現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

ServerXMLHTTP が動作するには Proxycfg ツールを実行する必要がある

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP289481
概要
Microsoft Win32 Internet (WinInet) の機能および XMLHTTP オブジェクトには制限があるため、サーバー間の HTTP 接続を確立できるように ServerXMLHTTP オブジェクトが作成されました。ServerXMLHTTP オブジェクトは WinInet に依存せず、新しい HTTP クライアント スタックを利用します。HTTP クライアント スタックは WinInet のサブセットであり、"server-safe" な接続を提供します。このような WinHTTP プロキシの設定を構成するには、プロキシ構成ユーティリティ (Proxycfg.exe) を使用することができます。
詳細
特にイントラネットでは、プロキシを使用してインターネットやその他のサーバーに接続しているかどうかにかかわらず、Proxycfg.exe を実行することが必要な場合があります。

ServerXMLHTTP コードを使用しても、Proxycfg を実行しなかった場合や、インストール後に IIS を再起動しなかった場合には、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
アクセスは拒否されました。
または
サーバー名またはアドレスは解決されませんでした。

Proxycfgc ツールの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
830605 WinHTTP 5.1 用の構成ツール Proxycfg.exe について

ProxyCfg を使用して WinHTTP を構成する方法

  1. ProxyCfg が System32 フォルダ内に存在することを確認します。存在しない場合は、上記の Service Pack またはソフトウェアのいずれかをインストールします。
  2. 使用するプロキシ サーバーがある場合は、その名前を確認します。
  3. コマンド プロンプトで、必要な設定を指定して proxycfg プログラムを実行します。プロキシ構成ユーティリティを使用して、コンピュータを構成します。
    • WinHTTP の現在のプロキシ設定を確認するには、proxycfg と入力します。デフォルトでは "直接アクセス" に設定されています (MSXML 3 SP1 またはそれ以前を使用している場合、"Not Set" となっている可能性があります)。デフォルトで使用するプロキシ設定を WinHTTP 用に構成するには、この時点で proxycfg -d と入力する必要があります。
    • サーバー間の接続でプロキシ サーバーを使用しない場合は、proxycfg -d と入力します。
    • サーバー間の接続でプロキシ サーバーを使用する場合は、proxycfg -p と入力し、使用するプロキシ サーバーの一覧をコマンド ラインに追加します。またオプションで、プロキシを介さずアクセスするサーバーの一覧を追加することもできます。プロキシ サーバーを使用する場合の指定形式、またはプロキシを使用しない場合の指定形式については、ReadMe.txt ファイルで確認できます。
    • WinInet からプロキシ情報をインポートして WinHTTP の設定に追加するには、proxycfg -u と入力します。
  4. Microsoft Internet Information Server (IIS) を停止し、再起動します。
proxycfg コマンド ラインの使用例を、以下にいくつか示します。
  • 例 1 : proxycfg -d -p myProxyServer:80 "<local>"

    この例は、Proxycfg.exe の最も一般的な使用法を示したものです。このコマンドでは、HTTP サーバーの場合でも HTTPS サーバーの場合でも、myProxyServer という名前のプロキシ サーバーとポート番号 80 を使用してサーバーにアクセスするように指定しています。ただし、ホスト名にピリオドが含まれていない場合は例外であり、-d オプションは無視されます。
  • 例 2 : proxycfg -p myProxyServer

    この例では、HTTP サーバーの場合でも HTTPS サーバーの場合でも、myProxyServer という名前のプロキシ サーバーを介してサーバーにアクセスするように指定しています。ここでは、プロキシ サーバーを使用しないサイトの一覧を指定していません。
  • 例 3 : proxycfg -p "http=http_proxy https=https_proxy" "<local>;*.microsoft.com"

    この例では、HTTP サーバーには http_proxy プロキシを介してアクセスし、HTTPS サーバーには https_proxy を介してアクセスするように指定しています。ただし、名前にピリオドを含まないローカルのイントラネット サイト (ホスト名など)、および *.microsoft.com ドメイン内の任意のサイトへのアクセスには、プロキシを使用しません。
関連情報
ServerXMLHTTP の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
281142 [PRB] HTTP 上で XML を読み込むと Load メソッドが失敗する
プロパティ

文書番号:289481 - 最終更新日: 10/26/2007 20:33:00 - リビジョン: 4.1

Microsoft XML Parser 3.0

  • kbinfo kbmsxmlnosweep kbproductlink KB289481
フィードバック