれかを選択してください。

: の次のいずれかは、既に Office のライセンス認証に KMS ホスト サーバーのセットアップが必要です。このホストの構成プロセスでは、KMS ホスト上で次の操作を実行する必要があります。
  1. Office ホストのファイルをインストールします。
  2. オンラインのホストのライセンス認証または電話でライセンス認証をオフラインのいずれかを使用して、ホストを有効にします。
Office のライセンス認証に KMS ホスト サーバーをまだ設定していない場合、は、次の資料の手順に従ってくださいと Office クライアントは、KMS を使用してアクティブにすることができない場合にのみこの資料に戻ります。

方法 1: DNS に SRV レコードを発行するのには、KMS ホスト サーバーを構成します。

KMS ライセンス認証のための最も一般的な構成では、DNS に SRV レコードを公開している KMS ホストを設定します。この方法では、Office クライアントは、アクティブ化する前に DNS を照会することによって KMS ホスト サーバーを見つけることができます。

この問題のトラブルシューティングの最初の手順では、KMS ホストの dns SRV レコードの存在を確認します。
  1. KMS ホストのコマンド プロンプト ウィンドウを開きます。
  2. 次のコマンドを実行します。
    nslookup -type=all _vlmcs._tcp
  3. 出力を調べます。

    場合は、KMS ホストの SRV レコードがある場合、出力には次のようなエントリが含まれます。
    _vlmcs._tcp.contoso.com               SRV service location:                  priority       = 0                  weight         = 0                  port           = 1688                  svr hostname   = kms-server.contoso.com
    • SRVレコードを DNS に、KMS ホストでは後でそれが可能な Office クライアントは、この SRV レコードを DNS サーバーに到達することがないように、DNS トポロジが構成されます。このような場合を再構成するか、DNS の設定のトラブルシューティングを行うか、ハード コーディングされた KMS ホストを使用して、DNS クエリを使用せずに Office クライアントを強制することができます。

      参照してください。 方法 2 下ハード コーディング、KMS の詳細については、Office クライアントの名前をホストします。

      参照してください。 方法 3 以下、Office クライアントの DNS 関連の問題のトラブルシューティングの詳細については。

    • 操作を行う場合はないKMS ホストの DNS に SRV レコードを持つ、次の手順は、DNS 発行を有効にするか、無効になっているかどうかを参照してくださいに KMS ホストの構成を確認します。

      警告: [レジストリ エディタ] または別の方法を使用してレジストリを誤って修正すると、深刻な問題が発生することがあります。これらの問題は、オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証することはできません。自己の責任においてレジストリを変更してください。

      KMS ホスト上で次の手順を使用します。

      : 次の手順は、KMS ホスト コンピューターで Windows Server 2008 R2 に適用します。DisableDnsPublishingの値のレジストリ パスは、他のバージョンの Windows で異なる場合があります。できない場合は、以下で指定したレジストリ キーのパスを使用してDisableDnsPublishingの値を検索するのには、HKEY_LOCAL_MACHINE ハイブには、KMS ホスト上に存在するかどうかを参照してくださいDisableDnsPublishingの下のレジストリを検索してください。

      1. 見つけて、レジストリで次のキーを選択します。

        NT\CurrentVersion\SoftwareProtectionPlatform

      2. 次の項目が存在するかどうかをこのキーの値を確認します。

        DWORD: DisableDnsPublishing

        次のグラフを使用すると、DNS に SRV レコードを発行するのには、KMS ホストが構成されているかどうかを確認できます。

        DisableDnsPublishing の値DNS 発行を有効または無効になっています。
        1無効になっています。
        0有効になっています。
        DisableDnsPublishing が存在しません
        (これは、既定の構成)
        有効になっています。

        実行する次の手順は、DNS パブリッシングが有効か、KMS ホスト上で無効になっているかどうかによって異なります。
        • DNS 発行は、ありません有効になっています。

          DNS 発行は、KMS ホスト上で有効でない場合は、発行を有効にする次の手順を使用します。
          1. KMS ホスト上で管理者特権のコマンド ライン ウィンドウを開きます。
          2. 次のコマンドを実行します。
            Cscript c:\Windows\System32\slmgr.vbs /sdns
          3. KMS ホスト上のソフトウェア保護サービスを再起動します。

        • DNS パブリッシングが有効になっています。

          KMS ホストの DNS の発行が有効な DNS の SRV レコードが見つからない場合は、DNS サーバー サービスが動的更新をサポートします。この例では、VLMCS._TCP、SRV レコードを手動で登録することがあります。Microsoft DNS サーバーに KMS の SRV レコードを手動で作成するには、次の手順を実行します。
          1. DNS サーバー、DNS マネージャーを開きます。
          2. SRV リソース レコードを作成する必要がある DNS サーバーをクリックします。
          3. コンソール ツリーで、 [前方参照ゾーンを展開ドメインを右クリックし、その他の新しいレコード] をクリックします。
          4. 一覧をスクロールして、サービス ロケーション (SRV)レコードの作成] をクリックします。
          5. 以下の詳細を入力します。
            パラメーター
            サービス_VLMCS
            プロトコル「_TCP」
            ポート番号1688
            サービスを提供するホスト<FQDN of="" the="" kms="" host=""></FQDN>
          6. [ OK ] をクリックし、[完了] をクリックします。

          注:DNS サーバーが BIND である限り、以下の詳細情報を使用して、必要な SRV レコードを作成するには、組織では、Microsoft 以外の DNS サーバーを使用する場合 9.x に対応します。
          パラメーター
          名前_vlmcs。TCP
          タイプSRV
          優先順位0
          重量0
          ポート1688
          ホスト名<FQDN of="" the="" kms="" host=""></FQDN>

          KMS の自動発行をサポートするために BIND 9.x DNS サーバーを構成するには、KMS ホストからのリソース レコードの更新を有効にする BIND サーバーを構成します。などの全部またはNamed.conf.localでのゾーンの定義を次の行を追加します。
          allow-update { any; }; 

          注:優先順位重みのフィールドは、KMS で使用されていないと、KMS クライアントでは無視されます。ただし、ゾーン ファイルに含まれている必要があります。



方法 2: Office クライアントに KMS ホストに割り当てる

既定では、KMS クライアントは、クライアントのメンバーシップ ゾーン内で _VLMCS レコードを発行するサーバーの一覧については、自動検出機能と DNS のクエリを使用します。DNS では、ランダムな順序で KMS ホストの一覧を返します。クライアントは、KMS ホストを選択し、上にセッションを確立しようとしています。この試行が動作する場合 (既定の設定) を持つクライアントは KMS ホスト サーバーの名前をキャッシュし、次回の更新時に使用しようとしています。セッションのセットアップが失敗した場合、クライアントは別のサーバーをランダムに選択されます。

自動検出機能を使用することを強くお勧めします。ただし、KMS ホスト サーバーは、次の手順を使用して、Office クライアントを手動で割り当てることができます。
  1. 昇格した特権のコマンド ライン ウィンドウは、Office 2010 (2013年) クライアントを開きます。
  2. Ospp.vbsが配置されているフォルダーに変更します。

    既定では、フォルダーは次のとおりです。
    • 32 ビット Windows と Office の 32 ビットまたは64 ビット Windows と 64 ビットの Office

      -Office 2013: C:\Program ファイル Office\Office15
      -Office 2010: C:\Program ファイル Office\Office14
    • 64 ビット Windows と 32 ビットの Office

      -Office 2013: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office15
      -Office 2010: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office14
  3. 次のコマンドを実行します。
    Cscript ospp.vbs /sethst:<value>
    : KMS ホストの IP アドレスと<value>を交換します。

    </value>
  4. (省略可能)(1688) の既定値以外のポートを構成する必要がある場合、は、次のコマンドを実行します。
    Cscript ospp.vbs /setprt:<port>
    : 置換<port>ポート番号を使用します</port>。
方法 3: Office クライアントの DNS の問題のトラブルシューティングを行う

前述の方法がある問題が解決しない場合問題を解決するクライアントは KMS サーバーに接続することができないレイアウト可能性があります。問題の KMS サーバーの DNS 名を解決するにはクライアントは KMS サーバーに接続する手順はOffice クライアントは、別途記載することができない場合。
  1. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    Ipconfig /all
  2. コマンドの結果から割り当てられた IP アドレス、DNS サーバーのアドレス、およびデフォルト ゲートウェイのアドレスに注意してください。
  3. Pingコマンドを使用して DNS サーバーへの基本的な IP 接続を確認します。これを行うには、次のコマンドを実行します。
    ping <DNS_Server_IP_address>
    このコマンドがサーバーに ping を実行していない、この問題をまず解決しなければなりません。DNS サーバーに対して ping を実行できない場合は、TCP/IP の問題をトラブルシューティングする方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet のトピックを参照してください。

    TCP/IP のトラブルシューティング

  4. プライマリ DNS サフィックスの検索一覧に、KMS ホストが登録されている DNS ドメイン サフィックスが含まれていることを確認します。

    このコンピューターは、ドメインに参加して、KMS の DNS 自動検出では、DNS ゾーンに、KMS ホストの SRV リソース レコードが含まれている必要があります。この DNS ゾーンは、DNS ゾーンまたは Active Directory の DNS のドメインにコンピューターのいずれか、プライマリ DNS サフィックスに対応します。

    ワークグループ コンピューターでは、KMS の DNS 自動検出では、DNS ゾーンに、KMS ホストの SRV リソース レコードが含まれている必要があります。この DNS ゾーンは、DNS ゾーンまたは動的ホスト構成プロトコル (DHCP) によって割り当てられている DNS ドメイン名をコンピューターのいずれか、プライマリ DNS サフィックスに対応します。このドメイン名は、要求のコメント (RFC) 2132年で定義されている 15 のコード値を持つオプションによって定義されます。

  5. KMS ホストの SRV レコードが DNS に登録されていることを確認します。
    1. 管理者特権のコマンド ライン ウィンドウを開きます。
    2. 次のコマンドを実行します。
      nslookup -type=all _vlmcs._tcp
    3. 出力を調べます。

      出力は、次の例の出力結果になります。
      _vlmcs._tcp.contoso.com                 SRV service location:                  priority       = 0                  weight         = 0                  port           = 1688                  svr hostname   = kms-server.contoso.com
    4. IP アドレス、ホスト名、および KMS ホストのポートを確認します。

      注 1: Nslookup コマンドには、KMS ホストが検出されると、わけではありません、Office クライアントが KMS ホストを見つけることができます。Nslookup コマンドが KMS ホストを検出し、まだライセンス認証できない場合、Office クライアントは、KMS ホスト サーバーをプライマリ DNS サフィックス、DNS サフィックスの検索一覧など、他の設定を確認してください。

      注 2:「SRV レコードは、KMS ホスト ドメイン メンバーシップに対応する DNS ゾーンに登録します。たとえば、KMS ホストが contoso.com ドメインに参加すると仮定します。このシナリオでは、KMS ホストは、contoso.com の DNS ゾーンの下には、その VLMCS._TCP の SRV レコードを登録します。したがって、次のような VLMCS._TCP があるとします。CONTOSO.COM のレコードが作成されます。場合は、クライアントを構成すると、別の DNS ゾーンを使用して、複数の DNS ドメインで KMS を自動的に発行します。これを行うには、 KMS ホストDnsDomainPublishListレジストリ値を構成します。次のリソースでは、このレジストリ データの詳細を提供します。

      ボリューム ライセンス認証テクニカル ガイド - レジストリを参照し、グループ ポリシー オブジェクトの設定

      上のリソースは、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 の KMS ホストのです。Windows Vista では、KMS のホストのレジストリ パスは、異なる (を NT\CurrentVersion\SL)

方法 4: マルチ ライセンス認証キー (MAK) を使用して Office をライセンス認証します。

KMS ライセンス認証の問題を解決できない場合は、MAK キーを使用してライセンス認証は、別のオプションを利用できます。これを実行することができます、Office クライアントの手順を次を使用します。
注: MAK キーを使用する場合は、Office 2013 クライアント コンピューターは有効にオンラインでホストされている Microsoft ライセンス認証サーバーを使用する、または電話で。
  1. Office クライアントで管理者特権のコマンド ライン ウィンドウを開きます。
  2. Ospp.vbsが配置されているフォルダーに変更します。

    既定では、フォルダーは次のとおりです。
    • 32 ビット Windows と Office の 32 ビットまたは64 ビット Windows と 64 ビットの Office

      -Office 2013: C:\Program ファイル Office\Office15
      -Office 2010: C:\Program ファイル Office\Office14
    • 64 ビット Windows と 32 ビットの Office

      -Office 2013: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office15
      -Office 2010: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office14

  3. クライアントが既に正常にアクティブ化されて KMS を使用して別の Office は、別のコンピューターで次のコマンドを実行します。
    Cscript ospp.vbs /dstatus
  4. 結果の一部のキー値をメモ、手順 3 のコマンドによって返される、戻りますのコンピューターに Office をライセンス認証を行います。
  5. 次のコマンドを実行します。
    cscript ospp.vbs /unpkey:xxxxx
    : xxxxx は、Cscript ospp.vbs/dstatus から返される一部のキーの値と、ライセンスのステータス = ライセンスです。

  6. 次のコマンドを実行します。
    cscript ospp.vbs /inpkey:<MAK key>
    :<MAK key="">上のコマンドで、25 桁の MAK キーし、ダッシュ (xxxxx の xxxxx の xxxxx の xxxxx の xxxxx) は、</MAK>交換してください
MAK キーの入手方法について質問がある場合は、次のアドレスに、ボリューム ライセンス サービス センターを参照してください。


トップに戻る

(エラー 0xC004F014) は、Office クライアントのプロダクト キーがインストールされていません
Ospp.vbs/act を cscriptのコマンドを実行するには、Office クライアントと0xC004F014のエラーが表示されるエラーの説明テキストは、「ソフトウェア ライセンス サービスのプロダクト キーがないことが報告された」。

この問題を解決するには、次の手順を実行してください。
  1. Office クライアントで管理者特権のコマンド ライン ウィンドウを開きます。
  2. Ospp.vbsが配置されているフォルダーに変更します。

    既定では、フォルダーは次のとおりです。
    • 32 ビット Windows と Office の 32 ビットまたは64 ビット Windows と 64 ビットの Office

      -Office 2013: C:\Program ファイル Office\Office15
      -Office 2013: C:\Program ファイル Office\Office14

    • 64 ビット Windows と 32 ビットの Office

      -Office 2013: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office15
      -Office 2010: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office14

  3. 次のコマンドを実行します。

    cscript ospp.vbs /inpkey <GVLK>

    : Office および Office 製品のバージョンに応じて、汎用的なボリューム ライセンス キーを使用して<GVLK>を交換します。

    たとえば、Office 2010 のプロフェッショナル プラスのコマンドは次のとおりです。

    </GVLK>
    cscript ospp.vbs /inpkey VYBBJ-TRJPB-QFQRF-QFT4D-H3GVB

    各 Office 製品についての一般的なボリューム ライセンス キーは次の記事を参照ください。

    Office 2013 - http://technet.microsoft.com/library/dn385360.aspx

    Office 2010
    - http://technet.microsoft.com/library/ee624355 (v=office.14).aspx (アーティクル ページの下部)

  4. 次のコマンドを実行します。

    cscript ospp.vbs /act

トップに戻る

KMS ホストのライセンス認証の数は、(エラー 0xC004F038) が 5 より小さい
Office クライアントは、KMS サーバーと正常にアクティブにできます、サーバー クライアント コンピューターの一意の Id を持つ 5 つ以上のコンピューターからのライセンス認証要求が必要です。それ以外の場合、KMS クライアントをアクティブにしようとしたときにエラーが発生するが。これらのクライアントに、 Cscript Ospp.vbs/actによって返されるエラー コード0xC004F038エラーの説明は、"、ソフトウェア ライセンス サービスは、コンピューターが認証されませんでした報告されました。キー マネージメント サービス (KMS) での報告数が十分ではありません。システム管理者に問い合わせてください」。

この問題を解決するには、複数の Office クライアント アクティベーションが発生するまで待機する必要がありますだけです。

KMSst出力のキー マネージメント サービスがこのコンピューターで有効になっているセクションの下で提供されている現在のカウント値を確認するには、次のコマンドを実行してください。
  • Office 2013: cscript slmgr.vbs/dlv 2E28138A-847F-42BC-9752-61B03FFF33CD
  • Office 2010: cscript slmgr.vbs/dlv BFE7A195-4F8F-4F0B-A622-CF13C7D16864

'現在のカウント] の値は、このホストでアクティブ化しようとしている Office クライアントの数を反映します。のみされている 1 つ Office 2013 クライアント アクティブ化この KMS ホストで行われた次の図に示す例で表示できます。



Office クライアントからの複数のアクティブ化要求があったが、ライセンス認証が試行されるたびに、'現在のカウント] の値は増加しませんがわかっている場合、Office クライアントは、同じクライアント コンピューター ID (CMID) があります。KMS ライセンス認証は、CMID 値、各クライアントからでクライアントの一意性を決定し、同じ CMID を使用して Office クライアントを作成するイメージの処理を使用する場合は、'現在のカウント] の値を 5 の必要な値には上がりません。

Office クライアントの CMID の値を確認するのにには、次の手順を使用します。
  1. Office クライアントで管理者特権のコマンド ライン ウィンドウを開きます。
  2. Ospp.vbs が配置されているフォルダーに変更します。

    既定では、フォルダーは次のとおりです。
    • 32 ビット Windows と Office の 32 ビットまたは64 ビット Windows と 64 ビットの Office

      -Office 2013: C:\Program ファイル Office\Office15
      -Office 2010: C:\Program ファイル Office\Office14

    • 64 ビット Windows と 32 ビットの Office

      -Office 2013: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office15
      -Office 2010: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office14
  3. 次のコマンドを実行します。
    Cscript ospp.vbs /dcmid
  4. CMID の値を比較する別の Office クライアントでは、手順 1 ~ 3 を繰り返します。
  5. Office クライアントに同じ CMID 値がある場合は、解決策については、以下の資料を参照してください。

トップに戻る

KMS ライセンス認証要求を Office KMS ホスト (エラー 0xC004F039) で応答がありません。
Ospp.vbs/act を cscriptのコマンドを実行するには、Office クライアントに、 0xC004F039エラーを受信してエラーの説明テキストは、「ソフトウェア保護サービスは、コンピューターが認証されませんでしたを報告します、キー マネージメント サービス (KMS) が有効になっていません」。

このエラーが最も一般的に発生すると TCP ポート (既定 = 1688年) で使用されると KMS をブロックまたはフィルター処理された場合は、KMS ホストでは、クライアントの要求は応答がなかった。したがって、することが、Office クライアントで使用されている KMS ホスト上でファイアウォールを使用して起動します。

KMS ホストの DNS に SRV レコードを発行する場合は、DNS レコードを表示する任意のコンピューター上に次のコマンドを使用します。
nslookup -type=srv _vlmcs._tcp
結果は次の例のようになります。
Server:  labsrv64.wingtiptoys.comAddress:  192.168.0.20_vlmcs._tcp.Wingtiptoys.com     SRV service location:          priority       = 0          weight         = 0          port           = 1688          svr hostname   = wingtip-dc.wingtiptoys.comwingtip-dc.wingtiptoys.com      internet address = 192.168.0.10
これらの例の結果では、複数の重要な項目お知らせします。
  • DNS サーバー = labsrv64.wingtiptoys.com
  • KMS ホスト サーバー = wingtip dc.wingtiptoys.com
  • KMS ホストのポート番号= 1688 (TCP)
: 検索結果が複数の KMS ホスト サーバーを返す場合は、正確な KMS ホスト サーバーを特定して、ポート番号のライセンス認証要求に使用する、Office クライアントのアプリケーション イベント ログを調べることができます。イベント ID に関するアプリケーション イベント ログをフィルター処理 = 12288をこれらのイベントを表示します。12288 イベントの例を次の図に示します。



ポートが開かれていて、 KMS ライセンス認証サービスは、ファイアウォールの例外を持つかどうかを確認するのには指定されたサーバーのトラブルシューティングを集中できます。Windows ファイアウォール コントロール パネルで、プログラムの許可] または [Windows ファイアウォールを使用して機能するキー マネージメント サービスの基本的な設定を参照してください] をクリックします。



同様に構成されている受信および送信の規則を手動でチェックする必要があります。Windows ファイアウォール コントロール パネルで、これらの高度なファイアウォール規則にアクセスするための詳細設定をクリックします。



ポートにも、注目してください (1699) の番号を上記の例では、KMS ライセンス認証のためのデフォルト以外のポート番号です。DNS の構成では、このアクティブ化要求で指定されたポート番号以外のポート番号を使用されている場合、クライアントが適切なポート番号を使用しているかどうかを確認するができます。DNS の SRV レコードの [ポート番号が正しくない、する場合は、変更を加えます。ただし、Office クライアントの要求には、間違ったポート番号が示されている場合、Office クライアント可能性がありますに設定されているコントロールの KMS ホストの名前と KMS ポートが、クライアントが使用する番号を Ospp.vbs のスイッチを使用しています。

Ospp.vbs の次のスイッチを設定するか、KMS ホストと Office クライアントでの KMS ポートをリセットする使用できます。
  • /sethst:

    指定した KMS ホスト名を設定するの値。この値は、Office クライアントのレジストリに格納されます。

  • /setprt:

    KMS ポート番号で指定したを設定します。この値は、Office クライアントのレジストリに格納されます。

  • /remhst

    以前 KMS ホスト名とポート番号を Office クライアントのレジストリから削除します。
: KMS ホスト サーバー上の情報を公開するのには DNS を使用しないかどうかは、Ospp.vbs を上記のスイッチを使用して、適切な KMS ホストを構成するのにはしたい (/sethst:value) とポート番号であるポート 1688年以外のポートを使用する場合可能性があります (/setprt:value) 各 Office クライアントにします。


トップに戻る

Office KMS ホスト サーバーがアクティブ化された (エラー 0xC004F041) ではありません。
0xC004F041エラーとエラーの説明テキストが表示される、Office クライアント上でospp.vbs/act を cscriptのコマンドを実行するときは「ソフトウェア ライセンス サービス決定キー マネージメント サービス (KMS) がアクティブでないこと。KMS をアクティブにする必要があります。システム管理者に問い合わせてください」。

この問題を解決するには、したいです。
  • Office のライセンス認証で使用される KMS サーバーを特定します。
    1. Office クライアント上でアプリケーションイベント ログを開き、ログをフィルター処理でイベント ID 12288を = します。
    2. 最新のイベントの[全般] タブにサーバー名が記載されているメモします。これは、Office のライセンス認証で使用される KMS ホスト サーバーです。

      次の例のイベント ログは、サーバーはWingtip dc.wingtiptoys.comで、ポート番号は1688年(TCP) の KMS ホストを示しています。



  • Office クライアントによって使用される KMS サーバーが正しいサーバーであることを確認します。

    イベント 12288 に KMS サーバーが見つかった場合、Office クライアントは正しいしにスキップできる、 次のセクションKMS ホスト サーバーの構成とアクティブ化の状態を確認します。」

    イベント 12288 に KMS サーバーが正しくない場合は、次の手順を続行するのにはします。
    1. コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
      nslookup -type=srv _vlmcs._tcp
      結果は次の例のようになります。
      Server:  labsrv64.wingtiptoys.comAddress:  192.168.0.20_vlmcs._tcp.Wingtiptoys.com     SRV service location:          priority       = 0          weight         = 0          port           = 1688          svr hostname   = wingtip-dc2.wingtiptoys.comwingtip-dc2.wingtiptoys.com      internet address = 192.168.0.30
      この例については、Nslookup ツールで提供されている以下の詳細を確認するには。
      • DNS サーバーがこの情報を取得するために使用される = labsrv64.wingtiptoys.com
      • KMS ホストサーバー = wingtip dc2.wingtiptoys.com

      : 1 つ以上の KMS サーバーが Nslookup の結果を記載します。

    2. Nslookup ツールによって返される KMS サーバーと Office クライアントのイベント 12288 に記載されている KMS サーバーの名前を比較します。
      • サーバーとイベント 12288 Nslookup ツールによって返される情報と一致します。

        Nslookup で 12288 Office クライアントの情報に一致する場合に、検出されたサーバーの情報が返された場合必要になる DNS と KMS 管理者は、KMS ホスト サーバーの指定が正しく構成されていることを確認します。

        進んでください、 次のセクションKMS ホスト サーバーの構成とアクティブ化の状態を確認します。」

      • サーバーとポート イベント 12288 で Nslookup ツールによって返される情報が一致しません

        12288 Office クライアントでは、情報と一致しません、イベント サーバーについては、Nslookup によって返される、する場合、Office クライアントは KMS 情報をレジストリに格納されているがあります。次に例を示します。
        • Nslookup によって返される KMS サーバーの情報がありません。
        • Nslookup 情報イベント 12288 で KMS サーバーが表示されません。

        進みます、イベント 12288 データは、Office クライアントは、適切な KMS ホスト サーバーの場合、 次のセクションKMS ホスト サーバーの構成とアクティブ化の状態を確認します。」

        イベント 12288 データにサーバーが見つかった場合は、いない削除、Office クライアントは、次を使用するか、手順を適切な KMS ホストまたは Office クライアントのレジストリには、KMS サーバーの情報を再設定します。
        1. Office クライアントで管理者特権のコマンド ライン ウィンドウを開きます。
        2. Ospp.vbsが配置されているフォルダーに変更します。
          • 32 ビット Windows と Office の 32 ビットまたは64 ビット Windows と 64 ビットの Office

            -Office 2013: C:\Program ファイル Office\Office15
            -Office 2010: C:\Program ファイル Office\Office14

          • 64 ビット Windows と 32 ビットの Office

            -Office 2013: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office15
            -Office 2010: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office14
        3. 1 つまたは複数の Office クライアントから KMS ホスト サーバーの詳細を削除するか再構成するには、次のコマンドを実行します。
          • Office クライアントのレジストリに KMS ホスト サーバーの名前を構成します。
            Cscript ospp.vbs /sethst:<hostname>
            :<hostname>を KMS ホスト サーバーの名前に置き換えます。

            </hostname>
          • Office クライアントのレジストリに KMS ホストのポート番号を構成します。
            Cscript ospp.vbs /setprt:<port#>
            :<port#>を KMS ホスト サーバーで使用される正しいポートに置き換えます。

            </port#>
          • KMS ホスト サーバーと KMS ホストのポート情報をレジストリから削除します。
            Cscript ospp.vbs /remhst
          KMS サーバー情報を構成する、Office クライアントのレジストリに次のリソースを参照してください。

          Office 2010 でクライアント コンピューターを構成するためのツール

          Office 2013 ボリューム ライセンス認証を管理するためのツール

        4. 次の「KMS ホスト サーバーの構成とアクティブ化状態の確認」セクションに進みます。
  • KMS ホスト サーバーの構成とアクティブ化の状態を確認します。

    最後に、Office クライアントによって使用される KMSホストサーバーが完全にアクティブになることを確認します。
    1. KMS ホスト上で管理者特権のコマンド ライン ウィンドウを開きます。
    2. (お使いの Office のバージョンに基づいて) 次のコマンドを実行します。
      • Office 2013
        cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs /dlv 2E28138A-847F-42BC-9752-61B03FFF33CD 
      • Office 2010
        cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs /dlv BFE7A195-4F8F-4F0B-A622-CF13C7D16864
    3. 出力にライセンスのステータス値を調べます。

      Office の完全にアクティブ化された KMS ホストは、次の例を図に示すように、ライセンス済みの場合は、値があります。




      Office を有効になっていないの KMS ホストは、次の例を図に示すように無認可では、値があります。



      Office の KMS ホストがライセンスされている場合がインストールされている Office のホスト ファイルがある場合、Office の KMS ホストを有効にして正しくことを確認するのには次のリソースを使用してください。

      Office 2013

      準備し、Office 2013 KMS ホストを設定します。

      メモは、KMS ホストのサーバーおよび、使用している適切な KMS ホスト キー Office 2013 の Office 2013 のホスト ファイルが正しくインストールされていることを確認する場合は、Office 2013 のホストを有効にするのには、KMS のホスト上で管理者特権のコマンド プロンプトから次のコマンドを試すことができます。
      Cscript slmgr.vbs /ato 2E28138A-847F-42BC-9752-61B03FFF33CD

      Office 2010

      準備し、KMS ホストを構成します。 記事のセクション Office 2010 のボリューム ライセンス認証を展開します。

      メモは、KMS ホストのサーバーおよび、使用している適切な KMS ホスト キー Office 2010 の Office 2010 のホスト ファイルが正しくインストールされていることを確認する場合は、Office 2010 のホストを有効にするのには管理者特権のコマンド プロンプトから次のコマンドを試すことができます。
      Cscript slmgr.vbs /ato BFE7A195-4F8F-4F0B-A622-CF13C7D16864
トップに戻る

KMS ホスト サーバーに接続するには、Office のライセンス認証 (エラー 0xC004F042) はできません。
Ospp.vbs/act を cscriptのコマンドを実行するには、Office クライアントに、 0xC004F042エラーを受信してエラーの説明テキストは、"ソフトウェア ライセンス サービスは、指定されたキー マネージメント サービス (KMS) を使用できないことを決定します」。

このエラーは、KMS クライアントが KMS ホストのクライアント ・ ソフトウェアをアクティブにすることはできないことを行うときに発生します。アプリケーションとオペレーティング ・ システム固有の KMS ホストを含む混在環境で一般的なことができます。

この問題を解決する最初の手順では、Office クライアントで KMS ホスト サーバーの名前を決定します。これを行うには、次の手順を使用してください。
  1. Office クライアント上でアプリケーションイベント ログを開き、ログをフィルター処理でイベント ID 12288を = します。
  2. 最新のイベントの[全般] タブにサーバー名が記載されているメモします。これは、KMS ホスト サーバーにアクセスして Office のライセンス認証です。
イベント ログ エントリの例を次に示します、KMS ホスト サーバーは、 Wingtip の dc-wingtiptoys.com (とは、1688 TCP ポート番号)。




12288 の目的は、Office クライアントのライセンス認証をサポートする場合に、サーバーが検出されたかどうか、または Windows の KMS ライセンス認証をサポートするためにだけ予定がある場合を実行する次の手順が異なります。
  • イベント 12288 に KMS ホストは、Office クライアントのライセンス認証をサポートするために

    12288 Office クライアント上のイベントで指定されている KMS ホストは、Office クライアントに KMS ライセンス認証をサポートすることになって、する場合を確認し、その構成を修正するには、KMSホストで以下の手順を実行します。
    1. KMS ホスト上で管理者特権のコマンド ライン ウィンドウを開きます。
    2. (お使いの Office のバージョンに基づいて) 次のコマンドを実行します。
      • Office 2013
        cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs /dlv 2E28138A-847F-42BC-9752-61B03FFF33CD 
      • Office 2010
        cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs /dlv BFE7A195-4F8F-4F0B-A622-CF13C7D16864
    3. 出力にライセンスのステータス値を調べます。

      Office の完全にアクティブ化された KMS ホストは、次の例を図に示すように、ライセンス済みの場合は、値があります。



      Office を有効になっていないの KMS ホストは、次の例を図に示すように無認可では、値があります。



      Office の KMS ホストがライセンスされている場合がインストールされている Office のホスト ファイルがある場合、Office の KMS ホストを有効にして正しくことを確認するのには次のリソースを使用してください。
    4. Office の KMS ホストのライセンスを取得し、DNS に SRV レコードを発行して、管理者特権のコマンド プロンプトからクライアントで次のコマンドを使用して、Office クライアントのライセンス認証をもう一度してください。
      Cscript ospp.vbs /act

  • イベント 12288 に KMS ホストは、 Office クライアントのライセンス認証をサポートするためにではありません。

    KMS をホストする場合は、 Office KMS ホスト サーバーとして使用するには、次に実行するアクションを決定するのには次の手順を使用してくださいではありません12288 Office クライアントでは、イベントに指定します。
    1. Office クライアント上でコマンド プロンプト ウィンドウで次のコマンドを実行して DNS に発行する SRV レコードは、KMS ホスト サーバーを決定します。
      nslookup -type=srv _vlmcs._tcp
      結果は次の例のようになります。
      Server:  labsrv64.wingtiptoys.comAddress:  192.168.0.20_vlmcs._tcp.Wingtiptoys.com     SRV service location:          priority       = 0          weight         = 0          port           = 1688          svr hostname   = wingtip-dc2.wingtiptoys.comwingtip-dc2.wingtiptoys.com      internet address = 192.168.0.30
    2. Nslookup ツールによって返される結果の SRV レコードが存在するサーバーでイベント 12288 に KMS ホスト サーバーの名前を比較します。
      • KMS ホスト サーバーが、DNS の SRV レコードと DNS 構成が正しいです。

        このシナリオでは、KMS ホスト サーバーの Office の KMS ライセンス認証用に構成されていない DNS への発行があります。このトポロジでは、Office クライアントを有効にするには、2 つの基本オプションがあります。
        • Office KMS ホスト サーバー上のファイルをインストールし、KMS ホストをアクティブ化

          1. Office ホストのファイルをインストールするのには次のリソースを使用してくださいと、Office の KMS ホスト ライセンス認証します。

            -Office 2013準備し、Office 2013 KMS ホストを設定します。

            -Office 2010準備し、KMS ホストを構成します。

          2. Office KMS ホストに KMS ホストを有効にした 1 回と Office クライアントを有効にすることができますしは、dns SRV レコードが発行です。この構成では、Office クライアントで使われる DNS で既定の KMS ホストのルックアップ プロセスです。

        • DNS を使用せずにアクティブにするのには Office クライアントを構成します。

          Office KMS ライセンス認証のため、DNS に SRV レコードを発行するに KMS ホストを構成することはできない場合は、特定の Office の KMS ホスト サーバーを直接参照するようにするに、Office クライアントで次の手順を使用できます。
          1. Office KMS ホストとしてアクティブにする、組織内の KMS ホスト サーバーを識別します。

            されていない場合、KMS ホスト Office KMS ホストとしてアクティブ化 Office ホストのファイルをインストールするのには次のリソースを使用してください、Office KMS ホスト ライセンス認証。

            -Office 2013準備し、Office 2013 KMS ホストを設定します。

            -Office 2010準備し、KMS ホストを構成します。

            Office KMS ホストに KMS ホストがアクティブ化されると、しを指すことができます、Office クライアント Office のライセンス認証のためのこの特定の KMS ホスト (手順 2 に進みます)。

          2. Office クライアントは、管理者特権のコマンド ライン ウィンドウを開きます。
          3. Ospp.vbsが配置されているフォルダーに変更します。

            既定では、フォルダーは次のとおりです。
            • 32 ビット Windows と Office の 32 ビットまたは64 ビット Windows と 64 ビットの Office

              -Office 2013: C:\Program ファイル Office\Office15
              -Office 2010: C:\Program ファイル Office\Office14
            • 64 ビット Windows と 32 ビットの Office

              -Office 2013: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office15
              -Office 2010: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office14

          4. 次のコマンドを実行します。
            Cscript ospp.vbs /sethst:<hostname>
            : Office KMS ホスト サーバーの名前の<hostname>を交換します。

            </hostname>
          5. Office クライアントのライセンス認証を再度実行してください。

      • KMS ホスト サーバーが、DNS の SRV レコードと、このレコードはありませんが存在

        このシナリオでは、SRV レコードが存在する理由を判断する必要があります。

        たとえば、サーバーが使用停止の KMS ホストの場合は、しする必要がある DNS から SRV レコードを手動で削除します。DNS からレコードを削除するための手順が異なります。DNS 管理者に問い合わせてを参照してください。

        または、サーバーは、作業中の KMS ホストではまだ場合は、DNS に SRV レコードを発行することを想定していませんしする必要がある KMS ホストの KMS ホスト上での発行を無効にします。DNS への KMS の発行を無効にするのには、KMSホスト上で管理者特権のコマンド プロンプト ウィンドウから次のコマンドを使用します。
        Cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs /cdns
        KMS ホスト上のソフトウェア保護サービスを再起動します。

        SRV レコードを発行する必要がありますいない KMS ホスト サーバーの DNS レコードが削除されると、もう一度、Office クライアントを有効にします。

      • Nslookup の結果にはイベント 12288 で参照されている KMS ホスト サーバーが含まれていません

        Nslookup の結果が含まれない場合、KMS ホスト サーバーが見つかりましたイベント12288 Office クライアントの Office クライアントの複数の可能性がありますが、クライアントのレジストリの特定の KMS ホストを使用する構成されています。か、別の Office の KMS ホストでアクティブ化または無効な KMS ホストを参照するレジストリ データを削除するのには、Office を強制的に次の手順を使用します。
        1. Office クライアントは、管理者特権のコマンド ライン ウィンドウを開きます。
        2. Ospp.vbsが配置されているフォルダーに変更します。
          • 32 ビット Windows と Office の 32 ビットまたは64 ビット Windows と 64 ビットの Office

            -Office 2013: C:\Program ファイル Office\Office15
            -Office 2010: C:\Program ファイル Office\Office14

          • 64 ビット Windows と 32 ビットの Office

            -Office 2013: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office15
            -Office 2010: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office14
        3. 1 つの目的の変更内容によって、次のコマンドを実行します。
          • レジストリで指定されている現在の KMS ホストの使用を停止し、代わりに DNS を使用して Office KMS ホストを検索します。
            Cscript ospp.vbs /remhst
            メモ、上記のコマンドを実行した後、Nslookup の結果に表示されている KMS ホスト サーバーは、Office KMS ホストとして構成されていることを確認ください。
          • Office クライアント (DNS を使用) せずに、ライセンス認証に使用する別の KMS ホストを指定します。
            Cscript ospp.vbs /sethst:<hostname>
            :<hostname>サーバーをホストすると、Office の KMS の名前で</hostname>置き換える
        4. Office クライアントをアクティブ化しようとしてください。


トップに戻る

Office クライアントが KMS ホスト サーバー (エラー 0xC004F074) に到達することができませんでした。
0xC004F074エラーとエラーの説明テキストが表示される、Office クライアント上でospp.vbs/act を cscriptのコマンドを実行するときは「ソフトウェア ライセンス サービス報告されたコンピューターが認証されませんでした。キー マネージメント サービス (KMS) に接続できませんでした。詳細についてはアプリケーション イベント ログを参照してください.」


このエラーの解決方法は、インストールによって異なります。
  • KMS ホストとして構成されているコンピューターに Office 2013 がインストールされています。

    [ ここで KMS ホストであるコンピューターに Office 2013 をライセンス認証しようとしている場合
  • コンピューターに Office 2013 がインストールされているではないKMS ホストにも

    [ ここで かどうかしようとしてコンピューターに Office 2013 をライセンス認証ではないKMS ホストにも
: 1 & 2] の下の手順を使用してください Office 2013 を使用してコンピューターが KMS ホストと同じコンピューターにインストールされている場合ことを確認していない場合は、のコンピューターに Office 2013 がインストールされているではないKMS ホストにもに使用されている KMS ホストの名前を確認します。

場合、コンピューターと同じ名前の Office 2013 のクライアントは、次のすべてのOffice 2013 KMS ホストとして構成されているコンピューターにインストールされている手順を実行します。
次の手順を実行を続ける場合は、のコンピューターに Office 2013 がインストールされているではないKMS ホストにも


KMS ホストとして構成されているコンピューターに Office 2013 がインストールされています。

この構成では、KMS ホストとして構成されているコンピューターに Office 2013 をライセンス認証は失敗します。

この問題を解決するには、次の方法のいずれかの手順に従います。

方法 1: マルチ ライセンス認証キー (MAK) を使用して Office をライセンス認証します。

この問題を解決では、KMS を使用する代わりに、MAK キーを使用して、Office クライアントを有効にします。MAK キーを使用して Office クライアントを有効にするのには次の手順に従うことができます。

注: MAK キーを使用する場合は、Office 2013 クライアント コンピューターは有効にオンラインでホストされている Microsoft ライセンス認証サーバーを使用する、または電話で。
  1. Office クライアントで管理者特権のコマンド ライン ウィンドウを開きます。
  2. Ospp.vbsが配置されているフォルダーに変更します。

    既定では、フォルダーは次のとおりです。
    • 32 ビット Windows と Office の 32 ビット、または64 ビット Windows と 64 ビットの Office

      C:\Program ファイル Office\Office15

    • 64 ビット Windows と 32 ビットの Office

      C:\Program ファイル (x86) \Microsoft Office\Office15

  3. 場所の Office クライアントが既に正常にアクティブ KMS を使用して、コンピューターで次のコマンドを実行します。

    Cscript ospp.vbs /dstatus

  4. 結果の一部のキー値をメモは、手順 3 のコマンドによって返され、Office をライセンス認証を行うコンピューターに戻る。
  5. 次のコマンドを実行します。
    cscript ospp.vbs /unpkey:xxxxx    
    : xxxxx は、 Cscript ospp.vbs/dstatusから返される一部のキーの値と、ライセンスのステータス = ライセンス

  6. 次のコマンドを実行します。

    :<MAK key="">上のコマンドで、25 桁の MAK キーし、ダッシュ (xxxxx の xxxxx の xxxxx の xxxxx の xxxxx) は、</MAK>交換してください
MAK キーを入手する方法について質問がある場合は、次のアドレスに、ボリューム ライセンス サービス センターを参照してください。

ボリューム ライセンス サービス センター


方法 2: 別の KMS ホストを使用して Office をライセンス認証します。

場合は、組織内の1 つ以上の KMSホストにある場合は、次の手順を使用して、特定の KMS ホストをポイントするように Office クライアントを構成できます。

注:Office をの KMS ホストをアクティブにできません、クライアントによって使用されているホスト コンピューターを変更する必要があります。利用可能な 1 つの KMS ホストのみの場合は、MAK ライセンス認証を使用する必要が (上記の方法 1 を参照してください)。

  1. Office クライアントは、管理者特権のコマンド ライン ウィンドウを開きます。
  2. Ospp.vbsが配置されているフォルダーに変更します。

    既定では、フォルダーは次のとおりです。
    • Windows の 32 ビットと 32 ビットの Office、またはの 64 ビット Windows + 64 ビットの Office

      C:\Program ファイル Office\Office15
    • 64 ビット Windows と 32 ビットの Office

      C:\Program ファイル (x86) \Microsoft Office\Office15
  3. 次のコマンドを実行します。
    Cscript Ospp.vbs /sethst:<FQDN of the KMS host>
    注 1: 上のコマンドで、完全修飾ドメイン名 (FQDN) Office 2013 ボリューム ライセンス パックがインストールされて - kmstest.contoso.com では、KMS ホストの<FQDN of="" the="" kms="" host="">を交換します。
    注 2: 指定した KMS ホストに、Office 2013 ボリューム ライセンス パックのインストールし、アクティブ化があるかどうかを決定するには、実行、次のコマンドを特定の KMS ホスト サーバーを昇格した特権のコマンド プロンプトから。</FQDN>
    Cscript slmgr.vbs /dlv 2E28138A-847F-42BC-9752-61B03FFF33CD
    出力に次のテキストが表示されることを確認します。
    License Status: Licensed
    表示されないこの出力で、KMS ホスト上で、Office 2013 ボリューム ライセンス パックをインストールする場合は、次の資料に記載された手順に従ってください。ターゲットの KMS ホストにインストールされている Office 2013 ボリューム ライセンス パックをした後は、手順 4 に進みます。

    準備し、Office 2013 KMS ホストを設定します。

  4. ターゲットの KMS ホストは、Office 2013 のライセンス認証を処理する準備ができたことを確認する場合は、ライセンス認証を試行するように Office クライアントで次のコマンドを実行します。
    Cscript ospp.vbs /act


コンピューターに Office 2013 がインストールされています。ありませんKMS ホストにも

この構成では、Office のライセンス認証が KMS ホスト サーバーに接続しようとしたがサーバーが存在していない、または、KMS サービスがそのサーバーで実行されていない、または、必要な更新プログラムがインストールされていないことが原因で 0xC004F074 エラーが発生します。

KMS ライセンス認証のため、Office で使用される KMS ホスト サーバーを最初に決定するのにには、次の手順を使用します。
  1. Office クライアント上でアプリケーション イベントログを開き、ログをフィルター処理でイベント ID 12288を = します。
  2. 最新のイベントの[全般] タブにサーバー名が記載されているメモします。これは、Office のライセンス認証で使用されるサーバーです。

    次の例のイベント ログは、 Wingtip dc.wingtiptoys.comは、サーバーとポート番号1699年(TCP) では、KMS ホストを示しています。



Windows 8.1 のクライアントのみ>

Office クライアントは、Windows 8.1 を搭載したコンピューターでは、次の手順がその同じイベント ログ エントリの最初のエラー コードを確認する (ID = 12288)。エラー コードの場所は、次の図に表示されます。



0x8007000Dのイベントのエラー コードが表示された場合その KMS ホスト サーバーには、以下の更新プログラムがインストールされている項目がありません。

Windows Server 2008、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows 8 の Windows Server 2012 の KMS ホスト に Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2をKMSクライアントとして追加する更新プログラム
http://support.microsoft.com/kb/2885698


イベント 12288 で識別される KMS ホスト サーバー上の更新プログラムをインストールしてください。その後、もう一度、Office クライアントを有効にします。

<All windows="" clients=""></All>

場合は、Office のインストールは、次の条件のいずれかを満たしている、このセクションの手順を続行します。
  • Windows のバージョンは、Windows 8.1 以外のもの
  • Windows のバージョンは Windows 8.1 では、ですが、イベント 12288 0x8007000D エラーが表示されません。

この問題のトラブルシューティングの次の手順では、どの Office をライセンス認証決定する KMS ホスト サーバーを使用するための手段を特定します。KMS ホスト サーバーの情報は、Office クライアントの Windows レジストリから訪れる可能性があるか、DNS から訪れる可能性があること。

(またはない) KMS サーバー情報を調べ、次の手順に従って最初の使用は、DNS に公開されています。
  1. コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
    nslookup -type=srv _vlmcs._tcp
    結果は次の例のようになります。
    Server:  labsrv64.wingtiptoys.comAddress:  192.168.0.20_vlmcs._tcp.Wingtiptoys.com     SRV service location:          priority       = 0          weight         = 0          port           = 1688          svr hostname   = wingtip-dc.wingtiptoys.comwingtip-dc.wingtiptoys.com      internet address = 192.168.0.10
    この例については、Nslookup ツールで提供されている以下の詳細を確認します。
    • DNS サーバーがこの情報を取得するために使用される = labsrv64.wingtiptoys.com
    • KMS ホストサーバー = wingtip dc.wingtiptoys.com
    • KMS のポート番号= TCP 1688年

    : 1 つ以上の KMS サーバーが Nslookup の結果を記載します。

  2. KMS サーバーの名前を比較し、Office クライアント上で Nslookup ツールによって返されるポート番号、サーバーの KMS 12288イベントの一覧にポート番号。
    • サーバーとイベント 12288 Nslookup ツールによって返される情報と一致します。

      サーバーとポート情報 12288 Office クライアントの情報に一致する場合に、Nslookup によって返される場合、は、DNS を使用して、そのする必要がし、KMS 管理者は、正しい情報が DNS に発行することを確認します。

      分析し、KMS に依存してこの問題を解決する手順は、サーバーの構成および DNS トポロジをホストします。などの場合は、KMS ホスト サーバーは、dns の情報を公開されていません、DNS の (SRV) レコードを手動で作成したし、手動で更新する必要があります。ただし、KMS ホスト サーバーは、dns の情報を発行するが場合、ことができますスクリプトを使用する Slmgr.vbs KMS ホストを確認し、DNS に発行された情報を再構成します。

      次のリソースを分析し、KMS ホストの公開に関連するすべての DNS の問題を解決するために必要な手順を提供します。

      KMS ホストを構成します。

      DNS を構成します。

    • サーバーとポート イベント 12288 で Nslookup ツールによって返される情報が一致しません

      Nslookup によって、サーバーとポート情報 12288 Office クライアントでは、情報と一致しません、イベントが返された場合、Office クライアントはクライアントのレジストリに格納されている KMS 情報があります。このシナリオが発生することがいくつかのサンプル シナリオを次に示します。
      • Nslookup によって返される KMS サーバーの情報がありません。
      • Nslookup 情報イベント 12288 で KMS サーバーが表示されません。
      • Nslookup の情報でイベント 12288 で KMS サーバーが見つかっても、イベント 12288 でポート番号と一致しませんで Nslookup の情報が見つかりません。

      削除するか、Officeクライアントのレジストリから、KMS サーバーとポートの情報を再構成するには、次の手順を使用します。
      1. Office クライアントは、管理者特権のコマンド ライン ウィンドウを開きます。
      2. Ospp.vbsが配置されているフォルダーに変更します。

        既定では、フォルダーは次のとおりです。
        • 32 ビット Windows と Office の 32 ビットまたは64 ビット Windows と 64 ビットの Office

          -Office 2013: C:\Program ファイル Office\Office15
          -Office 2010: C:\Program ファイル Office\Office14

        • 64 ビット Windows と 32 ビットの Office

          -Office 2013: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office15
          -Office 2010: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office14
      3. 1 つまたは複数の Office クライアントから KMS ホスト サーバーの詳細を削除するか再構成するには、次のコマンドを実行します。
        • KMS ホスト サーバーの名前を構成します。
          Cscript ospp.vbs /sethst:<hostname>
          :<hostname>を KMS ホスト サーバーの名前に置き換えます。

          </hostname>
          /Sethst スイッチを使用して KMS ホスト サーバーを指定すると、DNS を使用して、ライセンス認証の試行中に KMS サーバーを検索するから Office が停止します。

        • KMS ホスト ・ ポートを構成します。
          Cscript ospp.vbs /setprt:<port#>
          :<port#>を KMS ホスト サーバーで使用される正しいポートに置き換えます。

          </port#>
          デフォルトではない場合、ポート番号を指定する必要があるだけ (1688) のポートも、/sethst スイッチを使用して KMS ホスト サーバーを指定するとします。

        • KMS ホスト サーバーと KMS ホストのポート情報をレジストリから削除します。
          Cscript ospp.vbs /remhst
          サーバーまたは Office クライアントのレジストリにポート番号の詳細がわからない場合は、(ある場合)、サーバーとポート情報をレジストリから削除するのには最初に/remhst スイッチを使用してください。次に、Office クライアントに特定の KMS ホスト サーバーの使用を強制する場合は、/sethst スイッチ (と/setprt スイッチが必要な場合) を使用します。

        KMS サーバー情報を構成する、Office クライアントのレジストリに次のリソースを参照してください。

        Office 2010 でクライアント コンピューターを構成するためのツール

        Office 2013 ボリューム ライセンス認証を管理するためのツール

トップに戻る

KMS への Telnet 要求はホスト サーバーに現在構成されているポート上で失敗しました。
KMS のライセンス認証を成功させるためには、Office のライセンス認証プロセスを特定のポート上で KMS ホストに到達する必要があります。KMS ホストが到達可能な場合は、KMS ライセンス認証のため、Office クライアントによって使用されているサーバーとポートの詳細を確認して、Telnet ツールを使用して KMS ライセンス認証ポートはクライアントと KMS ホスト間で開かれていることを確認するにします。
  • KMS ホストと KMS ライセンス認証のため、Office クライアントで使用するポートを確認します。

    Office クライアントと KMS ホストの間の接続に関する問題のトラブルシューティングの最初の手順では、Office のライセンス認証で使用されている KMS ホストとポート番号の名前を決定します。
    1. Office クライアント上でアプリケーション イベントログを開き、ログをフィルター処理でイベント ID12288を = します。
    2. サーバー名に注意してくださいし、ポート番号の最新のイベントの[全般] タブに一覧表示します。これは、Office のライセンス認証で使用される KMS ホスト サーバーです。

      次の例のイベント ログは、サーバーはWingtip dc.wingtiptoys.comで、ポート番号は1688年(TCP) の KMS ホストを示しています。



    3. Office クライアント上でコマンド プロンプト ウィンドウで、次のコマンドを実行します。
      Telnet hostname:port
      : Office クライアント上のイベント 12288 から詳細情報をホスト名ポートを置換します。

      いくつかのバージョンの Windows で使用する前に、最初に Telnet クライアントをインストールする必要があります。たとえば、Windows 7 クライアントで以下の手順を使用します。

      1. [スタート] ボタンをクリックして [コントロール パネル] をクリックして、プログラムWindows の機能のオン/オフ] をクリックします。
      2. 管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
      3. Windows の機能] ダイアログ ボックスで、 Telnet クライアントチェック ボックスをオンし、し、[ OK] をクリックします。

      Office クライアントは、ポート番号の指定したホストに到達できない場合、Telnet ツールはエラーを返します次の例に似ています。
      Connecting to wingtip-dc...Could not open connection to the host, on port 1689: Connect failed
      Telnet ツールでこのエラーが発生した場合、Office クライアントを使用して適切な KMS ホスト サーバーまたはポート番号の Office のライセンス認証は、KMS ホストが誤って構成されている場合、DNS に問題がある場合、ファイアウォールで通信がブロックされている場合かを確認するのには次のサブ セクションで手順を実行するができます。
  • KMS ホストで構成されているポート番号を確認します。

    KMSホストの KMS ライセンス認証のため現在構成されているポート番号を特定するのには次の手順を使用できます。
    1. KMSホスト上で管理者特権のコマンド ライン ウィンドウを開きます。
    2. (お使いの Office のバージョンに基づいて) 次のコマンドを実行します。
      • Office 2013:
        cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs /dlv 2E28138A-847F-42BC-9752-61B03FFF33CD 
      • Office 2010
        cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs /dlv BFE7A195-4F8F-4F0B-A622-CF13C7D16864
    3. 出力ポートをリッスンしている行で指定された値を確認します。

      次の例の出力結果は、KMS ホストが 1689、デフォルト以外のポートであるポートを使用するように構成を示しています。




    4. 出力で指定されたポート番号が正しい番号であることを確認し、また、ファイアウォールがこのポートの規則を正しく構成されていることを確認します。

      注 1: 別のポート番号を指定する必要がある場合、KMSホスト上で次のコマンドを使用します。
      Cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs /sprt <port#>
      KMS ライセンス認証を使用するポート番号を上記のコマンドで<port#>を置き換えます (デフォルトのポートは、1688年) です。


      注 2: 一致するように、設定を再構成する必要があります、Office クライアントによって使用されているポート番号が KMS ホストで構成されているものと異なる場合は、します。Office クライアント DNS クエリからのポート番号を取得できますか、または、Office クライアントのレジストリから取得する、ことができます。次の章で最初に、DNS SRV レコードを検査するのに手順を使用します。
      </port#>
  • KMS ホスト サーバーの名前を確認し、ポート番号を DNS に発行

    既定では、Office クライアントは、KMS ホスト名とポート番号を含む SRV レコードを検索するのに DNS クエリを使用します。DNS に SRV レコードを確認するのにには、次の手順を使用します。
    1. コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
      nslookup -type=srv _vlmcs._tcp
      結果は次の例のようになります。
      Server:  labsrv64.wingtiptoys.comAddress:  192.168.0.20_vlmcs._tcp.Wingtiptoys.com     SRV service location:          priority       = 0          weight         = 0          port           = 1689          svr hostname   = wingtip-dc.wingtiptoys.comwingtip-dc2.wingtiptoys.com      internet address = 192.168.0.30
      : 複数のサーバーが結果に表示されている可能性があります。

    2. Nslookup ツールからの出力で指定されたサーバーの hostname(s) とポート番号を確認します。
      • 場合は、KMS ホスト サーバーは、DNS への発行が有効になっている既定の構成を使用は、変更を加えます必要な KMS ホストの構成するため、更新された DNS レコードを取得 (前のセクションを確認するポート番号は、KMS ホストで構成されている詳細についてを参照してください) を発行します。
      • KMS ホスト サーバーが構成されていない情報を公開する場合、DNS を実行し、DNS を手動で変更する必要があります。これらの変更の詳細については DNS 管理者を参照してください。
    KMS ホストと DNS の構成設定が正しい場合は、[Office クライアントの設定を確認する可能性があります。次のサブセクションでは、Office クライアントの関連するトラブルシューティングの手順を提供します。

  • Office クライアントのレジストリ情報が含まれている KMS ホストの名前とポート番号を再設定します。

    KMS ホストが正しく構成されてとファイアウォールの規則は、正しいポートを開いて、DNS レコードが正しい場合は、クライアントのレジストリに格納されている KMS 情報を削除するか再構成するに、Office クライアントに次の手順を使用できます。
    1. Office クライアントは、管理者特権のコマンド ライン ウィンドウを開きます。
    2. Ospp.vbsが配置されているフォルダーに変更します。

      既定では、フォルダーは次のとおりです。
      • 32 ビット Windows と Office の 32 ビットまたは64 ビット Windows と 64 ビットの Office

        -Office 2013: C:\Program ファイル Office\Office15
        -Office 2010: C:\Program ファイル Office\Office14

      • 64 ビット Windows と 32 ビットの Office

        -Office 2013: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office15
        -Office 2010: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office14
    3. 1 つまたは複数の Office クライアントから KMS ホスト サーバーの詳細を削除するか再構成するには、次のコマンドを実行します。
      • KMS ホスト サーバーと KMS ホストのポート番号を削除します。

        最初に KMS ホスト サーバーの名前を削除し、ポート番号をレジストリに格納されている最善の方法があります。これを行うには、次のコマンドを使用します。
        Cscript ospp.vbs /remhst
        : Office クライアントに KMS ホスト サーバーの名前がないかどうかと、上記のコマンドを実行して、レジストリに格納されているポート番号は変更を加えずに単に実行します。

      • KMS ホスト サーバーの名前を構成します。

        DNS クエリの KMS ホスト用の既定の KMS ライセンス認証機能を使用する場合は、Office クライアントに KMS ホスト サーバーを指定する必要はありません。ただし、KMS ライセンス認証のためこの DNS 機能を使用していない場合する必要が次のコマンドを使用してアクティブになっている KMS ホストの名前を指定するのには。
        Cscript ospp.vbs /sethst:<hostname>
        : Office KMS ホストの名前の<hostname>を交換します。

        </hostname>
      • KMS ホストのポート番号を構成します。

        DNS クエリの KMS ホスト用の既定の KMS ライセンス認証機能を使用する場合は、Office クライアントに KMS ホスト ・ ポートを指定する必要はありません。ただし、KMS ライセンス認証のためこの DNS 機能を使用していない場合する必要が、KMS ホストは、デフォルト以外のポートを使用している場合は、KMS ホスト ・ ポートを指定する (既定 = 1688年) です。クライアントが KMS ライセンス認証を使用するポート番号を指定するのにには、次のコマンドを使用します。
        Cscript ospp.vbs /setprt:<port#>
        :<port#>を KMS ホスト サーバーで使用される正しいポートに置き換えます。
        </port#>
    確かに、KMS ホストを DNS では、Office クライアントの構成が正しい場合は、指定されたポート経由で KMS ライセンス認証の通信が可能かどうかを確認するファイアウォールの規則を確認します。次のサブセクションでは、Windows ファイアウォールでいくつかの詳細を説明します。

  • KMS ライセンス認証が構成されているポート上で発生する可能性がいることを確認するファイアウォール規則を確認します。

    Windows Server 2008 R2 を実行している KMS ホスト上で Windows ファイアウォールによって提供されるファイアウォールの規則を確認するのにには、次の手順を使用します。Windows の他のバージョン、または環境内で使用する任意のサードパーティ製のファイアウォールのマニュアルを参照してください。
    1. [スタート] メニューで、 [管理ツール] をポイントし、[セキュリティが強化された Windows ファイアウォール] をクリックします。
    2. 左側のパネルで[受信の規則を選択します。
    3. 、受信の規則の一覧でプロファイルを使用して(TCP の場合)、キー マネージメント サービスをダブルクリックしてドメインを = します。



    4. [全般] タブで、[ルールでは有効とすることを確認アクション=接続を許可します。変更を行った後、 [ok]をクリックします。


トップに戻る



NSLookup によって返された SRV レコードがありません。
既定では、KMS クライアントは、クライアントのメンバーシップ ゾーン内で _VLMCS レコードを発行するサーバーの一覧については、自動検出機能と DNS のクエリを使用します。DNS では、ランダムな順序で KMS ホストの一覧を返します。クライアントは、KMS ホストを選択し、上にセッションを確立しようとしています。この試行が動作する場合 (既定の設定) を持つクライアントは KMS ホスト サーバーの名前をキャッシュし、次回の更新時に使用しようとしています。セッションのセットアップが失敗した場合、クライアントは別のサーバーをランダムに選択されます。したがって、Office クライアントが正常に既定の KMS の動作と構成を使用してアクティブにするためには、DNS は、KMS ホストの適切な SRV レコードを持つかどうかを確認する必要があります。

DNS には、パブリッシュされている場合に、SRV レコードを決定するのには、Office クライアントに次の手順を使用します。
  1. Office クライアントは、コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。
  2. 次のコマンドを実行します。
    nslookup -type=all _vlmcs._tcp
  3. 出力を調べます。

    場合は、KMS ホストの SRV レコードがある場合、出力には次の例のようなエントリが含まれます。
    _vlmcs._tcp.contoso.com               SRV service location:                  priority       = 0                  weight         = 0                  port           = 1688                  svr hostname   = kms-server.contoso.com
SRV レコードが DNS 内に存在しない場合は、次の手順を実行するを KMS 構成および DNS トポロジに依存しています。
  • KMS ホストは、DNS にレコードを発行する必要があります。

    KMS ホスト、dns レコード、SRV の発行ですが、検索できない場合はレコードを使用して次の手順に KMSホストの構成を確認し、構成の変更を行う可能性があります。

    警告: [レジストリ エディタ] または別の方法を使用してレジストリを誤って修正すると、深刻な問題が発生することがあります。これらの問題は、オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証することはできません。自己の責任においてレジストリを変更してください。

    : 次の手順は、KMS ホスト コンピューターで Windows Server 2008 R2 に適用します。DisableDnsPublishingの値のレジストリ パスは、他のバージョンの Windows で異なる場合があります。以下で指定したレジストリ キーのパスを使用して DisableDnsPublishing の値を見つけることができない場合は、HKEY_LOCAL_MACHINE ハイブには、KMS ホスト上に存在するかどうかを参照してください DisableDnsPublishing の下のレジストリを検索してください。

    1. 見つけて、レジストリで次のキーを選択します。

      NT\CurrentVersion\SoftwareProtectionPlatform

    2. 次の項目が存在するかどうかをこのキーの値を確認します。

      DWORD: DisableDnsPublishing

      次のグラフを使用すると、DNS に SRV レコードを発行するのには、KMS ホストが構成されているかどうかを確認できます。

      DisableDNSPublishing の値DNS 発行を有効または無効になっています。
      1無効になっています。
      0有効になっています。
      DisableDNSPublishing の値が存在しません
      (注意してください、これは、KMS ホストの既定の構成)
      有効になっています。

    実行する次の手順は、DNS パブリッシングが有効か、KMS ホスト上で無効になっているかどうかによって異なります。
    • DNS パブリッシングが有効でないです。

      DNS 発行は、KMS ホスト上で有効でない場合は、発行を有効にする次の手順を使用します。

      1. KMS ホスト上で管理者特権のコマンド ライン ウィンドウを開きます。
      2. 次のコマンドを実行します。
        Cscript c:\Windows\System32\slmgr.vbs /sdns
      3. KMS ホスト上のソフトウェア保護サービスを再起動します。
    • DNS パブリッシングが有効になっています。

      KMS ホストの DNS の発行が有効な DNS の SRV レコードが見つからない場合は、DNS サーバー サービスが動的更新をサポートします。このシナリオでは、VLMCS._TCP、SRV レコードを手動で登録することがあります。Microsoft DNS サーバーに KMS の SRV レコードを手動で作成するには、以下の手順

      1. DNS サーバー、 DNS マネージャーを開きます。
      2. SRV リソース レコードを作成する必要がある DNS サーバーをクリックします。
      3. コンソール ツリーで、 [前方参照ゾーンを展開し、ドメインを右クリックし、その他の新しいレコード] をクリックします。
      4. 一覧をスクロールして、サービス ロケーション (SRV)レコードの作成] をクリックします。
      5. 以下の詳細を入力します。

        パラメーター
        サービス_VLMCS
        プロトコル「_TCP」
        ポート番号1688
        サービスを提供するホスト<FQDN of="" the="" kms="" host=""></FQDN>

      6. [ OK ] をクリックし、[完了] をクリックします。

      DNS サーバーが BIND である限り、以下の詳細情報を使用して、必要な SRV レコードを作成するには、組織では、Microsoft 以外の DNS サーバーを使用する場合 9.x に対応します。

      パラメーター
      名前_vlmcs。TCP
      タイプSRV
      優先順位0
      重量0
      ポート1688
      ホスト名<FQDN of="" the="" kms="" host=""></FQDN>

      KMS の自動発行をサポートするために BIND 9.x DNS サーバーを構成するには、KMS ホストからのリソース レコードの更新を有効にする BIND サーバーを構成します。などの全部またはNamed.conf.localでのゾーンの定義を次の行を追加します。
      allow-update { any; }; 
      注:優先順位重みのフィールドは、KMS で使用されていないと、KMS クライアントでは無視されます。ただし、ゾーン ファイルに含める必要があります。

  • KMS ホストにする必要がありますいないレコードを DNS に発行します。

    場合は、KMS ホストが DNS 発行を無効にしている意図的に、手動で DNS に SRV レコードを登録する必要があります。このシナリオでは、手動で DNS 設定を構成するのに前のサブ セクションに記載されている手順を使用します。[ ここで 手順にジャンプします。

    KMS ホストの DNS レコードを手動で作成する別の方法では、KMS ホストの名前で各 Office クライアントを構成します。クライアントのレジストリにこの情報が格納されているし、この構成を変更するには、各クライアントで Ospp.vbs スクリプトを実行する必要があります。これは、ソリューションをお客様の環境を使用するよう選択する場合は、次の手順を使用します。
    1. クライアントは、Office 2010 (2013年) の管理者特権のコマンド ライン ウィンドウを開きます。
    2. Ospp.vbsが配置されているフォルダーに変更します。
      • 32 ビット Windows と Office の 32 ビットまたは64 ビット Windows と 64 ビットの Office

        -Office 2013: C:\Program ファイル Office\Office15
        -Office 2010: C:\Program ファイル Office\Office14

      • 64 ビット Windows と 32 ビットの Office

        -Office 2013: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office15
        -Office 2010: C:\Program (x86) のファイル \Microsoft Office\Office14
    3. 次のコマンドを実行します。
      Cscript ospp.vbs /sethst:<value>
      : KMS ホストの IP アドレスと<value>を交換します。

      </value>
    4. (省略可能)(1688) の既定値以外のポートを構成する必要がある場合、は、次のコマンドを実行します。
      Cscript ospp.vbs /setprt:<port>
      : <port>(1688) 以外のポート番号</port>に置き換えます

トップに戻る



Office クライアントに KMS ホストのキャッシュが有効になっていません。
既定では、KMS クライアントは KMS サービスの情報を DNS を照会します。初めて KMS クライアントが KMS サービスについては、DNS を照会してランダムに選択 KMS ホストを返す DNS SRV Rr のリストから。クライアントが選択した KMS ホストが応答しない場合、ライセンス認証の要求に、KMS クライアントはその KMS ホストを SRV Rr のローカルのリストから削除し、リストから別の KMS ホストをランダムに選択。KMS ホストが応答すると、KMS クライアントは KMS ホストの名前をキャッシュし、このホストを使用して、その後のライセンス認証と更新の試行をします。以降の更新にキャッシュされた KMS ホストが応答しない場合、KMS クライアントは KMS の SRV Rr をもう一度 DNS を照会することによって新しい KMS ホストを検出します。

既定の構成 KMS クライアントが KMS ホストのキャッシュを使用するが有効になります。DNS のキャッシュを無効にすると、必ずしも問題のあるが、Office クライアントで有効になっているキャッシュ ホストでライセンス認証の問題が発生しない限り、有効になっていることにしておくことをお勧めします。。

次の手順を使用して、KMS ホストの KMS クライアント上でキャッシュを再び有効にできます。
  1. Office クライアントで管理者特権のコマンド ライン ウィンドウを開きます。
  2. 次のコマンドを実行します。
    Cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs /skhc

トップに戻る

プロダクト キー ブロック (エラーが発生しました 0xC004C003)
エラー 0xC004C003が表示され、エラーの説明テキストは、Office クライアント上でospp.vbs/act を cscriptのコマンドを実行すると"ライセンス認証サーバーは、指定されたプロダクト キーがブロックされてを決定します」。

このエラーは、ライセンス認証を必要としない製品のライセンス認証しようとしている場合に発生することができます。たとえば、以下の製品では、KMS をアクティブにしようとしたときにこのエラーが生成されます。

ライセンス名: Office 14 は、OfficeStarter ・ バイパス ・ エディション
ライセンス名: Office 14 は、OfficeAccessRuntime ・ バイパス ・ エディション
ライセンス名: Office 14 は、OfficeSPD ・ バイパス ・ エディション
ライセンス名: Office 14 は、OfficeProPlusSub ・ SubPrepid ・ エディション

Cscript ospp.vbs/actを実行してからの出力に表示される内容は、上記の項目に注意してください。

0xC004C003 エラーを無視することができますので、これらの特定の製品をアクティブにする必要はありません。

トップに戻る


' 製品がアクティブ化されたが、所有者は、製品使用権の情報警告を確認してください (エラー 0x4004F040)

Office クライアント上でospp.vbs/act を cscriptのコマンドを実行すると、エラー 0x4004F040が表示され、エラー説明のテキストは、「アクティブ化された製品ですが、所有者は、製品の使用権を確認する必要がありますが、ソフトウェア ライセンス サービスが報告された.

ライセンス状態の値、Ospp の場合は.vbs の出力は、ライセンス、Office ライセンスを正しく確立して、このエラーを無視しても安全です。


警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2870357 - 最終更新日: 08/06/2016 22:49:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Office Professional Plus 2013, Microsoft Office Professional 2013, Microsoft Office Standard 2013, Microsoft Office Professional Plus 2010, Microsoft Office Professional 2010, Microsoft Office Standard 2010, Microsoft Office Enterprise 2007, Microsoft Office Professional Plus 2007, Microsoft Office Professional 2007, Microsoft Office Standard 2007

  • kbmt KB2870357 KbMtja
フィードバック