送信を設定する方法-Office 365 のメールボックスではないオブジェクトに対する権限として

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2905758
概要
送信を使用する-などの Microsoft Office 365 のメール連絡先またはメール ユーザー オブジェクトのメールボックスではないオブジェクトへの権限とします。

<b>この方法は通常お勧めできません、メッセージがメールボックスにないネイティブのサイトから発信するとなりすましが行われると見なすことができますので。ただし、まだ可能性がありますこの種のユーザーのビジネスが必要である右側。

解決方法
送信を設定する-として以外のメールボックス オブジェクトに対する権限は、これらの手順に従います。
  1. メールが有効なオブジェクトを作成し、上で Microsoft 管理サービス サービス提供プロバイダー (MMSSPP) をフローします。このオブジェクトには、メール連絡先またはメール ユーザーのいずれかのオブジェクトがあります。
  2. アイテムが管理対象の環境と同期するときは、リモート PowerShell コマンドを次のいずれかを使用してアクセス許可を設定します。(顧客管理ポータルに、Exchange 管理センターにならないように送信を追加する-メール連絡先またはメール ユーザーの権利として)。

    注: <b> メールボックスのアクセス許可の役割に基づくアクセス制御 (RBAC) 役割グループのメンバーでなければなりません。
    • Get-MailContact –Identity User@domain.com | Add-AdPermission –User Domain\User –AccessRights ExtendedRight –ExtendedRights Send-As 
    • Get-MailUser –Identity User@domain.com | Add-AdPermission –User Domain\User –AccessRights ExtendedRight –ExtendedRights Send-As

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2905758 - 最終更新日: 08/12/2016 08:22:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Business Productivity Online Dedicated, Microsoft Business Productivity Online Suite Federal

  • vkbportal226 kbmt KB2905758 KbMtja
フィードバック