Outlook のログ記録を有効にして、Outlook を収集する方法は、専用の Office 365 のログします。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2871887
概要
Microsoft Outlook のログ記録を有効にして、Outlook を収集するには、この記事 describeshow は、専用の Office 365 に記録します。

プロファイルの作成中に問題が発生しているし、表示されたら、サポート エージェントがログを有効にする場合は、この資料の以下のセクションを参照してください。

参照してください。(有効にするログ記録トラブルシューティング)] オプションとは何ですか。
詳細
この資料の次のセクションでは、Outlook プロファイルの作成に関する問題のトラブルシューティングに役立ちます。

<b>サポート エージェントを作成し、トラブルシューティングに役立つ Fiddler のトレースを提供することがありますも出力します。

ログ記録を有効にする電子メール アドレスを登録せずに Outlook を構成します。


  1. 新しいテスト プロファイルを追加します。ヘルプについては、次を参照してください。Outlook プロファイルを作成します。.手順に進みます。

    手順 1 のスクリーン ショット
  2. 選択キャンセル ここにあります。

    手順 2 のスクリーン ショット
  3. [Ok]を選択します。

    手順 3 のスクリーン ショット
  4. 次へを選択します。

    手順 4 のスクリーン ショット
  5. なしとし、次へを選択します。

    手順 5 のスクリーン ショット
  6. 電子メール アカウントがなくても Outlook を使用] チェック ボックスを選択し、完了を選択します。

    手順 6 のスクリーン ショット
  7. Outlook を開いたときは、オプションに移動します。

    手順 7 のスクリーン ショット
  8. [詳細設定し、一番下までスクロールを選択します。

    手順 8 のスクリーン ショット
  9. トラブルシューティングのログを有効にする] を選択し、し、 [ok]を選択します。

    手順 9 のスクリーン ショット
  10. Outlook を終了し、目的のプロファイルを作成するプロセスを開始します。
  11. 次に、ログを収集します。参照してください。 (有効にするログ記録トラブルシューティング)] オプションとは何ですか。Outlook のバージョンについては、ログを検索します。要求されたサポート エージェントにログを提供します。

Outlook の接続の状態


  1. タスク バーで、[Outlook] アイコンを探します。外すctrl キーと、アイコンを右クリックします。接続の状態を選択します。

    手順 1 のスクリーン ショット
  2. すべての列を展開し、(右側にスクロールし、それらの列をキャプチャを含む) すべての情報のスクリーン ショットを実行します。

    手順 2 のスクリーン ショット
  3. 画面の要求では、サポート担当者へのショットを提供します。

自動検出ステータス


  1. タスク バーで、[Outlook] アイコンを探します。押しながらCtrl アイコンを右クリックします。テスト電子メールの自動構成を選択します。

    手順 1 のスクリーン ショット
  2. そのフィールドは既に自動で完了していない場合は、ユーザーのメールボックスの電子メール アドレスを入力します。
  3. 使用 GuessmartおよびGuessmart 認証のセキュリティで保護された、チェック ボックスをオフにし、[テスト] をクリックします。テストを完了すると、3 つのタブで結果を表示できます。結果ログ、およびXMLです。
  4. 各タブのスクリーン ショットを取得します。すべてのデータを取得する (下にスクロールする) の各タブの複数のスクリーン ショットを実行する必要があります。

    手順 5 のスクリーン ショット
  5. 画面の要求では、サポート担当者へのショットを提供します。

プロパティ

文書番号:2871887 - 最終更新日: 09/20/2016 22:14:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Business Productivity Online Dedicated, Microsoft Business Productivity Online Suite Federal

  • vkbportal226 kbgraphic kbgraphxlink kbmt KB2871887 KbMtja
フィードバック