Web 会議では特定の時間アイドル状態が続くと自動的に会議から切断されます。

現象
Office Communications Server 2007、Office Communications Server 2007 R2、Lync Server 2010、Lync Server 2013 で会議に参加した状態で、 4 時間以上メッセージの送信を行わなかった場合、会議から切断されます。
原因
Office Communications Server 2007・Office Communications Server 2007 R2 では IM 会議などで 4 時間以上のアイドル時間が発生した場合、タイムアウトとなるよう実装されています。
Lync Server 2010、Lync Server 2013 ではクライアント ポリシーで タイムアウト時間が設定されます。既定では 4 時間です。

解決方法
Office Communications Server 2007・Office Communications Server 2007 R2 ではタイムアウト時間を変更することはできません。

Lync Server 2010・Lync Server 2013 では、Set-CsClientPolicy で ConferenceIMIdleTimeout オプションを設定することでタイムアウト時間を変更します。 
ポリシーで設定可能なタイムアウト時間は、1 時間以下です。
回避策
状況
詳細
関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2881884 - 最終更新日: 08/22/2013 03:08:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Lync 2010, Microsoft Lync Server 2013, Microsoft Office Communications Server 2007 Enterprise Edition

  • KB2881884
フィードバック