代理人と共有メールボックスで Office 365 専用/ITAR に送信済みアイテムを構成する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2887659
現象
次の方法のいずれかで送信済みアイテムの構成を変更する Microsoft Office 365 専用/ITAR。
  • 代理人が代理人と代理人の [送信済みアイテム フォルダーに格納されているの代わりに送信されたアイテムがあります。
  • 個人および共有の両方のメールボックスの送信済みアイテム フォルダーに格納されている共有されているメールボックスから送信されるアイテムがあります。
原因
この現象は、既定では設定されていません。
解決方法
Exchange 2010 の場合:

2632409 "送信者"および「代理送信」アクセス許可を使用して送信されたメッセージは、Exchange Server 2010年環境において、送信者の送信済みアイテム フォルダーにのみコピーします。


Exchange 2013:

この機能を有効にするには、true の場合、次のように機能を有効にするフラグを設定します。
  • 共有メールボックスから送信される電子メール。
    set-mailbox <mailbox name> -MessageCopyForSentAsEnabled $True
  • 共有メールボックスの代理で送信された電子メール。
    set-mailbox <mailbox name> -MessageCopyForSendOnBehalfEnabled $True
場合、この機能を無効にするには、次のように。
  • 共有メールボックスから送信される電子メール。
    set-mailbox <mailbox name> -MessageCopyForSentAsEnabled $False
  • 共有メールボックスの代理で送信された電子メール。
    set-mailbox <mailbox name> -MessageCopyForSendOnBehalfEnabled $False
送信者の送信済みアイテム フォルダーに共有されているメールボックスから送信されたメッセージを複製するクライアントのレジストリ キーを使用していた場合は、サーバー側でこの機能を有効にした場合、クライアントのレジストリ キーを削除してください。クライアントのレジストリ キーを削除しない場合 (サーバーが 1 つのクライアントのレジストリ キーで作成されたもの)、送信済みアイテム フォルダー内の重複するメッセージが表示ことがあります。詳細については、以下の KB 資料を参照してください。
972148共有メールボックスの送信済みアイテム フォルダーに送信したメッセージが保存されません Outlook 2007 の共有メールボックスから電子メール メッセージを送信するとき
詳細
ハイブリッド シナリオの詳細については、次を参照してください。 共有メールボックスを使用する場合は、送信済みアイテムをより細かく制御をするでしょうか。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2887659 - 最終更新日: 08/05/2016 10:28:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Business Productivity Online Dedicated, Microsoft Business Productivity Online Suite Federal

  • vkbportal226 kbmt KB2887659 KbMtja
フィードバック