PowerPoint 2010 でファイルを開くときに異常終了する

現象
2012 年 8 月以降にリリースされた以下の Office 2010 の修正プログラムを適用し、Office 2010 の描画エンジン (Oart.dll) バージョンが 14.0.6126.5000 以上に更新された環境で、Microsoft PowerPoint 2010 を使用してファイルを開くと、PowerPoint 2010 が異常終了する場合があります。

 2687387 Description of the Office 2010 hotfix package (Gfx-x-none.msp; Oart-x-none.msp; Oartconv-x-none.msp): August 28, 2012

 2687607 Description of the Excel 2010 hotfix package (Excel-x-none.msp; Graph-x-none.msp; Oart-x-none.msp; Oartconv-x-none.msp): October 30, 2012

 2726883 Description of the Office 2010 hotfix package (Oartconv-x-none.msp, Oart-x-none.msp): December 11, 2012

 2553282 Description of the PowerPoint 2010 hotfix package (oart-x-none): December 11, 2012

 2760783 Description of the Office 2010 hotfix package (Oart-x-none.msp,Oartconv-x-none.msp): February 12, 2013

 2726898 Description of the Excel 2010 hotfix package (Excel-x-none.msp, Graph-x-none.msp, Oart-x-none.msp, Oartconv-x-none.msp): April 9, 2013

 2794691 Description of the Office 2010 hotfix package (Oart-x-none.msp; Oartconv-x-none.msp): April 9, 2013

 2817550 Description of the Office 2010 hotfix package (Oart-x-none.msp; Oartconv-x-none.msp): July 10, 2013

 2817549 Description of the Outlook 2010 hotfix package (Oart-x-none.msp): July 10, 2013

 2817590 Description of the Office 2010 hotfix package (Oart-x-none.msp): August 13, 2013

 2760763 Description of the Office 2010 hotfix package (Oartconv-x-none.msp): August 13, 2013

 2553157 Office 2010 更新プログラムの説明: 2013 年 9 月 10 日

 2826023 [MS13-085] Microsoft Office 2010 (Oart.dll) セキュリティ更新プログラムについて (2013 年 10 月 8 日)


Note :
Oart.dll は、Office 2010 のインストール先のフォルダ (既定では C:\Program Files\Microsoft Office\Office14) にあります。
バージョンを確認するには、エクスプローラで Oart.dll を選択して右クリックし、[プロパティ] の [詳細] タブにある [ファイル バージョン] を確認します。
解決方法
この問題は 2014 年 2月の更新プログラムにて修正されました。下記 Web サイトの手順を参考にして、2014 年 2月以降の更新プログラムを適用してください。

Description of the Office 2010 hotfix package (Oart-x-none.msp; Oartconv-x-none.msp) February 11, 2014

回避策
以下のいずれかの方法で回避します。

方法 1 : Office 2010 で回避する場合
[現象] セクションに記載した更新プログラムをすべてアンインストールして、Oart.dll のバージョンを 14.0.6126.5000 より前の状態に戻した環境で、別名で保存します。
この別名で保存されたファイルについては、[現象] セクションに記載した更新プログラムを適用した環境でも開けるようになります。


方法 2 : Office 2003 で回避する場合
Office 2003 環境がある場合は、以下の手順でスライド マスタを差し替えて保存することによって、[現象] セクションに記載した更新プログラムを適用した Office 2010 環境でも開けるようになります。

- 手順
  1. PowerPoint 2003 SP3 環境でファイルを開きます。
  2. [表示] - [マスタ] - [スライド マスタ] をクリックします。
  3. 画面左側に表示されているスライド マスタを選択してコピーし、貼り付けます。
  4. 元々存在していたコピー元のスライド マスタは削除します。
  5. ツールバーの [マスタ表示を閉じる] をクリックします。
  6. ファイルを保存します。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2909678 - 最終更新日: 09/29/2016 10:54:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft PowerPoint 2010

  • kbtshoot kbexpertisebeginner kbexpertiseinter KB2909678
フィードバック