Sysprep.exe を使用した後に暗号化されたファイルにアクセスできません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

288348
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
暗号化ファイル システム (EFS) を使用して、Windows 2000 ベースのコンピューター ファイルを暗号化するをアクセスまたは、コンピューター上で、システム準備ツール (Sysprep.exe) を実行する場合、これらのファイルを解読することが失われます。
原因
これは、ローカル コンピューターおよびユーザー アカウントのシステム準備ツール、セキュリティ識別子 (SID) を変更するためです。 システム準備ツールは、SID を変更後、古い暗号化キー動作しなくなります。 これは暗号化されたファイルの既定の回復エージェントは、ローカル管理者アカウントについても。
回避策
この問題を回避するには、実行しないように Sysprep.exe EFS で暗号化されたファイルがコンピューターでします。 場合を EFS で暗号化されたファイルを持つコンピューターで、Sysprep.exe を実行する必要があります、バックアップ、ローカル管理者の EFS 秘密キー、Sysprep.exe を実行し、後で復元する前に。 この方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
241201暗号化ファイル システムの秘密キーをバックアップする方法
状況
これは仕様によるものです。
詳細
コンピューターが、Windows 2000 ベースのドメインのメンバーで、ドメイン ユーザー アカウントを使用して、ファイルを暗号化する場合、EFS 回復エージェントのドメインを使用して暗号化されたファイルを回復することができます。

既にドメインの一部であるコンピューターを Sysprep.exe を使用することは勧めしません。
関連情報
Sysprep.exe の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
Sysprep exe

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:288348 - 最終更新日: 02/04/2014 14:08:02 - リビジョン: 3.4

  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • kbnosurvey kbarchive kbenv kbprb kbmt KB288348 KbMtja
フィードバック