現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ: Internet Explorer の脆弱性により、リモートでコードが実行される

マイクロソフトでは、この脆弱性に関する一般からの報告について調査を完了しました。Internet Explorer のメモリ破損の脆弱性 (CVE-2013-3893) を解決するため、MS13-080 セキュリティ情報を発行しました。利用可能なセキュリティ更新プログラムのダウンロード リンクを含む、この問題の詳細については、MS13-080 を確認してください。また、Internet Explorer 用の最新の累積的なセキュリティ更新プログラムをインストールすることを推奨します。この作業を実行する方法の詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラムの最新版の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
update security_patch security_update security bug flaw vulnerability malicious attacker exploit registry unauthenticated buffer overrun overflow specially-formed scope specially-crafted denial of service DoS TSE
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2887505 - 最終更新日: 10/14/2013 12:34:00 - リビジョン: 2.0

Internet Explorer 11, Windows Internet Explorer 10, Windows Internet Explorer 9, Windows Internet Explorer 8, Windows Internet Explorer 7, Microsoft Internet Explorer 6.0

  • kbexpertiseinter kbinfo kbsecadvisory kbsecurity kbsecvulnerability KB2887505
フィードバック