[FIX] 完全外部結合を含む EXISTS でアクセス違反が発生する

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP290642
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
BUG #: 351266 (SHILOH_BUGS)
現象
FULL OUTER JOIN が含まれる EXISTS ステートメントを実行すると、アクセス違反が発生し、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
SqlDumpExceptionHandler: プロセス 51 で重大な例外 c0000005 EXCEPTION_ACCESS_VIOLATION が発生しました。SQL Server はこのプロセスを終了しています。接続が解除されました
SQL Server のエラー ログには、次のようなエラーが記録される場合があります。
******************************************************************************* * * BEGIN STACK DUMP: * 02/28/01 21:58:41 spid 51 * * Exception Address = 0055A73F (COptExpr::DeriveGroupProperties(unsigned long) + 00000016 Line 0+00000000) * Exception Code = c0000005 EXCEPTION_ACCESS_VIOLATION * Access Violation occurred reading address 00000014
解決方法
この問題を解決するには、SQL Server 2000 の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
290211 最新の SQL Server 2000 Service Pack の入手方法
状況
マイクロソフトでは、この問題を SQL Server 2000 の問題として認識しています。この問題は、SQL Server 2000 Service Pack 1 で最初に修正されました。
プロパティ

文書番号:290642 - 最終更新日: 01/16/2015 21:48:00 - リビジョン: 3.1

  • Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbsqlserv2000sp1fix KB290642
フィードバック