[XADM] マスタ結合の進行中に MSsearch を停止できない

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP288664
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
マスタ結合中に、サービス スナップインを使用して Microsoft Search サービス (MSsearch) を停止することができません。
解決方法
修正プログラム (英語版) の属性は次のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。

コンポーネント : MSsearch

Mssearch.exe9.107.6011.2

回避策
マスタ結合中に Microsoft Search サービスを停止する必要がある場合は、Kill.exe ユーティリティを使用して Mssearch.exe プロセスを停止します。
kill.exe -Fプロセス ID
Kill.exe ユーティリティの使用方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
171773 How to Eliminate a Hung Process without Restarting the Computer
171773[NT] 再起動を行わずにハング プロセスを終了する方法
状況
マイクロソフトでは、これが Microsoft Exchange 2000 Server にかかわる問題であることを確認済みです。この問題は Microsoft Exchange 2000 Server Service Pack 1 で修正済みです。
詳細
Exchange 2000 より以前のバージョンでは、マスタ結合は、カタログ ドライブの空き容量が 15% 未満になったときに開始されます。

Exchange 2000 SP1 以降での、マスタ結合開始のための新しい条件を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
288559 XADM: Slow Full Text Indexing and Query Performance
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 288664 (最終更新日 2001-06-23) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:288664 - 最終更新日: 02/04/2014 17:58:09 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbexchange2000presp1fix KB288664
フィードバック