現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Exchange Server 2007 Service Pack 3 用の更新プログラムのロールアップ 12 の説明

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2903911
概要
Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 3 (SP3) を 2013 年 12 月 10 日公開の更新プログラムのロールアップの 12 をリリースしました。この資料は、更新プログラム ロールアップに関する以下の情報について説明したものです。
  • 更新プログラムのロールアップで解決される問題
  • 更新プログラムのロールアップの入手方法
  • 更新プログラムのロールアップをインストールするための前提条件
はじめに

更新プログラムのロールアップで解決される問題

Exchange Server 2007 SP3 で説明されている脆弱性を解決する更新プログラムのロールアップ 12 マイクロソフト セキュリティ情報 MS13-105.
解決方法

更新プログラムのロールアップの情報

ダウンロードして Exchange Server 2007 SP3 の更新プログラムのロールアップの 12 をインストールするには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
メモ マイクロソフトの更新プログラムは検出されません更新プログラムのロールアップの Exchange Server 2007年クラスター化された Exchange Server 2007年システム。

Exchange Server 2007年を実行している複数のコンピューターに、Exchange Server 2007 SP3 の更新プログラムのロールアップの 12 を配置することができます。また、Exchange Server 2007年を実行しているクラスター化されたサーバーに Exchange Server 2007 SP3 の更新プログラムのロールアップの 12 を配置することがあります。

更新プログラムのロールアップは、次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトからダウンロードできるも。 リリース日: 12 月 10日 2013。

重要:

再起動の必要性

この更新プログラムのロールアップを適用した後に再起動が必要とするサービスは自動的に再開されています。

削除情報

Exchange Server 2007 SP3 の更新プログラムのロールアップの 12 を削除、追加または削除プログラムコントロール パネルに移動します。次に、2903911 の更新プログラムを削除します。
関連情報
ソフトウェア更新プログラムを説明するためにマイクロソフトが使用している用語の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2903911 - 最終更新日: 12/11/2013 22:01:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 3

  • kbqfe kbfix kbhotfixrollup kbsurveynew kbexpertiseinter atdownload kbmt KB2903911 KbMtja
フィードバック