現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows Server 2008、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows 8 の Windows Server 2012 の KMS ホスト に Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2をKMSクライアントとして追加する更新プログラム

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2885698
はじめに
この更新プログラムは、Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows 8 では、および Windows Server 2012 Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 のエンタープライズのライセンスを有効にするのにはキー マネージメント サービス (KMS) を拡張します。

KMS では、以下の KMS クライアントがアクティベーションのサポートを提供します。
  • Windows Vista
  • Windows サーバー 2008
  • Windows 7
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows 8
  • Windows Server 2012
  • Windows 8.1
  • Windows Server 2012 R2
KMS は、KMS ホスト上で自分自身をアクティブにして、環境内でローカル ライセンス認証サービスを確立するために、KMS ホスト キーを使用します。この更新プログラムは、 KMS が Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 のライセンス認証を提供するためのサポートを拡張します。

注: この更新プログラムがインストールされていない Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 のシステムをアクティブにしようとしたとき次のエラーが発生します。

エラー: 0xC004F050 ソフトウェア ライセンス サービス プロダクト キーが有効ではないことを報告します。

詳細

更新プログラムの情報

Microsoft ダウンロード センター
次のファイルはマイクロソフト ダウンロード センターからダウンロードできます。
オペレーティング システム更新プログラム
サポートされているすべての x86 ベースのバージョンの Windows Vista および Windows Server 2008 のダウンロードパッケージを今すぐダウンロードします。
サポートされているすべての Windows Vista および Windows Server 2008 の x64 ベースのバージョンダウンロードパッケージを今すぐダウンロードします。
サポートされているすべての IA 64 ベースのバージョンの Windows Server 2008ダウンロードパッケージを今すぐダウンロードします。
サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows 7ダウンロードパッケージを今すぐダウンロードします。
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 7ダウンロードパッケージを今すぐダウンロードします。
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2ダウンロードパッケージを今すぐダウンロードします。
WindowsServer2008 の R2 の IA 64 ベースのバージョンがサポートされているすべてダウンロードパッケージを今すぐダウンロードします。
サポートされているすべての x 86 ベース バージョンの Windows 8 ダウンロードパッケージを今すぐダウンロードします。
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 8 ダウンロードパッケージを今すぐダウンロードします。
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows Server 2012 ダウンロードパッケージを今すぐダウンロードします。
Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、以下のオペレーティング システムのいずれかを実行している必要があります。
  • Windows Vista のサービス パック 2
  • Windows Server 2008 Service Pack 2
  • Windows 7 のサービス パック 1
  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1
  • Windows 8
  • Windows Server 2012

インストール手順

Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows 8 の場合、または Windows Server 2012 を実行している KMS ホストがあれば、アップグレードを実行する次の手順に従います。
  1. この更新プログラム (更新 2885698) をインストールします。
  2. これを行うにメッセージが表示されたら、コンピューターを再起動します。
  3. 新しい KMS ホスト キーは、Windows 8.1 のライセンス認証のため、Windows Server 2012 R2 のライセンス認証をインストールするには、次のコマンドを実行します。
    cscript %windir%\system32\slmgr.vbs /ipk <KMS host key>
    注: <b>このコマンドで、"<KMS host="" key="">"は、新しい KMS ホスト キー Windows 8.1 のライセンス認証または Windows Server 2012 R2 のライセンス認証のためのプレース ホルダーです。

    重要: すべての KMS ホスト キーは、Windows のエディションのグループに関連付けられます。さらに、Windows クライアント オペレーティング システムに関連付けられている KMS ホスト キーは、Windows サーバー オペレーティング システム、およびその逆にインストールできません。これは、Windows Server 2003 以外のすべての Windows オペレーティング システムに当てはまります。KMS ホスト キーをインストールすると、そのホストのキーに関連付けられていない Windows オペレーティング システムで、次のエラー メッセージが表示されます。</KMS>
    0xc004f015: ソフトウェア ライセンス サービスは、ライセンスがインストールされていないことを報告します。
    SL_E_PRODUCT_SKU_NOT_INSTALLED

    たとえば、以下の状況でこのエラー メッセージを表示可能性があります。
    • Windows Server 2008 R2 の KMS ホスト上で Windows 7 の KMS ホスト キー (CSVLK) をインストールしようとするとします。
    • Windows 8 の KMS ホスト キー (CSVLK) を Windows Server 2008 R2 の KMS ホストまたは Windows Server 2012 の KMS ホストにインストールしようとするとします。
    • Windows 8.1 の KMS ホスト キー (CSVLK) を Windows Server 2008 R2 の KMS ホストまたは Windows Server 2012 の KMS ホストまたは Windows Server 2012R2 KMS ホストにインストールしようとするとします。
  4. ホスト コンピューターで、新しい KMS ホスト キーをアクティブにするには、次のコマンドを実行します。
    cscript %windir%\system32\slmgr.vbs /ato
  5. 既存の Windows Vista または Windows Server 2008 の KMS ホストの場合は、次のコマンドを実行することによって、サービスを再起動します。
    net stop slsvc && net start slsvc
注: <b>情報については、Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 の KMS ホストは、オペレーティング ・ システムを起動できるは、次のマイクロソフト TechNet web ページの「キー管理サービスのライセンス認証の計画」セクションを参照してください。

レジストリ情報

この更新プログラムを適用するために、レジストリに変更を加える必要はありません。

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。
関連情報
ソフトウェア更新プログラム用語の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語について

プロパティ

文書番号:2885698 - 最終更新日: 04/08/2016 07:52:00 - リビジョン: 9.0

Windows Server 2008 Service Pack 2, Windows Server 2008 R2 Service Pack 1, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2012 Foundation, Windows Server 2012 Standard, Windows 7 Service Pack 1, Windows 8, Windows 8 Enterprise, Windows 8 Pro

  • kbfix atdownload kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbmt KB2885698 KbMtja
フィードバック
style="display: none; " src="https://c1.microsoft.com/c.gif?DI=4050&did=1&t=">