支払残高勘定で、イタリア語版の Microsoft Dynamics NAV 2009 を変更した後は、源泉徴収税が含まれていますを投稿することはできません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2882916
この記事は (それ) イタリア語の言語ロケールの Microsoft Dynamics NAV を適用します。
現象
979022 用の更新プログラムのイタリア語版の Microsoft Dynamics NAV 2009 を適用することを想定しています。残高勘定を変更すると、源泉徴収税が支払を転記できません。

この問題は、次の製品で発生します。
  • イタリア語版の Microsoft Dynamics NAV 2009 のサービス パック 1
  • イタリア語版の Microsoft Dynamics NAV 2009 の R2
詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
979022 イタリア語版の Microsoft Dynamics NAV の源泉徴収税を計算することがなく、源泉徴収税の請求書の支払を転記するときに警告を表示しません

解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能になりました。ただし、この資料に記載されている問題を修正するもののみです。この特殊な問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラム テストを受ける可能性があります。したがって、する深刻な受けませんこの問題、する場合をお勧めします次 Microsoft Dynamics NAV 2009 のサービス パックまたはこの修正プログラムを含む次の Microsoft Dynamics NAV バージョンを待つこと。

メモ 特別な場合は、呼び出しがキャンセルする場合は、テクニカル サポート担当者 Microsoft Dynamics および関連製品のサポート通常発生する料金は特定の更新で問題が解決されることを指定します。問題となっている特定の更新プログラムに関する内容とは見なせない、他の質問や問題についてのサポートに対しては、通常のサポート料金が適用されます。

インストール情報

マイクロソフトは明示または暗示の保証もなしで、説明のためのプログラミングの例を提供します。これには、市場性または特定目的への適合性その他に対する暗黙的な保証についても含まれます。この資料は、例示されているプログラミング言語を作成したり、プロシージャをデバッグするために使用されるツールに精通しているユーザーを想定して作成されています。マイクロソフトのサポート エンジニアは、特定のプロシージャの機能についての説明をお手伝いすることができます。ただし、機能の追加、または個別案件への対応を目的としたプロシージャ作成のためにこれらの例を修正することはありません。

メモ この修正プログラムをインストールする前に Microsoft Dynamics NAV のクライアントのすべてのユーザーがシステムからログオフすることを確認します。Microsoft Dynamics NAV アプリケーション サーバー (NAS) のサービスが含まれます。この修正プログラムを実装するときにログオンしているユーザーのみのクライアントする必要があります。

この修正プログラムを実装するのには、開発者ライセンスが必要です。

ユーザー アカウントまたはデータベース ログイン ウィンドウ、Windows ログイン ウィンドウにある「スーパー」ロール id が割り当てられていることをお勧めしますユーザー アカウントには、「スーパー」ロール ID を割り当てることはできません、する場合、ユーザー アカウントに次のアクセス許可を確認する必要があります。
  • 変更するオブジェクトを変更するアクセス許可。
  • システム オブジェクトの ID 5210オブジェクトおよびシステム オブジェクトの ID 9015オブジェクトの実行の許可します。
メモ データの修復を実行する必要がない限り、データ ストアへの権限を持っている必要はありません。

コードの変更

メモ 常にテスト コード修正制御された環境で適用する前に、運用コンピューターに修正します。

この問題を解決するのには、 CheckWithholdTax関数で、Gen. Jnl。 コードを変更します-次のように投稿行 Codeuint (12)。

既存のコード 1

...UNTIL OldCustLedgEntry.NEXT = 0;      END;// Delete the following lines.     PROCEDURE CheckWithholdTax@1130007(DocType@1130000 : ' ,,Invoice,Credit Memo';DocNo@1130001 : Code[20];GenJnlLine@1130002 : Record 81;ApplyInGenJnlLine@1130003 : Boolean);     VAR       ComputedWithholdTax@1130004 : Record 12111;       TmpWithholdingContribution@11300005 : Record 12113;       WithholdCode@1130006 : Record 12104;     BEGIN       IF DocType IN [DocType::Invoice,DocType::"Credit Memo"] THEN BEGIN         ComputedWithholdTax.RESET;         ComputedWithholdTax.SETRANGE("Document No.",DocNo);         IF ComputedWithholdTax.FINDFIRST THEN BEGIN// End of the deleted lines.            IF NOT ApplyInGenJnlLine THEN              ERROR(Text1130023)            ELSE BEGIN...

置換用コード 1

...UNTIL OldCustLedgEntry.NEXT = 0;      END;// Add the following lines.     PROCEDURE CheckWithholdTax@1170000000(DocType@1170000000 : ' ,,Invoice,Credit Memo';DocNo@1170000001 : Code[20];GenJnlLine@1170000002 : Record 81;ApplyInGenJnlLine@1170000003 : Boolean);     VAR       ComputedWithholdTax@1170000004 : Record 12111;       TmpWithholdingContribution@1170000005 : Record 12113;     BEGIN       IF (DocType IN [DocType::Invoice,DocType::"Credit Memo"]) AND          (GenJnlLine."Document Type" IN [GenJnlLine."Document Type"::Payment,GenJnlLine."Document Type"::Refund])       THEN BEGIN         ComputedWithholdTax.RESET;         ComputedWithholdTax.SETRANGE("Document No.",DocNo);         IF NOT ComputedWithholdTax.ISEMPTY THEN// End of the added lines.            IF NOT ApplyInGenJnlLine THEN              ERROR(Text1130023)            ELSE BEGIN...

既存のコード 2

...ELSE BEGIN              TmpWithholdingContribution.RESET;              TmpWithholdingContribution.SETRANGE("Invoice No.",DocNo);// Delete the following lines.             IF NOT TmpWithholdingContribution.FINDFIRST THEN BEGIN               WithholdCode.GET(ComputedWithholdTax."Withholding Tax Code");               WithholdCode.TESTFIELD("Withholding Taxes Payable Acc.");               IF NOT((GenJnlLine."Bal. Account Type" = GenJnlLine."Bal. Account Type"::"G/L Account") AND                  (GenJnlLine."Bal. Account No." = WithholdCode."Withholding Taxes Payable Acc.")) THEN                 ERROR(Text1130023);             END;           END;         END;// End of the deleted lines.        END;      END;...

置換用コード 2

...ELSE BEGIN              TmpWithholdingContribution.RESET;              TmpWithholdingContribution.SETRANGE("Invoice No.",DocNo);// Add the following lines.             IF TmpWithholdingContribution.ISEMPTY THEN               IF (GenJnlLine."Bal. Account Type" <> GenJnlLine."Bal. Account Type"::"G/L Account") THEN                 ERROR(Text1130023);           END;// End of the added lines.        END;      END;...

前提条件

この修正プログラムを適用するインストールされている以下の製品のいずれかが必要です。
  • イタリア語版の Microsoft Dynamics NAV 2009 のサービス パック 1
  • イタリア語版の Microsoft Dynamics NAV 2009 の R2

削除情報

この修正プログラムを削除することはできません。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
メモ これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された「高速公開」の記事です。ここに含まれる情報は、緊急案件に対応する目的で現状のまま提供されています。早く利用できるようにすることを優先したため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改訂される場合があります。参照してください。 使用条件 その他の考慮事項については。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2882916 - 最終更新日: 10/16/2013 08:08:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Dynamics NAV 2009

  • kbqfe kbmbsmigrate kbsurveynew kbmbscodefix kbmt KB2882916 KbMtja
フィードバック