[既存のファイルに上書きする] を無効化すると、既存のメモリダンプファイルが削除される

Support for Windows XP has ended

Microsoft ended support for Windows XP on April 8, 2014. This change has affected your software updates and security options. Learn what this means for you and how to stay protected.

Support for Windows Server 2003 ended on July 14, 2015

Microsoft ended support for Windows Server 2003 on July 14, 2015. This change has affected your software updates and security options. Learn what this means for you and how to stay protected.

現象
以下のシナリオを考えます。
  • メモリダンプファイルとページングファイルが異なるボリュームに設定されている
  • [起動と回復] の設定で [既存のファイルに上書きする] のチェックを外している

この条件で、既にメモリダンプファイルが存在している状態から STOP エラーが発生すると、既存のメモリダンプファイルは削除されてしまいます。また、新しいメモリダンプファイルも作成されずに、一時ファイルが残されます。

一時ファイルは、DUMPxxxx.tmp (xxxx はランダムな 4 桁の 16 進数)という名前で、Windows Vista Sp1, Windows Server 2008 以前の場合は Windows フォルダの配下に、Windows 7, Windows Server 2008 R2 以降の場合はブートドライブの直下に、それぞれ作成されます。

STOP エラーが発生する度にこの一時ファイルが新たに作成されるために、ボリュームの空き容量を圧迫する可能性があります。
原因
ページングファイルとメモリダンプファイルの保存先が異なる場合、STOP エラー発生後の再起動の初期段階で SMSS.EXE プロセスが pagefile.sys から同じドライブの一時ファイル (DUMPxxxx.tmp) として名前を変更します。

この一時ファイルをメモリダンプの保存先へコピーする際の処理に不具合があるために本現象が発生します。
回避策
以下の何れかの方法を検討してください。

1. [既存のファイルに上書きする] にチェックをつけて上書きされるように変更します。

2. 既存のメモリダンプファイルに読み取り属性を設定し、次回 STOP エラー発生時に既存のメモリダンプファイルが削除されないようにします。また、一時ファイルを削除します。

以下の例のようなバッチファイルを作成し、タスクスケジューラーなどからシステムの起動時にバッチファイルが実行されるように設定します。

REM Windows Vista Sp1, Windows Server 2008 以前の場合attrib +R E:\memory.dmpdel %SystemRoot%\DUMP????.tmp

REM Windows 7, Windows Server 2008 R2 以降の場合attrib +R E:\memory.dmpdel %SystemDrive%\DUMP????.tmp

注)上記例では E: ドライブのルートに memory.dmp という名前でメモリダンプファイルを保存した場合を示しています。
再度 [既存のファイルに上書きする] を有効にする場合は、既存のメモリダンプの読み取り専用属性を外してください。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
Windows Vista Sp2 および Windows Server 2008 Sp2 では本現象は発生しません。


関連情報
Windows 8 および Windows Server 2012 については以下のリンクを参照してください。

Existing memory dump file is removed if you turn off the 'Overwrite any existing file' option in Windows 8 and Windows Server 2012 (2851299)


注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2883807 - 最終更新日: 10/31/2016 09:38:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Web Edition, Windows Vista Business, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Premium, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Foundation, Windows Server 2008 Standard, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Foundation, Windows Server 2008 R2 Standard

  • kbnofix KB2883807
フィードバック