現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows Server 2012 の R2 に取り付けられている Lync Server 2013 のフロント エンド サーバーでログに記録はイベント Id 32402、61045

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2901554
現象
イベント Id 32402、61045 が R2 の Windows Server 2012 を実行しているコンピューターにインストールされているマイクロソフトの Lync Server 2013 フロント エンド サーバーに記録されます。

さらに、次の現象が発生します。
  • Microsoft Lync 2013、Microsoft Lync 2010、または Microsoft Office Communicator 2007年の R2 のクライアントは、Lync Server 2013、または Lync Server 2010 会議のモダリティを使用して会議に参加できません。
  • Lync 2013、Lync 2010 または Office Communicator 2007 の R2 のクライアントに対して、Microsoft Exchange 2013 統合連絡先ストア (UCS) が無効になっている連絡先の情報は表示されません。
この問題が発生した場合は、Lync Server 2013 のイベント ログに次のイベントが記録されます。

イベント ID 32042
Lync Server のログ名:
ユーザー サービスのソース: %1!
日付: 10/15 2013年 4時 02分: 05 AM
イベント ID: 32042
タスクのカテゴリ: (1006)
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: 該当なし
コンピューター: LyncFE01.contoso.local
説明:
無効な着信 HTTPS 証明書です。
サブジェクト名: LyncFE01.contoso.local 発行者: Contoso CA

原因: 可能性がある場合は、HTTPS 証明書は有効期限が切れたか信頼されていません。証明書のシリアル番号が参照用に添付されます。

解決方法: リモート サーバーを確認を確認してください証明書が有効であります。また、発行者の完全な証明書チェーンが、ローカル コンピューターに存在確認します。

イベント 61045
Lync Server のログ名:
ソース: LS MCU のインフラストラクチャ
日付: 10/15 2013年 4時 02分: 20 AM
イベント ID: 61045
タスクのカテゴリ: (1022)
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: 該当なし
コンピューター: LyncFE01.contoso.local
説明: DATAMCU、C3P チャンネル (HTTPS 接続の場合) 経由でフロント エンドの接続が維持できませんでした。
Web 会議サーバーに https://LyncFE01.contoso.local:444/LiveServer/Focus にフォーカスの C3P 通知を送信できませんでした。

原因: フロント エンドが正しく動作していない、または MCU から (HTTPS 接続を切断)、ネットワーク経由では到達できません。損なわれたり、C3P チャネルの会議の制御に影響を与える、防ぐことができますもユーザーへの参加、会議の開始。

解決方法: は、フロント エンド サーバーが正しく実行されていると、MCU とフロント エンド サーバー間にネットワーク接続と HTTPS 接続を確立することを確認します。
原因
R2 の Windows Server 2012 での TLS セッションがキャッシュされる方法に加えられた変更のための R2 の Windows Server 2012 で Lync Server 2013 のフロント エンド サーバーのインストール時にこの問題を発生可能性があります。これらの変更により、一部の Lync Server 2013 サーバー TCP ポート 444 が失敗するサーバー間またはサーバー間の通信に関連します。
回避策
重要なこのセクションの方法またはタスクには、レジストリを変更するための手順が記載されています。ただし、レジストリが正しく変更されないと、深刻な問題が発生することがあります。そのため、次の手順に慎重に従ってください。また、念のため、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしておいてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。

この問題を解決するには、Lync Server 2013 のフロント エンド サーバーをホストしているすべてのコンピューターに、 Schannelレジストリ キー 0x0002の値に設定します。この変更は、システムにセッション チケットの TLS の最適化無効にします。

  • この値を無効にするには、システムのセキュリティを損なうことがなく。システムは、TLS セッション以前の Windows Server オペレーティング システムのセッションがネゴシエートされた通りの処理に戻ります。
  • Lync Server 2013 は、このレジストリの回避策を実行すると、R2 の Windows Server 2012 でサポートします。
  1. スタートをクリックして型 regedit [検索の開始ボックス、および [結果] ボックスの一覧で、 regedit.exe ] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKLM\System\CurrentControlSet\Control\SecurityProviders\Schannel
  3. Schannelを右クリックし、新しい DWORD (32 ビット) 値] をクリックします。
  4. タイプ EnableSessionTicket、し、Enter キーを押します。
  5. EnableSessionTicketを右クリックし、[変更] をクリックします。
  6. 既存の値を変更します。 2、し、Enter キーを押します。
  7. レジストリ エディターを終了します。
  8. Lync Server 管理シェルを開きます。
  9. 特定の順序で次の Lync サーバーの PowerShell コマンドを実行します。
    停止 CsWindowsService

    開始 CsWindowsService
詳細
レジストリをバックアップおよび復元する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 バックアップし、Windows XP では、レジストリを復元する方法
2012 R2 のサーバーの TLS セッション チケットの最適化を無効にする方法の詳細については、Microsoft TechNet の以下のトピックを参照してください。
サーバー r2 2012 lync server 2013 の tls エラー

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2901554 - 最終更新日: 11/24/2014 18:16:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Lync Server 2013

  • kbsurveynew kbmt KB2901554 KbMtja
フィードバック
m);