修正プログラム適用後のログオン時に System Event Notification Service サービスに接続出来ない

現象
Windows Vista 以降の環境で、セキュリティ更新プログラムや修正プログラムの適用に伴ってシステムの再起動を実施した後、1 回目のログオン時に以下の エラーが発生する場合があります。

System Event Notification Service サービスに接続できませんでした。

また、ログオンするユーザーが管理者権限を持っていない場合、ログオン処理を継続する事が出来ません。 
原因
winlogon の初期化処理中に、System Event Notification Service サービスとのプロセス間通信が行われます。しかし、セキュリティ更新プログラムなどの適用処理によってシステム起動時に System Event Notification Service サービス内の処理が遅れた場合、winlogon 内の一部の初期化処理がエラーで終了するために発生します。
解決方法
回避策
もう一度、システムの再起動を実施した後にログオンしてください。 
状況
詳細
関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2891058 - 最終更新日: 09/29/2016 10:49:00 - リビジョン: 4.0

Windows Vista Business, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Ultimate, Windows Vista Home Premium

  • kbtshoot kbexpertiseinter KB2891058
フィードバック