インフラストラクチャ マスター役割の強制転送を行っても、アプリケーション パーティションの fSMORoleOwner 属性の値が変更されません

現象
ドメイン コントローラー上でインフラストラクチャ マスター役割の強制転送 (Seize) を行っても、 アプリケーション パーティションにおける Infrastructure オブジェクトの fSMORoleOwner 属性が変更されず、強制転送前のドメイン コントローラーの情報が残ります。

既定ではアプリケーション パーティションとして DomainDnsZones や ForestDnsZones が存在しており、これらのパーティションが影響を受けます。

これにより、 以下のような現象が発生します。

Adprep /rodcprep コマンドの実行に失敗する

Adprep /rodcprep コマンドを実行すると、「Adprep は、パーティション DC=DomainDnsZones,DC=Contoso,DC=com のレプリカに接続できませんでした。 」というエラー メッセージが表示されます。

ドメイン コントローラーの降格が行えない

ドメイン コントローラーの降格を行おうとすると、「ディレクトリ サービスで必須の構成情報が不足しているため、浮動単一マスター操作の役割に対する所有権を判断できません。」というエラー メッセージが表示され、降格ができません。

回避策
fSMORoleOwner 属性に格納されるドメイン コントローラーの情報を更新します。fSMORoleOwner 属性値については、手動での変更が可能です。 手動で正しいドメイン コントローラーの情報に変更することで、問題は解決します。

スクリプトを用いて fSMORoleOwner 属性値を自動的に変更する手順については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

http://support.microsoft.com/kb/949257/ja
状況
マイクロソフトでは、この問題を製品の問題として認識しています。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2904044 - 最終更新日: 09/20/2016 12:33:00 - リビジョン: 2.0

Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Standard

  • KB2904044
フィードバック