Windows 8.1 で "PC のリフレッシュ" を実行すると、一部のファイルの関連付けが削除される

現象
Windows 8.1 で "PC のリフレッシュ" を実行すると、本作業の完了後、リフレッシュを実行したユーザー アカウントで、下記に列挙するファイルの関連付けの情報が削除されます。

- リフレッシュ作業後に関連付けが削除される拡張子の一例です。

.3g2
.3gp
.3gp2
.3gpp
.aac
.adt
.adts
.avi
.m4p
.m4v
.mov
.mp2
.mp3
.mp4
.mp4v
.mpa
.mpe
.mpeg
.mpg
.mts
.oxps
.ts
.tts
.wav
.wm
.wma
.wmv
.wpl
.xps
原因
"PC のリフレッシュ" を実行すると、ファイルの関連付けに関するレジストリ情報を含むユーザー情報がバックアップされます。
これらのファイルはリフレッシュ作業の最終段階でバックアップから復元されますが、レジストリ情報の一部が復元されず、本現象が発生します。
回避策
リフレッシュの実行後、これらの拡張子を持つファイルを開くとき、既定のアプリケーションとして設定しなおす必要があります。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2897700 - 最終更新日: 09/29/2016 10:54:00 - リビジョン: 5.0

Windows 8.1, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro

  • kbdeployment kbsetup kbhowto kbexpertisebeginner kbexpertiseinter KB2897700
フィードバック