Exchange Server 2013年にログオンするには、OWA または ECP にアクセスすると、FBA のページが表示されます。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2871485
現象
Microsoft Exchange Server 2013 年でフォーム ベース認証 (FBA) の Microsoft Outlook Web App (OWA) および Exchange コントロール パネル (ECP) を無効になっているがあります。さらに、Windows 統合認証または基本認証が有効になっているのいずれかがあります。Exchange Server 2013年を新しいビルドにアップグレードすると、ユーザーが OWA または ECP にアクセスするときにフォーム ベース認証 (FBA) ページが表示されます。さらに、FBA のページは、ユーザーが有効な資格情報を提供した後でも表示される続けます。
原因
この問題は、アップグレード プロセスは、カスタマイズされた既存の Web.config ファイルで既定の Web.config ファイルをコピーするために発生します。これは、結果、既存の設定がすべて失われます。これには、HTTP モジュールの設定が含まれます。
回避策
この問題を回避するには、OWA または ECP の仮想ディレクトリに必要な認証メカニズムを再構成します。これを行うには、次の手順を実行します。

注: <b>次の手順は、Exchange 管理シェルを使用して、OWA と ECP の仮想ディレクトリで Windows 統合認証を再構成します。
  1. 認証の構成を確認します。これを行うには、適切なコマンドを実行します。

    OWA では、次のコマンドを実行します。

    Get OwaVirtualDirectory-サーバーの exch3 |fl * 認証 *


    ECP では、次のコマンドを実行します。

    Get EcpVirtualDirectory-サーバーの exch3 |fl * 認証 *

  2. FBA を無効にして、Windows 統合認証を有効にするのには、適切なコマンドを実行します。

    OWA では、次のコマンドを実行します。

    セット OwaVirtualDirectory-アイデンティティ」EXCH3\owa (既定の Web サイト)"があります $false WindowsAuthentication $true


    ECP では、次のコマンドを実行します。

    セット EcpVirtualDirectory ・ アイデンティティ」EXCH3\ECP (既定の Web サイト)」があります $false WindowsAuthentication $true

  3. インターネット インフォメーション サービス (IIS) を再起動するのには、IISReset を実行します。

参照してください。 表示または Outlook Web App 仮想ディレクトリを構成します。表示または Outlook Web App の仮想ディレクトリのプロパティを構成する Exchange 管理センター (EAC) または Exchange 管理シェルを使用する方法の詳細については。
詳細
Exchange Server 2013年を実行していると、クライアント アクセス サーバーの役割がインストールされているコンピューターに Microsoft Office Outlook の Web アプリケーションの仮想ディレクトリの設定を取得するには、次のコマンドを実行します。

Get OwaVirtualDirectory-サーバーの exch3 |fl * 認証 *


このコマンドによって返される結果の例は次のとおりです。

ClientAuthCleanupLevel: 高
InternalAuthenticationMethods: {Ntlm, WindowsIntegrated}
BasicAuthentication: False
WindowsAuthentication: 場合は True。
認証: False
あります false を指定。
LiveIdAuthentication: False
AdfsAuthentication: False
OAuthAuthentication: False
ExternalAuthenticationMethods: {Fba}

関連情報
参照してください。 Get OwaVirtualDirectory 取得する方法についての情報と Microsoft Exchange Server 2013年を実行しているコンピューター上のすべての Office Outlook Web App 仮想ディレクトリがインストールされているクライアント アクセス サーバーの役割を持っています。

参照してください。 セット EcpVirtualDirectory ECP の仮想ディレクトリのプロパティを変更する方法の詳細については。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2871485 - 最終更新日: 10/01/2015 20:03:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard, Exchange Server 2016 Enterprise Edition, Exchange Server 2016 Standard Edition

  • kbsurveynew kbexpertiseinter kbprb kbmt KB2871485 KbMtja
フィードバック