SharePoint Designer の Workflow サイト オブジェクトからコピー & ペーストしたSharePoint Online ワークフローが、元のワークフローにリンクされる

現象
シナリオ説明 
  • SharePoint Designer 2013 を使用し、プラットフォームの種類が [SharePoint 2010 ワークフロー] または [SharePoint 2013 ワークフロー] であるワークフローを作成しています。 
  • [サイトオブジェクト] の [ワークフロー] セクションで、ワークフローをハイライトし、キーボードのショートカット キー操作 (Ctrl+C および Ctrl+V) により、ワークフローのコンテンツをコピー & ペーストします。
  • [サイトオブジェクト] の [ワークフロー] セクションに、同じ名前のワークフローがもう 1 つ作成されます。 
解決方法
この問題を解決するには、[サイト オブジェクト] の [ワークフロー] セクションで、ワークフローに対しキーボードのショートカットキー操作によるコピー & ペーストを行わないようにします。ワークフローが [再利用可能なワークフロー] に該当する場合は、ワークフローのリボンから [コピーと変更] を使用してください。

SharePoint Designer 2013 を使用している場合は、該当するワークフローを開いてから、ワークフローのコンテンツをコピーし、もう一方のワークフローにそのコンテンツを貼り付けます。

リンクが設定済みの余分なワークフローを削除するには、以下の手順に従います。

SharePoint 2010 ワークフロー

以下の手順に従い、該当ワークフローをコピーした際に作成された XML ファイルを削除します。  
  1. SharePoint Designer 2013 を使用し、関連するサイトにログインします。
  2. [すべてのファイル]、[ワークフロー]を順にクリックします。
    • 注: Globally Reusable ワークフローは、_catalogs/wfpub に格納されています。
  3. ワークフロー一覧から関連するワークフローをクリックします。
  4. 追加の XML ファイル (wfconfig_copy(1).xml のような形式) を選択し、リボンの [削除] をクリックします。
注: ワークフローに対する XML ファイルを選択する際に、このファイル名をクリックすると [ワークフローの設定] ページに戻るため、ファイル名はクリックしないようにしてください。

SharePoint 2013 ワークフロー

  1. 空白のワークフローを作成します。
  2. 関連するワークフローのコンテンツをコピーし、空白のワークフローにコンテンツを貼り付けます。
  3. 元のワークフローを削除します。
SharePoint Designer 2013 のワークフロー コンテンツのコピー & ペースト操作に関するサポート情報については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
追加情報
異なるワークフローを 2 つ作成済みであるかのように表示されていますが、実際にはこのようなワークフローは同一のものとみなされ、両者ともに処理が完了されていません。

Ctrl+C および Ctrl+V キーボード ショートカットによる操作は、SharePoint ワークフローの [サイトオブジェクト] の [ワークフロー] セクションではサポートされていないため、このような問題が生じます。コピー & ペースト機能は、再利用可能なワークフローにおいてのみ、SharePoint Designer リボンの [コピーと変更] ボタンを使用して操作できます。

その他トピックは、Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。

プロパティ

文書番号:2872717 - 最終更新日: 03/24/2016 05:46:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft Office SharePoint Online

  • o365 o365e o365p o365a o365m o365022013 kbbug kbnofix KB2872717
フィードバック