現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[SDP 3][ab09ed03-7576-425f-aae0-8f36c0e8c662]SQL Server の接続性の診断のコレクターによって収集される情報

Extended support for SQL Server 2005 ends on April 12, 2016

If you are still running SQL Server 2005 after April 12, 2016, you will no longer receive security updates and technical support. We recommend upgrading to SQL Server 2014 and Azure SQL Database to achieve breakthrough performance, maintain security and compliance, and optimize your data platform infrastructure. Learn more about the options for upgrading from SQL Server 2005 to a supported version here.

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2871695
概要
Microsoft SQL Server 接続の診断コレクターの Windows Server 2003 R2、Windows Vista、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、Windows 7、Windows 8、8.1 の Windows、Windows Server 2012 および Windows Server 2012 の R2 は、広範なクラスを持つ SQL Server の接続に関する問題のトラブルシューティングに役立つ診断情報を収集します。SQL Server の接続性の診断のコレクターは、Microsoft SQL Server の Analysis Services の限られた診断情報も収集します。

SQL Server の接続性の診断のコレクターは、次のバージョンの SQL Server をサポートします。
  • SQL Server 2005
  • SQL Server 2008
  • SQL Server 2008 R2
  • SQL Server 2012
詳細

前提条件となるソフトウェア

セットアップ先のコンピューターのオペレーティング システムによっては、診断のパッケージを実行する別の前提条件があります。診断は、自動的にコンピューターこれらの前提条件のチェックを既にインストールされている場合は、実行を開始します。または、されていない場合、コンピューターで使用可能な前提条件をインストールするプロンプトが表示されたら。マイクロソフト自動トラブルシューティング サービス (台紙) に必要なソフトウェアをインストールも可能性があります。たとえば、Windows PowerShell がターゲット コンピューターに存在しない場合は、台紙インストールされます自動的に。詳細については、次の資料、マイクロソフト サポート技術を参照してください。
2598970 については、マイクロソフト自動トラブルシューティング サービスとサポート診断プラットフォーム

Windows の必要な権限

SQL Server の接続性の診断のコレクターは、SQL Server の接続性の診断のコレクターが実行されるコンピューターの管理者権限を持つユーザーによって実行されなければなりません。

SQL Server のセキュリティの要件


SQL Server の接続性の診断のコレクターは、診断ツールを実行するコンピューターにインストールされている SQL Server のすべてのインスタンスを検出します。データ収集プロセスの一環として、SQL Server の接続性の診断のコレクターがサーバー「の状態です」と現在の SQL Server の構成に関する情報を収集する診断ツールを検索する SQL Server の各インスタンスに接続を試みますデータベース接続は、Windows 認証を使用して行われます。成功する次のコレクションの診断タスクを SQL Server の接続性の診断のコレクターが実行したユーザーは、固定サーバー ロール sysadmin のメンバーである Windows のログオンが必要です。
  • SQL Server の AlwaysOn 構成コレクション
  • SQLDIAG のデータ コレクションのスクリプト

Windows フェールオーバー クラスターのサポート

AlwaysOn 可用性グループの SQL Server 間の接続やクラスター化された SQL Server 接続を診断するには、は次のように必要なすべてのトラブルシューティング情報を収集する 1 つ以上のクラスター ノードに対して SQL Server 接続の診断のコレクターを実行する必要があります。
  • 現在の接続の問題が発生している AlwaysOn 可用性グループの SQL Server または SQL Server のクラスター リソースを所有しているクラスター ノードに対して SQL Server 接続の診断のコレクターを実行します。
  • 接続障害発生以前のノードに対する SQL Server 接続の診断のコレクターを実行します。これにより、クラスター ノードが、障害発生以前からさまざまなログのコレクション。

収集される情報

一般的な情報
説明ファイル名
システムの基本的な情報です。これには、コンピューター名、サービス パック番号、コンピューターのモデルとプロセッサ名および速度が含まれます。コンピューター名> _ System_Information.txt
仮想化の情報コンピューター名> _ DiscoveryReport.xml
サーバのメディア (Windows Server 2008 R2 およびそれ以降のバージョン) にインストールされている役割と機能の一覧コンピューター名> _ ResultReport.xml


システム

メモ SQL Server の接続性の診断のコレクターは、過去 15 日間のイベントを収集します。

説明ファイル名
システムは、TXT、CSV、および EVT または EVTX の形式でコンピューター名> _ evt_System.csv
コンピューター名> _ evt_System.txt
コンピューター名> _ evt_System.evt または
コンピューター名> _ evt_System.evtx

アプリケーション ログ

、SQL Server 接続の診断のコレクターは、過去 15 日間からイベントを収集します。

説明ファイル名
TXT、CSV、および EVT または EVTX の形式で、アプリケーションのログコンピューター名> _ evt_Application.csv
コンピューター名> _ evt_Application.txt
コンピューター名> _ evt_Application.evt または
コンピューター名> _ evt_Application.evtx


セットアップ先のコンピューター上のユーザーおよびシステム環境変数に関する情報

説明ファイル名
現在のユーザーのコンテキストでのユーザーおよびシステムの環境変数についての情報XML と TXT 形式でセットアップ先のコンピューターコンピューター名> _ EnvironmentVariables.xml
コンピューター名> _ EnvironmentVariables.txt


セットアップ先のコンピューターにインストールされているすべてのサービスに関する情報

説明ファイル名
セットアップ先のコンピューターにインストールされているサービスに関する情報コンピューター名> _SC_Services_Output.xml


セットアップ先のコンピューターにインストールされているフィルター ドライバーに関する情報

説明ファイル名
Fltrfind.exe を使用して、上位と下位のフィルター ドライバーを列挙します。 コンピューター名> _FltrFind.txt

レポートのミニフィルター ドライバー

説明ファイル名
Fltmc.exe を使用してのミニフィルター ドライバーを列挙します。コンピューター名> _Fltmc.txt

実行中のプロセスとそれらのファイルのバージョンとドライバーの詳細について

説明ファイル名
ドライバーを実行しています。コンピューター名> _sym_RunningDrivers.csv
ドライバーを実行しています。コンピューター名> _sym_RunningDrivers.txt
%windir%\system32\drivers\*.*コンピューター名> _sym_Drivers.csv
%windir%\system32\drivers\*.*コンピューター名> _sym_Drivers.txt
実行中のプロセスコンピューター名> _sym_Process.csv
実行中のプロセスコンピューター名> _sym_Process.txt


セットアップ先のコンピューターのネットワーク構成に関する情報


説明ファイル名
SMB の構成の基本的な情報をネット共有ネット セッションnet 使用ネット アカウントnet configなど net.exe のサブコマンドコンピューター名> _SMB Info.txt
基本的な TCP/IP とネットワーク TCP/IP レジストリ キーと、 ipconfignetstatnbtstat、およびnetshのコマンドからの出力などの構成情報コンピューター名> _TcpIp Info.txt
DNS クライアントの hosts ファイルコンピューター名> _DnsClient_HostsFile.txt
コマンドの出力をIPCONFIG/DISPLAYDNSコンピューター名> _DnsClient_ipconfig displaydns.txt
DNSCLIENT の表示状態の NETSHコマンドの出力

メモ このコマンドは、Windows Server 2003 では有効でないです。
コンピューター名> _DnsClient_netsh_dnsclient 表示-状態。TXT
DNS クライアントのレジストリ エントリコンピューター名> _DnsClient_reg_.txt
TCP/IP のパラメーター レジストリ キー挙げる

コンピューター名> _TcpIp_Parameters_Registry.xml
ネットワーク アダプターのプロパティコンピューター名> _NetworkAdapterConfigurations.xml



この、SQL Server のレジストリ ハイブのレジストリのバックアップとテキスト ダンプ ファイル

説明ファイル名
HKLM\System\CurrentControlSet\SessionManagersコンピューター名> _CurrentControlSet_Reg.txt
HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsaコンピューター名> _CurrentControlSet_Reg.txt
HKLM\SYSTEM\CurrentControlSetコンピューター名> _CurrentControlSet_Reg.hiv
SQL Server の HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Microsoftコンピューター名> _REG_SQL.txt
HKLM\SOFTWARE\Microsoft\MSSQLServerコンピューター名> _REG_SQL.txt
HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server 2005 の再頒布コンピューター名> _REG_SQL.txt
HKLM\Software\Microsoft\MSFTESQLInstMapコンピューター名> _REG_SQL.txt
SQL ネイティブ クライアントの HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Microsoftコンピューター名> _REG_SQL.txt
HKLM\SOFTWARE\Microsoft\OLAP サーバーコンピューター名> _REG_SQL.txt
HKLM\SOFTWARE\Microsoft\SNACコンピューター名> _REG_SQL.txt
HKLM\SOFTWARE\Microsoft\SQLXML4コンピューター名> _REG_SQL.txt
HKLM\Software\Microsoft\Vsaコンピューター名> _REG_SQL.txt
HKLM\SOFTWARE\ODBCコンピューター名> _REG_SQL.txt
HKLM\SOFTWARE\Microsoft\MSDTSコンピューター名> _REG_SQL.txt
HKLM\SOFTWARE\Microsoft\MSXML 6.0 Parser および SDK<COMPUTER_NAME>_REG_SQL.txt</COMPUTER_NAME>
HKLM\SOFTWARE\Microsoft\MSXML60コンピューター名> _REG_SQL.txt
SQL Server の HKCU\Software\Microsoft\Microsoftコンピューター名> _REG_SQL.txt
SQL Server の HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Microsoftコンピューター名> _REG_SQL.txt
SQL Server の HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Microsoftコンピューター名> _Wow6432Node_REG_SQL.txt
HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\MSSQLServerコンピューター名> _Wow6432Node_REG_SQL.txt
HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Microsoft SQL Server 2005 の再頒布コンピューター名> _Wow6432Node_REG_SQL.txt
SQL ネイティブ クライアントの HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Microsoftコンピューター名> _Wow6432Node_REG_SQL.txt
HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Microsoft SQL ネイティブ クライアント 10.0コンピューター名> _Wow6432Node_REG_SQL.txt
HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\SNACコンピューター名> _Wow6432Node_REG_SQL.txt
HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\SQLXML4コンピューター名> _Wow6432Node_REG_SQL.txt
HKLM\Software\Wow6432Node\Microsoft\Vsaコンピューター名> _Wow6432Node_REG_SQL.txt
HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\ODBCコンピューター名> _Wow6432Node_REG_SQL.txt
HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\MSDTSコンピューター名> _Wow6432Node_REG_SQL.txt
HIV の形式で SQL Server の HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft キーのバックアップコンピューター名> _Microsoft_SQL_Server.hiv



PSTAT ユーティリティの出力

説明ファイル名
PSTAT を出力します。EXEコンピューター名> _PStat.txt



Windows ファイアウォールの情報

説明ファイル名
Netsh advfirewall showコマンドとさまざまなオプションの出力コンピューター名> _Firewall_netsh_advfirewall.txt
出力のルールの名前を表示する netsh advfirewall consec = allコンピューター名> Rules.txt-_Firewall_netsh_advfirewall-consec
Netsh advfirewall エクスポートの出力コンピューター名> _Firewall_netsh_advfirewall export.wfw
出力netsh advfirewall のファイアウォール ルールの名前を表示するすべての =コンピューター名> Rules.txt-_Firewall_netsh_advfirewall-ファイアウォール
Netsh の wfp の表示 neteventsの出力コンピューター名> Netevents.txt ・ _Firewall_netsh_wfp ・ ショー
HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\WindowsFirewallコンピューター名> _Firewall_reg_.txt
HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\BFE コンピューター名> _Firewall_reg_.txt
HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\IKEEXTコンピューター名> _Firewall_reg_.txt
HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MpsSvcコンピューター名> _Firewall_reg_.txt
[HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\SharedAccess]コンピューター名> _Firewall_reg_.txt


セットアップ先のコンピューター上のユーザー権利の割り当てに関する情報

説明ファイル名
ローカルのユーザー権利の割り当てコンピューター名> _UserRights.txt


セットアップ先のコンピューターが参加しているドメインに関する情報
説明ファイル名
セットアップ先のコンピューターが参加しているドメインに関する情報 コンピューター名> _DSMisc.txt


Kerberos チケットや TGT

説明ファイル名
Kerberos チケットや TGTコンピューター名> _ Kerberos_klist.txt


セットアップ先のコンピューターの Kerberos、LSA は、SChannel レジストリ キー

説明ファイル名
HKLM:\System\CurrentControlSet\Control\Lsa
HKLM:\System\CurrentControlSet\Control\Lsa\MSV1_0
HKLM:\System\CurrentControlSet\Control\Lsa\Kerberos\Parameters
HKLM:\System\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters
HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SecurityProviders\SCHANNEL
コンピューター名> _ Authentication_Registry.xml


セットアップ先のコンピューター上の SQL Server のすべてのインスタンスのサーバー ネットワークの構成

説明ファイル名
SQL Server ネットワークの構成 (TCP/IP、NP、共有メモリなど) の SQL Server のすべてのインスタンス。また、(データベース エンジン) 上のインスタンスのセットアップ先のコンピューター。64 ビット コンピューター上の 64 ビットと 32 ビットの両方のインスタンスが含まれます。コンピューター名> _ SqlServer_Network_Configurations.xml


アクティブ ディレクトリのプロパティで SQL Server の Spn のサービスのセットアップ先のコンピューター上のアカウント

説明ファイル名
Active directory のプロパティとセットアップ先のコンピューター上の SQL Server の Spn サービス アカウントコンピューター名> _ SqlServiceAccounts_SPN_ADProperties.xml
コンピューター名> _ SQLInstances_Spn_Summary.xml


SQL Server のエラー ログ

SQL Server の接続性の診断のコレクターは、次の条件を満たす各検出されたインスタンスの SQL Server のエラー ログを最大 20 を収集します。
  • 各エラーのログ ファイルのサイズが 200 MB にする必要があります以下。
  • すべての収集されたエラー ログ ファイルの最大合計非圧縮サイズは 250 MB 以内です。250 MB の制限に達すると、SQL Server のインスタンスのエラー ログは収集されません。



説明ファイル名
SQL Server エラーのログは診断ツールが実行されるコンピューターにインストールされているすべてのインスタンスを収集します。 名前付きインスタンス:
コンピューター名>_INSTANCE_NAME> _1033_ERRORLOG [.n]

既定のインスタンス:
コンピューター名> _MSSQLSERVER_ERRORLOG [.n]

メモ Windows フェールオーバー クラスターに対して、SQL Server の接続性の診断のコレクターが実行されるときに SQL Server エラー ログは、「所有」と「オンライン」ターゲットのクラスター ノードになっているドライブに保存されている場合のみ収集します。

SQL Server エージェントのログ

SQL Server の接続性の診断のコレクターは、次の条件を満たす各検出されたインスタンスの SQL Server エージェントのログを最大 20 を収集します。
  • 各 SQL Server エージェントのログ ファイルのサイズが 200 MB にする必要があります以下。
  • 収集されたすべての SQL Server エージェント ログ ファイルの最大合計の非圧縮サイズは 250 MB 以内です。250 MB の制限に達すると、SQL Server のインスタンスの追加の SQL Server エージェントのログ ファイルは収集されません。


説明ファイル名
SQL Server エージェントのログは診断ツールが実行されるコンピューターにインストールされているすべてのインスタンスを収集します。 名前付きインスタンス:
コンピューター名>_INSTANCE_NAME> _1033_SQLAGENT です。[アウト | n]

既定のインスタンス:
コンピューター名> _MSSQLSERVER__1033_SQLAGENT です。[|N] を

メモ Windows フェールオーバー クラスターに対して、SQL Server の接続性の診断のコレクターが実行されるときに SQL Server エージェントのログは、「所有」と「オンライン」ターゲットのクラスター ノードになっているドライブに保存されている場合のみ収集します。


SQL Server のミニダンプ ファイル

SQL Server の接続性の診断のコレクターは SQL Server の検出された各インスタンスを最大 10 個の SQL Server のミニダンプ ファイルを収集します。ファイルは、ミニダンプ ファイルの作成日に基づいて、降順で収集されます。つまり、最後に生成されたファイルが最初に収集されることを意味します。収集されたファイルは、次の条件を満たす必要があります。
  • 各ミニダンプ ファイルのサイズが 100 メガバイト (MB) にする必要があります以下。
  • 各ミニダンプ ファイルは、30 日間の古いまたはする必要があります。
  • SQL Server のインスタンスのすべての収集されたミニダンプ ファイルの最大合計の非圧縮サイズが 200 MB を超えることはできません。200 MB の制限に達すると、SQL Server のインスタンスの追加のミニダンプ ファイルは収集されません。


メモ 収集される前に、特定のインスタンスのすべてのファイルは zip アーカイブに圧縮されます。

説明ファイル名
SQL Server のミニダンプ ファイル 名前付きインスタンス:
コンピューター名>_INSTANCE_NAME> _1033_SqlMiniDumps.zip

既定のインスタンス:
コンピューター名> _MSSQLSERVER_1033_SqlMiniDumps .zip
ダンプのインベントリ レポートが生成され、SQL Server の検出された各インスタンス用に収集 名前付きインスタンス:
コンピューター名>_INSTANCE_NAME> _DumpInventory.log

既定のインスタンス:
コンピューター名> _MSSQLSERVER_DumpInventory.log


ときに、SQL Server 接続の診断コレクターが Windows フェールオーバー クラスターに対して実行される、場合が「所有」しているドライブ上に格納され、「オンライン」ターゲットのクラスター ノードには、SQL Server のミニダンプ ファイルはのみ収集します。


SQLDIAG データ収集スクリプト

SQLDIAG のデータ コレクションのスクリプトがサービス状態になります。 SQL Server の各インスタンスに対して実行されます。スクリプトからの出力をファイルにリダイレクトあり診断を収集することができます。

説明ファイル名
SQLDIAG のスクリプトの出力名前付きインスタンス:
コンピューター名>_INSTANCE_NAME> _1033_sp_sqldiag_Shutdown.out

既定のインスタンス:
コンピューター名> _MSSQLSERVER_1033_sp_sqldiag_Shutdown.out

AlwaysOn の SQL Server の構成情報

メモ SQL Server 2012年のインスタンスからだけ、AlwaysOn の SQL Server の構成情報が収集されます。

説明ファイル名
AlwaysOn の SQL Server の構成情報名前付きインスタンス:
コンピューター名>_INSTANCE_NAME> _1033_AlwaysOn.out

既定のインスタンス:
コンピューター名> _MSSQLSERVER_1033_AlwaysOn.out

SQL Server の AlwaysOn 正常性ログ

SQL Server の AlwaysOn 正常性セッションのログは、セットアップ先のコンピューターにインストールされている SQL Server 2012年の各インスタンスから収集されます。ファイルが収集され、「インスタンス固有」圧縮されたアーカイブに圧縮します。

各検出されたインスタンスを収集する SQL Server の AlwaysOn 正常性ログの最大数は 20 です。降順で、ファイルの作成日に基づいて、ファイルが収集されます。

説明ファイル名
SQL Server の AlwaysOn 正常性ログ名前付きインスタンス:
コンピューター名>_INSTANCE_NAME> _AlwaysOn_health_XeLogs.zip

既定のインスタンス:
コンピューター名> _MSSQLSERVER_AlwaysOn_health_XeLogs.zip

注: Windows フェールオーバー クラスターに対して、SQL Server の接続性の診断のコレクターが実行されるときに SQL Server の AlwaysOn 正常性ログ、「所有」と「オンライン」ターゲットのクラスター ノードになっているドライブに保存されている場合にのみ収集されます。


SQL Server フェールオーバー クラスター状態のログ

SQL Server フェールオーバー クラスター状態のログは、各セットアップ先のコンピューターにインストールされている SQL Server 2012年の「クラスター化」のインスタンスから収集されます。ファイルが収集され、「インスタンス固有」圧縮されたアーカイブに圧縮します。

インスタンスごとに収集されるフェールオーバー クラスター状態のログの最大数は 20 です。降順で、ファイルの作成日に基づいて、ファイルが収集されます。

説明ファイル名
SQL Server フェールオーバー クラスター状態のログ名前付きインスタンス:
コンピューター名>_INSTANCE_NAME> _FailoverCluster_health_XeLogs.zip

既定のインスタンス:
コンピューター名> _MSSQLSERVER_FailoverCluster_health_XeLogs.zip

注: SQL Server フェールオーバー クラスター状態のログには、「所有」と「オンライン」ターゲットのクラスター ノードになっているドライブに保存されている場合にのみ収集されます。

SQL Server の既定のシステム正常性ログ

セットアップ先のコンピューターにインストールされている SQL Server 2012年の各インスタンスからは、SQL Server の既定のシステム正常性ログが収集されます。ファイルが収集され、「インスタンス固有」圧縮されたアーカイブに圧縮します。

説明ファイル名
SQL Server の既定のシステム正常性ログ名前付きインスタンス:
コンピューター名>_INSTANCE_NAME> _system_health_XeLogs.zip

既定のインスタンス:
コンピューター名> _MSSQLSERVER_system_health_XeLogs.zip

メモ Windows フェールオーバー クラスターに対して、SQL Server の接続性の診断のコレクターが実行されるときに、「所有」と「オンライン」ターゲットのクラスター ノードになっているドライブに保存されている場合にのみ、SQL Server の既定のシステム正常性ログ収集されます。

SQL Server 接続 AlwaysOn 接続 SQL Server 接続の診断コレクター SQL 接続 SQL Server の接続診断パッケージ

Warning: This article has been translated automatically

プロパティ

文書番号:2871695 - 最終更新日: 10/25/2013 14:46:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition for Itanium Based Systems, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Evaluation Edition, Microsoft SQL Server 2005 Express Edition, Microsoft SQL Server 2005 Express Edition with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition for Itanium Based Systems, Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise Evaluation, Microsoft SQL Server 2008 Express, Microsoft SQL Server 2008 Express with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2008 R2 Parallel Data Warehouse, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard Edition for Small Business, Microsoft SQL Server 2008 R2 Web, Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup, Microsoft SQL Server 2008 Reporting Services, Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 Standard Edition for Small Business, Microsoft SQL Server 2008 Web, Microsoft SQL Server 2008 Workgroup, Microsoft SQL Server 2012 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Express, Microsoft SQL Server 2012 Parallel Data Warehouse, Microsoft SQL Server 2012 Standard, Microsoft SQL Server 2012 Web, SQL Server 2012 Enterprise Core

  • kbmt KB2871695 KbMtja
フィードバック
tyle="display:none;" onerror="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='true';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" onload="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='false';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?">