メールボックスを削除する方法収集専用の Office 365 および ITAR で保留中の訴訟状況

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2904857
概要
次のようなシナリオを想定してください。
  • パージする、収集でメールボックスを Microsoft Office 365 専用および ITAR でパフォーマンスの問題を解決しようとします。
  • メールボックスが訴訟ホールドに。
詳細
このタスクを実行するには、次の手順を実行します。

検出の管理役割ベースのアクセス制御 (RBAC) 役割グループのメンバーする必要があります。RBAC 役割グループの詳細については、以下の Office 365 web サイトの「セルフ サービスの管理」セクションでリストされている記事を参照してください。

  1. 証拠保全をメールボックスから削除します。Exchange 管理シェルで、次のコマンドレットを実行します。
    Set-Mailbox –IdentityUser@Domain.com -LitigationHoldEnabled:$False
  2. メールボックスに、 RetainDeletedItemsForパラメーターの値を設定します。RetainDeletedItemsForパラメーターは、削除済みアイテムを保存する時間の長さを指定します。値を指定するには、期間を入力します。期間の形式は次のとおりです。

    dd.hh:mm:ss
    この形式で"d"はを表す"h"は時間を表します、を表す"m"や"s"はを表します。

    など 1 週間の値を指定するを次のコマンドレットは、Exchange 管理シェルで実行します。

    Set-Mailbox –Identity User@Domain.com -RetainDeletedItemsFor 7:00:00:00
  3. メールボックスの管理フォルダー アシスタントを実行します。Exchange 管理シェルで、次のコマンドレットを実行します。

    Start-ManagedFolderAssistant –Identity User@Domain.com
    一般に、管理フォルダー アシスタントはサーバー上のすべてのメールボックスに対して 1 日 1 回を実行します。このコマンドは、単一のメールボックスを処理する即時の要求を送信します。によってメールボックスがかかる管理フォルダー アシスタントは、メールボックスの処理に。ここ Microsoft オンライン サービス サポートにエスカレーションする前に 1 日を待ちます。
  4. 証拠保全をするユーザーを復元します。Exchange 管理シェルで、次のコマンドレットを実行します。
    Set-Mailbox –Identity User@Domain.com -LitigationHoldEnabled:$True

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2904857 - 最終更新日: 07/15/2015 16:23:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Business Productivity Online Dedicated, Microsoft Business Productivity Online Suite Federal

  • vkbportal226 kbmt KB2904857 KbMtja
フィードバック