[XADM] 埋め込みメッセージの件名のプレフィックスが長いために Exchange 2000 Server JET データベースが予期せず終了する

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP288524
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Exchange 2000 JET データベースが予期せず終了する場合があります。このとき、コール スタックを表示させると次のようになります。
ChildEBP RetAddr  Args to Child47d4e05c 61d51cbb 00000000 3a121ae0 0000021c MSVCRT!wcslen+0x447d4e070 61d51a97 00000000 3afed180 2fc16960 JCB!StripTrailingWhiteSpace+0xe47d4e73c 001c0ff6 3a121ae0 00000005 3afed180 JCB!EcJcbFabricateURLCompNameCallback+0x54f47d4e77c 001b8cb8 3a14b890 00000080 80000280 ESE!ErrRECICallback+0x8c47d4e7a8 001c1686 00000080 80000280 055d168c ESE!ErrRECCallback+0x6747d4e80c 001c1386 00000005 47d4e828 3afed180 ESE!ErrRECRetrieveColumns+0x3bf47d4e828 001c134e 055d15d8 00000005 05562820 ESE!ErrIsamRetrieveColumns+0x3947d4e840 001c12bc 055d15d8 00000005 05562820 ESE!JetRetrieveColumnsEx+0x4f47d4e878 004059bc 3a121ae0 3afed180 055d15d8 ESE!JetRetrieveColumns+0x5e47d4e898 00405767 055d15d8 00000005 00000001 store!JTAB_BASE__EcRetrieveColumns+0xd347d4e8b8 00404402 05562820 000004b0 47d4ebc8 store!JTAB_BASE__EcLoadCache+0xef47d4e8e8 00404dd4 47d4eb64 47d4e923 00000001 store!JTAB_BASE__EcRetrieveColumnByPtagid+0xf847d4eb40 0040531d 47d4eb64 47d4ebc8 000004b0 store!JTAB_BASE__EcGetPropByPtagid+0xb147d4eb6c 0040b52b 0e62000b 47d4ebc8 000004b0 store!JTAB_BASE__EcGetProp+0x3847d4ebe4 00441d9c 055222b8 00000000 0532a298 store!EcGetURLCompNameWithPostfix+0x6447d4ec28 00441ade 056667d8 47d4ec68 00000001 store!EcGetNewPostfix+0x37947d4ec54 004419e7 0532a298 055222b8 00000001 store!EcGetUniqueURLCompName+0xb647d4ec7c 00444a3f 47d4f04c 0532a298 00000000 store!EcSetHashAndResolveURLCompName+0x5b47d4ed8c 00449e18 09a53810 00000000 47d4f038 store!OMSG__EcInsertMsgFolder+0xe8747d4efc8 00717056 47d4f04c 47d4f038 47d4f074 store!OMSG__EcDeliver+0xec1
Exchange 2000 インフォメーション ストアでは JET データベース (Ese.dll) が使用され、JET データベースでは Jcb.dll (JET コール バック) ファイルが使用されます。このトラップは、例外で囲まれた JET コール内で発生するため、JET の例外として報告されますが、実際は、このトラップは Jcb.dll ファイル内の論理エラーの結果として発生します。Exchange 2000 サーバーの Store.exe プログラムは JET データベースに依存しているため、この問題が発生すると、Store.exe プログラムも予期せず終了します。
原因
この問題は、埋め込みメッセージの中に長い件名プレフィックスが存在する場合に、JET によってオブジェクトの URL (Uniform Resource Locator) が誤って作成されると発生する可能性があります。
解決方法
この問題の修正プログラムをダウンロードする方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
291222 XGEN: Rollup of Selected Exchange 2000 Server Post-Release Fixes
修正プログラム (英語版) の属性は次のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。

コンポーネント : JET

Jcb.dll6.0.4418.60
状況
マイクロソフトでは、これが Microsoft Exchange 2000 Server にかかわる問題であることを確認済みです。

この問題は Microsoft Exchange 2000 Server Service Pack 1 で修正済みです。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 288524 (最終更新日 2001-06-23) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:288524 - 最終更新日: 02/13/2014 18:33:14 - リビジョン: 1.0

Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix KB288524
フィードバック
ERROR: at System.Diagnostics.Process.Kill() at Microsoft.Support.SEOInfrastructureService.PhantomJS.PhantomJSRunner.WaitForExit(Process process, Int32 waitTime, StringBuilder dataBuilder, Boolean isTotalProcessTimeout)