[XWEB] OWA でマルチメディア ボタンを無効にする方法

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP288119
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリの復元方法を理解しておいてください。復元方法の詳細については、Regedit.exe のヘルプ トピック「レジストリを復元する」、または Regedt32.exe のヘルプ トピック「レジストリ キーを復元する」を参照してください。
概要
この資料では、Exchange 2000 の Outlook Web Access (OWA) で [マルチメディア] ボタンを無効にする方法について説明します。

OWA で [マルチメディア] ボタンを無効にすると、外部ユーザーがワイド エリア ネットワーク (WAN) リンク経由で帯域幅を大量に使用してマルチメディア ファイルをダウンロードすることを防ぐことができます。
詳細
警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。

レジストリの編集方法の詳細については、Regedit.exe のヘルプの「キーと値の変更」または「キーと値を変更する」を参照してください。または Regedt32.exe のヘルプの「レジストリ情報の追加と削除」または「レジストリの情報を追加または削除する」、および「レジストリ情報の編集」または「レジストリ情報を編集する」を参照してください。レジストリの編集を行う前に、必ずレジストリのバックアップをとってください。Windows NT または Windows 2000 を実行している場合、システム修復ディスク (ERD) も更新する必要があります。

OWA サーバー上で [マルチメディア] ボタンを無効にするための手順は、次の通りです。
  1. レジストリ エディタ (Regedt32.exe) を起動します。
  2. 次のレジストリ キーを探します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MSExchangeWEB\OWA
  3. [編集] メニューの [値の追加] をクリックし、次のレジストリの値を追加します。
    値の名前 :DisableMultimedia
    データ型 :DWORD
    値 :1
  4. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] をポイントして、[管理ツール]、[サービス] を順にクリックします。
  5. [World Wide Web Publishing Service] (W3SVC) を右クリックして [再起動] をクリックし、[OK] をクリックします。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 288119 (最終更新日 2001-02-24) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:288119 - 最終更新日: 01/29/2014 19:39:03 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbhowto KB288119
フィードバック