WSD プリンターへの印刷時に30 秒以上経過すると、印刷エラーのトーストが表示されることがあります

現象
次のシナリオについて考えてみましょう.
- Windows 8.1 を使用しています
- いくつかのドキュメントや、画像を印刷します
- WSD プリンターのバッファが満杯になり、データを受け取れない状況が 30 秒以上継続します
この状況では、ドキュメントの印刷中に ”印刷できませんでした (プリンター名称)” のエラー通知がトーストされます。
また、印刷ジョブのステータスが、”エラー – 印刷中” と表示されます。

注釈: この問題は、Windows 8 では発生しません。
原因
解決方法
回避策
表示されたエラー通知は、通知を行うのみであり、印刷処理はすぐにはキャンセルされません。
このため、印刷が正常に完了する場合には、トーストの表示を無視していただいても問題ございません。
状況
詳細
WSD ポート モニターは、HTTP 経由で WSD プリンターへメッセージを送信する際に、30 秒のタイムアウトを設定しています。
HTTP メッセージが 30 秒以内に送信できない場合には、WSD ポート モニターはエラーを返し、通知トーストが表示されます。
しかしながら、Windows のローカル印刷プロバイダーでは、ポート モニターのメッセージ送信にてエラーが発生しても、印刷ジョブがキャンセルされるか、WSD プリンターから JobCompletedState メッセージを受け取るまで、HTTP メッセージの送信を再試行します。
関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2896454 - 最終更新日: 09/29/2016 10:52:00 - リビジョン: 4.0

Windows 8.1, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro

  • KB2896454
フィードバック