Azure PowerShell を使用して HYPER-V の設置型の既存のドメイン コント ローラーを Azure にアップロードする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2904015
概要
この資料では、Azure の PowerShell を使用して HYPER-V の設置型の既存のドメイン コント ローラーを Microsoft Azure にアップロードする方法について説明します。
詳細
設置のドメイン コント ローラーは、Azure に移動する次のコンポーネントが必要です。
  • システム ボリューム (SYSVOL) 共有ディレクトリ
  • Active Directory ドメイン サービス (AD DS) データベース
  • AD DS ログのオペレーティング システムと同じハード ディスクを共有していない 1 つまたは複数のドライブ上にあるファイル
などのオペレーティング システムと同じディスクを使用して別のボリューム上のこれらのコンポーネントは無効です。このような構成と、Jet データベースが不整合 Azure でオペレーティング システムのディスクにキャッシュの書き戻しが必要があるために有効になっている可能性があります。

詳細についてを参照してください、 ガイドラインWindows サーバーの Active Directory に Azure の仮想マシンを展開します。

施設内のドメイン コント ローラーを準備します。

アップロードまたはサービス (IaaS) として Azure インフラストラクチャに移動する設置型のドメイン コント ローラーを準備するのには以下の手順を実行します。
  1. ストレージ アカウントを作成します。
  2. 設置型のネットワークにサイト間仮想プライベート ネットワーク (VPN) で接続されている Azure の仮想ネットワークを作成します。
    1. Azure の仮想ネットワーク内のサブネットを作成します。
    2. Azure の仮想ネットワーク上の設置型のドメイン ネーム システム (DNS) サーバーを定義します。これは、オンプレミス ドメイン コント ローラーを検索するのには Azure で実行されている仮想マシンを使用するサーバーです。
  3. Azure の仮想マシンを作成します。
    • フォレスト内の唯一のドメイン コント ローラーをアップロードする場合は、手順 5 に進んでください。
    • 既存のドメインの追加ドメイン コント ローラーをアップロードする場合は、Azure でオンラインにすると、ドメイン コント ローラーが他のドメイン コント ローラーを検索するかどうかを確認するのには Azure の仮想ネットワークの設置、DNS サーバーを定義してください。
  4. 次のコマンドを実行します。
    diskpart san ポリシー = onlineall
  5. StopReplicationOnAutoRecovery値は、ドメイン コント ローラーのレジストリに存在している場合は、それが分散ファイル システム レプリケーション (DFSR) 自動復旧プロセスが発生しなければならない場合にゼロ (0) に設定されているを確認します。

    StopReplicationOnAutoRecoveryレジストリ値については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

    2846759 DFSREvent ID 2213 は、Windows Server 2008 R2 と Windows Server 2012 でログオンしています。
  6. コンピューターを再起動する前に、自動(動的)ip アドレスと DNS の設定を設定します。

ホストを準備します。

仮想マシンをアップロードするホストを準備するのには以下の手順を実行します。
  1. ダウンロードして最新版をインストールします。 Azure PowerShellAzure のダウンロードの web ページに記載されているバージョンです。
  2. 昇格した特権の Azure の PowerShell コマンド プロンプト ウィンドウを開き、実行、Get AzurePublishSettingsFile コマンドです。

    注: <b>このコマンドでは、ブラウザーのインスタンスを起動し、https://windows.azure.com/download/publishprofile.aspx に接続します。Azure アカウントにサインインしているときに管理証明書を保存するように求められます (Azure アカウントの管理資格情報が含まれています)、.publishsettings ファイルにします。
  3. ダウンロードした .publishsettings ファイルをインポートするには、次のコマンドを実行します。

    Import-AzurePublishSettingsFile <path to folder that contains .publishsettings file>

設置型の Vhd をアップロードします。

Azure ストレージ アカウントに、設置型の仮想ハード ディスクをアップロードして、Azure の仮想マシンでドメイン コント ローラーを作成します。これを行うには、ように、コマンドを使用して以下の手順をします。
  1. Azure の PowerShell を起動し、実行して、サブスクリプションの名前を取得しますGet AzureSubscription コマンドです。

    $subscriptionName = 'マイ サブスクリプション'
  2. 実行して、ストレージ アカウント名を取得します Get AzureStorageAccount コマンドです。

    $storageAccountName = 'MY_STORAGE_ACCOUNT'
  3. 新しく作成された仮想ハード ディスクを格納するストレージ アカウントの場所を指定します。

    セット-AzureSubscription-SubscriptionName $subscriptionName CurrentStorageAccount $storageAccountName
  4. (複数のサブスクリプションがサポートされます)、適切なサブスクリプションを選択します。

    [AzureSubscription-SubscriptionName $subscriptionName
  5. Azure の場所およびストレージ アカウントを使用して実行するアフィニティ グループの名前を取得します Get AzureAffinityGroup コマンドです。

    $location = 'Azure_Location'
    $affinity = 'AFFINITY_GROUP_NAME'
  6. いずれかの方法として、仮想マシンのサイズを指定します。 小さな, [中], 大規模です、または 巨大です.

    $instanceSize = '中'
  7. クラウド サービス名を指定します。実行、テスト-AzureName-サービス 'CLOUD_SERVICE_NAME'、名前が既に使用されているかどうかを確認します。"False"の戻り値は、名前を使用することを示します。

    $serviceName = 'CLOUD_SERVICE_NAME'
  8. 仮想ネットワークと仮想マシンを実行するサブネットを指定します。実行します Get AzureVNetSite [名前] 値と [サブネット] の値で使用可能なサブネットの一覧の仮想ネットワーク名を取得するコマンドです。

    $vnet = 'VIRTUAL_NETWORK_NAME'
    $subnet = 'SUBNET_NAME_IN_YOUR_AZURE_NETWORK'
  9. サーバー名を入力します。

    $vmname1 = 'MY_VM_NAME'
  10. アップロードするのには、バーチャル ハード_ディスクのパスを入力します。

    $sourceosvhd = ' C:\MyVHDsDC1OSDisk.vhd'
    $sourcedatavhd = ' C:\MyVHDsDC1DataDisk.vhd'
  11. 仮想ハード ディスクをアップロードするアップロード先を提供します。

    $destosvhd = 'https://' + $storageAccountName + '.blob.core.windows.net/uploads/DC1OSDisk.vhd'
    $destdatavhd = 'https://' + $storageAccountName + '.blob.core.windows.net/uploads/DC1DataDisk.vhd'
    追加-AzureVhd-LocalFilePath $sourceosvhd-$destosvhd の宛先
    追加-AzureVhd-LocalFilePath $sourcedatavhd-$destdatavhd の宛先
    追加 AzureDisk OS Windows - MediaLocation $destosvhd - &lt; 'DC1OSDisk'
    追加-AzureDisk-MediaLocation $destdatavhd - &lt; 'DC1DataDisk'
    $migratedVM = New AzureVMConfig-$vmname1 &lt; 'DC1OSDisk' InstanceSize$ instanceSize の名前。追加 AzureDataDisk-&lt; 'DCDataDisk' のインポートの LUN 0 |追加 AzureEndpoint の名前の 'リモート デスクトップ' ローカル ポート 3389 - プロトコル tcp
    セット-AzureSubnet-SubnetNames $subnet VM $migratedVM
    AzureVM で新しいアドレスの $serviceName-$location の場所-Vm $migratedVM $vnet を VNetName AffinityGroup $affinity
  12. 一時的なボリュームにシステム管理ページのファイルを移動する仮想マシンを起動し、仮想マシンを再起動します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2904015 - 最終更新日: 09/23/2015 16:04:00 - リビジョン: 6.0

Microsoft Azure Cloud Services

  • kbhowto kbexpertiseinter kbsurveynew kbmt KB2904015 KbMtja
フィードバック