現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Adobe リーダー X および Adobe リーダー XI は仮想化され、APP-V 5.0 を使用して展開

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2900929
概要
Adobe リーダー X および Adobe リーダー XI は仮想化およびマイクロソフト アプリケーションの仮想化 5 (APP-V 5) を使用して展開できます。
詳細
仮想化 APP-V 5.0 を使用して Adobe リーダー XI を展開する前に、次を確認します。
  • Adobe リーダー XI APP-V 5.0 を使用して展開をするときに、ProtectedMode の設定を無効にする必要があります。この設定を無効にするには以下の手順を実行します。
    1. レジストリ エディターを開き、次のレジストリ サブキーに移動します。
      HKEY_CURRENT_USER\Software\Adobe\Acrobat Reader\11.0
    2. 11.0を右クリックし、新規作成を選択キーをクリックします。
    3. キーの名前 特権.
    4. 特権の右をクリックし、[新規作成REG_DWORD名前付き値bProtectedMode.
    5. 値を設定します。 bProtectedMode0 (ゼロ) です。
    6. レジストリ エディターを終了します。
  • 使用して、更新プログラムのチェック、 更新プログラムの確認オプションで、 ヘルプメニューが機能しないため、仮想環境では、バイナリを更新できません。
サード ・ パーティ情報免責事項

この資料に記載されているサード パーティ製品は、マイクロソフトに関係しない会社によって製造されています。マイクロソフトは、明示的または黙示的に関わらず、これらの製品に関するパフォーマンスや信頼性について保証しません。
APP-V 5.0 アプリケーション仮想化 Adobe リーダー XI Adobe Reader 11

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2900929 - 最終更新日: 03/27/2014 01:54:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Application Virtualization 5.0 for Terminal Services, Microsoft Application Virtualization 5.0 for Remote Desktop Services Service Pack 2, Microsoft Application Virtualization 5.0 for Windows Desktops, Microsoft Application Virtualization 5.0 for Windows Desktops Service Pack 1, Microsoft Application Virtualization 5.0 for Windows Desktops Service Pack 2

  • kbhowto kbexpertisebeginner kbsurveynew kbmt KB2900929 KbMtja
フィードバック
ml>