タスク シーケンスでは、ソフトウェア更新プログラムには、何回か再起動が必要な場合は、構成マネージャーでが失敗しました。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2894518
現象
「ソフトウェア更新プログラムのインストール」の手順を使用する Microsoft システム センター構成マネージャーのタスク シーケンスでタスク シーケンスが正常にソフトウェアの更新のインストール タスクを実行した後に何回か再起動をトリガーするソフトウェア更新プログラムがインストールされることを想定しています。この状況では、タスク シーケンスは失敗し、次のエラー メッセージを生成します。

タスク シーケンスの環境が見つかりませんでした。

注: <b>更新プログラムのインストールタスク シーケンスのステップで、新しい再試行のオプションを使用してシステム センター 2012年構成マネージャー Service Pack 2 およびシステム センター 2012 R2 構成マネージャーのサービス パック 1年でこの問題を回避できます。詳細についてを参照してください、 ソフトウェア更新プログラムをインストールします。 Microsoft TechNet web サイトのドキュメントです。
原因
ソフトウェアの更新が開始した最初の再起動は、タスク シーケンスによって制御されます。ただし、2 つ目の再起動の要求が開始した Windows コンポーネント (通常は、コンポーネント ベース サービシング) およびタスク シーケンスで制御していません。したがって、2 つ目の再起動が、タスク シーケンスによって制御されないために、再起動する前にタスク シーケンスの実行状態は保存されません。とき、2 つ目の再起動後、タスク シーケンスが再開されると、状態は正常に続行するのには利用できません。
解決方法
この問題を解決するには、タスク シーケンスを使用するのではなく通常の構成マネージャーのソフトウェアの更新機能を使用してデュアルの再起動を必要とするすべての更新プログラムを適用することをお勧めします。以下のソフトウェア更新プログラムは、何回か再起動を要求するように報告されました。

注: <b>月 2016年を更新するこの資料が続行されます。「対象製品」セクションで参照されている構成マネージャーのサービス パック レベルは、メイン ストリーム サポートでなくなった。詳細についてを参照してください、 マイクロソフト サポート ライフ サイクル ポリシー.

3126446MS16 017: リモート デスクトップのディスプレイ ドライバーのセキュリティ更新プログラムの説明: 2016 年 2 月 9 日

3096053 年 2015年 9 月が Windows 8 と Windows Server 2012 の更新プログラムのサービスを提供

3075222 MS15-082: RDP は Windows のセキュリティ更新プログラムの説明: 2015 年 8 月 11 日

3067904 MS15-082: RDP の Windows セキュリティ更新プログラムの説明: 2015 年 7 月 14 日

3069762 MS15-067: RDP の Windows セキュリティ更新プログラムの説明: 2015 年 7 月 14 日

3003729 年 2015年 4 月が Windows 8 と Windows Server 2012 の更新プログラムのサービスを提供

3035017 MS15-030: リモート デスクトップ プロトコル用のセキュリティ更新プログラムの説明: 2015 年 3 月 10 日

3039976 MS15-030: リモート デスクトップ プロトコルの脆弱性により、サービスの拒否: 2015 年 3 月 10 日

3036493 MS15-030: リモート デスクトップ プロトコル用のセキュリティ更新プログラムの説明: 2015 年 3 月 10 日

3003743 MS14-074: リモート デスクトップ プロトコルの脆弱性により、セキュリティ機能のバイパス: 2014 年 11 月 11 日

Windows 7 または Windows Server 2008 R2 上の制限の管理用の 2984976 の RDP 8.0 更新

BitLocker がコンピューターにインストールされていない場合は、2981685 のセキュリティ更新プログラムをインストールすることはできません。

リモート デスクトップのセキュリティ リリースの Windows 8.1 システムでは、2919355 の更新プログラムがインストールされていないセキュリティ更新プログラムの 2966034 の説明: 2014 年 6 月 10 日

2965788 MS14-030: リモート デスクトップのセキュリティ リリースの Windows のセキュリティ更新プログラムの説明: 2014 年 6 月 10 日

失効の準拠していない UEFI モジュールの更新プログラムのロールアップの 2920189 の説明: 5 月 13 日

2862330 MS13-081: USB ドライバーのセキュリティ更新プログラムの説明: 2013 年 10 月 8 日

2871777、サービス スタックの更新プログラムが Windows RT、Windows 8、および Windows Server 2012: 年 2013年 9 月

2871690 のマイクロソフト セキュリティ アドバイザリ: 無効に準拠していない UEFI ブート ローダーのモジュールの更新

2821895、サービス スタック更新は、Windows RT と Windows 8 の使用: 2013年 6 月

2771431、サービス スタック更新は、Windows 8 と Windows Server 2012 の使用

Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターで Internet Explorer 9 でぼやけた感じにいくつかの主要なフォントで 2545698 のテキストが表示されます。

2529073 のバイナリ ファイルがいくつかの USB ドライバーでは、Windows 7 SP1 または Windows Server 2008 R2 の SP1 をインストールした後は更新されません。
詳細
タスク シーケンスでは、この 2 つ目の再起動は制御されません、ために、再起動する前に実行状態は保存されません。再起動後、タスク シーケンスが再開されるとときの状態は正常に続行するのには利用できません。さらに、この問題が発生した場合、次のメッセージを Smsts.log ファイルに記録される場合があります。

! sVolumeID.empty()、HRESULT = 80004005
! sTSMDataPath.empty()、HRESULT = 80070002
TS::Utility::GetTSMDataPath (sDataDir)、HRESULT = 80070002
ログ ディレクトリを設定できませんでした。いくつかの実行履歴が失われます。
指定されたファイルが見つかりません。(エラー: 80070002。ソース: Windows)
タスク シーケンスを実行します。
! sVolumeID.empty()、HRESULT = 80004005
! sTSMDataPath.empty()、HRESULT = 80070002
タスク シーケンスの環境が見つかりませんでした。

また、Microsoft システム センター 2012年構成マネージャー Service Pack 1 より前のリリース バージョンを実行しているクライアントには、次のログ エントリが含まれます。

タスク シーケンスが Windows PE で完了します。

注: <b>タスク シーケンスが失敗した後、クライアント コンピューターを準備モードでスタックも可能性があります。準備モードではをコンピューターかどうかを確認するのには、次のレジストリ サブキーを確認します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\CCM\CcmExec


ProvisioningModefalseに設定する必要があります。Trueに設定されている場合は、準備モードのうち、クライアントを実行するのには次の方法のいずれかを使用します。
  • モードを正しくプロビジョニングのクライアントを実行するのにには、Windows 管理インストルメンテーション (WMI) メソッドSetClientProvisioningModeを使用します。これを行う最も簡単な方法は、次の Windows PowerShell コマンドを実行するのには。
    Invoke-WmiMethod -Namespace root\CCM -Class SMS_Client -Name SetClientProvisioningMode -ArgumentList $false
    または、管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。

    powershell Invoke-WmiMethod -Namespace root\CCM -Class SMS_Client -Name SetClientProvisioningMode -ArgumentList $false
  • クライアントを再インストールします。
重要: False を指定するProvisioningModeの値を変更することによって、クライアントを修正しないでください。このアクション準備モードのうち、クライアントは完全に実行されません。

プロパティ

文書番号:2894518 - 最終更新日: 02/12/2016 00:10:00 - リビジョン: 9.0

Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 Standard, Windows 8.1, Windows 8, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Professional, Windows Vista Business, Windows Vista Business 64-bit edition, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Enterprise 64-bit edition, Microsoft System Center 2012 Configuration Manager, Microsoft System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1, Microsoft System Center 2012 R2 Configuration Manager, Microsoft System Center Configuration Manager 2007 R2, Microsoft System Center Configuration Manager 2007

  • kbmt KB2894518 KbMtja
フィードバック