パフォーマンスの問題、製品のクラッシュ、または 2015 の Visual Studio および Visual Studio 2013年でのレンダリングの問題が発生します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2894215
現象
ハードウェア アクセラレータが有効になっている場合や Microsoft Visual Studio 2015年」および「Visual Studio の 2013 既定の視覚効果設定を使用する場合は、断続的なパフォーマンスの問題製品のクラッシュ、またはレンダリングの問題が発生する可能性があります。(次のスクリーン ショットを参照してください)。

[オプション] ダイアログ ボックスのスクリーン ショット
原因
これらの問題は、インストールされているグラフィックス ・ ドライバーのバグのため発生します。

注: <b>小規模ですが重要な一連のパフォーマンスと信頼性の問題、インストールされているグラフィックス ・ ドライバーのバグによって発生する、Microsoft Visual Studio チームを続けてきました。既定では、Visual Studio は、ビジュアル ・ エクスペリエンス クライアント構成でのパフォーマンスと応答性を最大化するため自動的に調整します。Visual Studio クライアントで利用可能である場合もハードウェアのアクセラレータを使用します。Visual Studio の既定の設定ほとんどのお客様にとって、最適なユーザー エクスペリエンスを提供します。ただし、一部のユーザーがこれらの設定を手動調整するエクスペリエンス向上されることが報告します。Visual Studio でこれらの調整方法をについて説明します。
回避策
これらの問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。
  • 最新グラフィックス ・ ドライバーをインストールします。

    注: <b> 古いドライバーは、WPF のレンダリングの問題の一般的な原因です。
  • ソフトウェア レンダリングに切り替えるにはハードウェアのグラフィック アクセラレータをオフにします。次の方法のいずれかを使用します。
    方法 1
    1. Visual Studio は、[ツール] メニューで [オプション] をクリックします。
    2. オプション] ダイアログ ボックスで、クライアントのパフォーマンスに基づいて視覚的効果を自動的に調整] チェック ボックスをオフにします。(次のスクリーン ショットここを参照してください)。

      この手順のスクリーン ショット
    3. 利用可能な場合ハードウェアのグラフィック アクセラレータを使用するチェック ボックスをオフ、ハードウェアのアクセラレータの使用を防止します。
    4. オンまたはを豊富なビジュアルが常にオンまたはオフ、それぞれを確認するリッチ クライアントの視覚効果を有効にするチェック ボックスをオフします。このチェック ボックスをオン、コンピューター環境に依存しない豊富なビジュアルが使用されます。などリッチ クライアントおよびリモート デスクトップ経由で Visual Studio のローカルで実行する豊富なビジュアルが使用されます。
    方法 2
    ビジュアルの経験の領域で行われる自動調整の設定を無効にしますオプション。この Visual Studio 固有のレジストリ サブキーに次の値を指定します。

    [HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\VisualStudio\12.0\General]"AutoAdjustExperience"=dword:00000000"VisualEffectsAllowed"=dword:00000000
    または、システム全体を変更する場合は、次のレジストリ サブキーの値を指定します。

    [HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Avalon.Graphics]"DisableHWAcceleration"=dword:00000001
    次の値を指定することによってこの設定を解除できます。

    [HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Avalon.Graphics]"DisableHWAcceleration"=dword:00000000

    これらの設定をオーバーライドする場合、レンダリング パフォーマンスの問題が発生して解決しようとしている問題が解決しない場合、または新しい場合はこれらの設定を既定値に戻すことを検討してください。クライアントのパフォーマンスに基づいて視覚的効果を自動的に調整] チェック ボックスを選択します。

    注: <b> 既定では、仮想マシン環境で HYPER-V を有効に、サーバーで Visual Studio を実行すると Visual Studio は使用されませんハードウェアのグラフィック アクセラレータ。Visual Studio また、リッチ クライアントを提供しない視覚効果。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
グラフィックスに関する問題のトラブルシューティング方法については、資料、マイクロソフト サポート技術を参照する次の文書番号をクリックします。

963021 WPF アプリケーションで、グラフィックに関する問題のトラブルシューティングのガイドライン

プロパティ

文書番号:2894215 - 最終更新日: 07/13/2015 21:12:00 - リビジョン: 2.0

Visual Studio Professional 2015, Visual Studio Enterprise 2015, Visual Studio Test Professional 2015, Microsoft Visual Studio Professional 2013, Microsoft Visual Studio Premium 2013, Microsoft Visual Studio Ultimate 2013, Microsoft Visual Studio Test Professional 2013, Microsoft Visual Studio Express 2013 Preview for Windows, Microsoft Visual Studio Express 2013 Preview for Windows Desktop

  • kbexpertiseinter kbsurveynew kbprb kbmt KB2894215 KbMtja
フィードバック