Web ページのドロップダウン リスト ボックスでショートカット キーが機能しない

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP288832
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
デフォルトの入力ロケールとして、システム ロケール以外の言語を選択した場合、ドロップダウン リスト ボックスを持つ Web ページを表示すると、キーボード上の文字を押してもその文字で始まるエントリを参照できません。たとえば、ドロップダウン リスト ボックスが言語の一覧を含んでいる場合、F キーを押しても 文字 "F" で始まる言語を参照できません。

この構成では、マウスまたは↓キーを使用してリストをスクロールする必要があります。
原因
この現象は、Mshtml.dll がリスト内にある各項目の 1 文字目の大文字小文字を変換しようとするために発生します。入力ロケールがシステム ロケールと異なるので、戻り値がリストと一致しません。
解決方法
この問題を解決するには、Internet Explorer 5.5 の最新の Service Pack を入手してください。関連情報については、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の次の資料を参照してください。
276369 Internet Explorer 5.5 の最新の Service Pack を入手する方法

回避策
この現象を回避するには、Web ページの作成者はすべて小文字を使用して選択リスト内の項目をコード化します。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。この問題は Internet Explorer 5.5 Service Pack 2 で修正済みです。
プロパティ

文書番号:288832 - 最終更新日: 02/10/2014 05:47:34 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Internet Explorer 5.5
  • Microsoft Internet Explorer 5.5 Service Pack 1
  • Microsoft Internet Explorer 5.5
  • Microsoft Internet Explorer 5.5 Service Pack 1
  • Microsoft Internet Explorer 5.5
  • Microsoft Internet Explorer 5.5 Service Pack 1
  • Microsoft Internet Explorer 5.5
  • Microsoft Internet Explorer 5.5
  • Microsoft Internet Explorer 5.5
  • Microsoft Internet Explorer 5.5 Service Pack 1
  • kbnosurvey kbarchive kbfix kbenv kbprb kbie550presp2fix KB288832
フィードバック