Windows 7 および Windows Server 2008 R2 以降の環境では、Runas コマンドを使用してログオンしているユーザーとは別のユーザーでアプリケーションを実行した場合、日本語を入力することができません。

現象
Windows 7 および Windows Server 2008 R2 以降の環境では、Runas コマンドを使用してログオンしているユーザーとは別のユーザーでアプリケーションを実行した場合、日本語を入力することができません。
原因
Windows 7 および Windows Server 2008 R2 以降の OS における標準の Microsoft IME では、入力を行うインターフェースが新しくなりました。

新しいインターフェースを使用するためには、MsCtfMonitor というタスクを実行する必要がありますが、同一のデスクトップに対し複数の MsCtfMonitor を起動することはできません。また、すでにデスクトップ上で別のユーザーが起動した MsCtfMonitor が動作している場合には、管理者権限で動作しているプロセスを除き、既存の MsCtfMonitor にアクセスすることができません。

このため、同一デスクトップ上で別のユーザー アカウントで動作するプロセスを起動した場合には、管理者権限でプロセスが動作している場合を除き、MsCtfMonitor が必要となる IME の機能を呼び出すことができなくなり、日本語入力ができなくなります。
状況
この動作は仕様です。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2881257 - 最終更新日: 09/29/2016 10:38:00 - リビジョン: 2.0

Windows 7 Enterprise, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Ultimate, Windows 8, Windows 8 Enterprise, Windows 8 Pro, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Foundation, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2012 Foundation, Windows Server 2012 Standard

  • kbprb kbdeployment kbsetup KB2881257
フィードバック