[XADM] サーバーを削除後に Config_CA の複製がイベント ID 8146 で停止する

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP288392
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
管理グループ内の最後の Exchange 2000 サーバーを削除してから、Config_CA で「今すぐ複製」を行って、削除されたサーバー オブジェクトを Exchange Server 5.5 ディレクトリに複製しようとすると、Config_CA が停止して、以下のようなエラー メッセージがイベント ログに出力される場合があります。
ソース :MSADC
分類 :Replication
イベント ID:8146
"サーバー 'サーバー名' での処理により [0x2] Protocol Error が返されました。接続許可書 Config CA_AG_SERVER の実行を停止しました。"
原因
この問題は、管理グループから最後の Exchange 2000 サーバーが削除された後も、従来の GWART 上の RID (Routing Information Daemon) サーバーが削除済みのサーバー オブジェクトをポイントしたままになっている場合に発生する可能性があります。Config_CA の[今すぐ複製] により識別名 (DN とも言う) のポイント先であるオブジェクトの読み取りが試行される際に、プロトコル エラーが返されて、Config_CA 接続許可書で例外が報告されるため、処理が停止されます。
回避策
この問題を回避するには、管理グループを削除します。Config_CA は回復し、処理を再開します。
状況
マイクロソフトでは、これが Microsoft Exchange 2000 Server にかかわる問題であることを確認しております。
この問題は、Microsoft Exchange 2000 Server Service Pack 1 で修正されております。

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しており、現在調査中です。詳細がわかり次第、「サポート技術情報」にてお知らせする予定です。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 288392 (最終更新日 2001-05-07) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:288392 - 最終更新日: 01/28/2014 23:48:38 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbexchange2000sp1fix kbpending KB288392
フィードバック