現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

クイック実行バージョンの Outlook 2013 と Outlook のほかのバージョンの混在環境において、Outlook 2013 は IOlkAccountManager を使用する場合、意図せずに Outlook 2013 ではないバージョンのプロファイルを参照する

現象
クイック実行でインストール した Outlook 2013 と Outlook のほかのバージョンの混在環境では、IOlkAccountManager::Init をコールする際、常に Outlook 2013 より古いバージョンの Olmapi32.dll を参照します。
そのため、Outlook 2013 で IOlkAccountManager を使用する場合、意図せずに Outlook 2013 ではないバージョンのプロファイルを参照します。

原因
例えば Outlook 2010 をインストールした際、以下の Outlook 2010 CLSID_OlkAccountManager クラスのレジストリが作成されます。

キー : HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{ED475410-B0D6-11D2-8C3B-00104B2A6676}\InprocServer32
値の名前 : (既定)
値の種類 : REG_SZ
値のデータ : C:\PROGRA~2\MICROS~1\Office14\OLMAPI32.DLL

しかし、その環境にクイック実行で Outlook 2013 を追加でインストールした場合、上記レジストリの値は Outlook 2013 の Olmapi32.dll のパスに更新されません。
解決方法
回避策
状況
この動作はクイック実行バージョンの Outlook 2013 における制限事項です。
詳細
関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2884772 - 最終更新日: 09/20/2016 12:18:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Outlook 2013

  • KB2884772
フィードバック
/script>