BPOS-S から移行した SharePoint サイトで SharePoint 2013 アプリ モデルまたは SharePoint 2013 ワークフロー プラットフォームを使用できない

現象
SharePoint Online で以下いずれかを試行すると、ワークフローまたはアプリが正常に動作しません。  
  • SharePoint 2013 ワークフロー プラットフォームを使用する
  • SharePoint ストアからアプリをインストールして使用する
  • SharePoint アプリ カタログからアプリをインストールして使用する
  • サイトにサイト メールボックス アプリを追加する
この場合、ワークフローおよびアプリは正常に動作しません。

例えば、SharePoint 2013 ワークフローのステータスが [処理中] になっている場合があります。この状態で [ワークフローの状態] ページを開くと、以下のエラー メッセージが表示されます。
“最後の要求を再試行しています。次の試行は <date> 後に行われます。"

: <date> は特定の日時を示します。

このシナリオで影響を受けるサイトは、Microsoft Business Productivity Online Standard Suite (BPOS-S) から Microsoft Office 365 に移行したサイトです。

移行済みサイトの URL の最後は、.microsoftonline.com となります。
回避策
この問題を回避するには、サイト名を *.sharepoint.com の URL フォーマットに変更します。詳細については、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。

3053838: *.microsoftonline.com から *.sharepoint.com への SharePoint Online サイト名の変更について
追加情報
SharePoint 2013 アプリ モデルは、標準 OAuth を使用してアプリを認証し、SharePoint との通信を可能にします。OAuth では、証明書利用者は一意のサービス プリンシパル ホスト名またはドメイン情報を使用して身元を証明する必要があります。SharePoint Online は、既定の組織ドメイン名を有効なサービス プリンシパル ホスト名としてサポートするよう構成されています (既定ドメイン名の例は、以下を参照)。

*sharepoint.com.

URL に既定の組織ドメイン名がつくサイトはアプリケーションからのリクエストを認証できます。しかし、BPOS-S で作成した後に SharePoint Online に移行したサイトには、既定の組織ドメイン名はつかず、contoso.sharepoint.microsoftonline.com のようなドメインを使用します。このようなドメイン ホスト名を使用するリクエストは認証されず、アプリはドメイン内のコンテンツにアクセスできません。また、SharePoint 2013 ワークフロー マネージャーは、アプリ モデルを使用するサービス以外との通信に依存しているため、上記同様に BPOS-S から移行したサイト内のコンテンツにアクセスすることはできません。

その他トピックは Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:2909925 - 最終更新日: 06/02/2016 00:10:00 - リビジョン: 7.0

Microsoft Office SharePoint Online

  • o365 o365e o365p o365a o365m o365022013 KB2909925
フィードバック