国の特定の更新プログラムは、Microsoft Dynamics AX でオーストリアの電子請求書の使用

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2911928
この資料は、すべての地域の Microsoft Dynamics AX に適用されます。
はじめに
この資料では、国の特定の更新プログラムが Microsoft Dynamics AX 2012 の R2 で、Microsoft Dynamics AX 2012 および Microsoft Dynamics AX 2009 の Service Pack 1 でのオーストリアの電子請求書の使用について説明します。

1 年 2014年 1 月年からオーストリア政府などの電子請求書の構造化された公的機関にします。[仕入先] などのパートナーの契約、つまり、商品やサービスを連邦政府の部門との取引サービス ・ プロバイダーを発行し、構造化された電子請求書 (電子請求書) を提出する義務です。オーストリア IKT の統合機能 (IKTKonG) のため、1.1.2014 からの仕入先から提出された紙ベースの請求書は受け付けられません。

企業は電子請求書を送信するために必要な国固有の要件や請求書の e のヨーロッパの標準を考慮します。オーストリアの XML 請求書の標準的な ebInterface の可用性、による電子請求、既にますます使われるオーストリア。

組織は、競合他社に対する競争力を高め、取引先が電子的に、ビジネスのほとんどを既に実施して有利に導かれます。請求書作成のプロセスを自動化することで企業が買掛金勘定を軽減し、反復的なタスクと低付加価値の高いタスクの担当者を売掛金勘定などの手動でのデータのキーを内部のシステム、手動調整は、フォーカスの詳細については、カスタマー ・ サービス、プロセスの最適化、請求書情報の他の部門と内部の通信を向上させる。

ますます多くの政府機関は、米国およびヨーロッパの電子調達イニシアチブを通じて電子請求の導入を促進するコミットされます。調和した法的な枠組みと共通のグローバル標準の採用は、電子請求の潜在的な利益を得ての 2 つの基本的な条件です。

PEPPOL (ヨーロッパ公開電子調達オンライン) とは、調和し、特に企業と Sme の電子公開調達の使用を奨励するには、欧州委員会といくつかの EU 加盟国によって起動される大規模なスケールの戦略的なパイロット プロジェクトです。

PEPPOL は、ヨーロッパのベスト ・ プラクティス コンテンツの標準、共通のプロセスが開いている exchange プラットフォームとの過程で効率性の高いビジネスとパブリックの調達の実装をサポートします。PEPPOL インフラストラクチャでは、トランスポート ネットワークにより、EU のどこかの公的機関契約の入札を民間企業にヨーロッパの電子調達の中心になる予定です。

連邦政府の部門に電子請求書を受け入れます。

-EbInterface (の書式を設定します。www.ebinterface.at) (オーストリアの標準)

-PEPPOL (の書式を設定します。www.peppol.eu) (PEPPOL 標準)

PDF 形式はサポートされていません

USP へのログインを使用してメソッドを送信します。

-オンライン請求書の数式での請求書を手動で入力します。

-手動電子請求書をアップロードしています。

-web サービス経由での転送を自動化

PEPPOL トランスポート インフラストラクチャ経由での送信方法が PEPPOL 形式での電子請求書の送信を自動化

電子請求書の Microsoft Dynamics AX のソリューションは、オーストリアの PEPPOL 形式に基づいています。
関連情報
電子 e-請求の Microsoft Dynamics AX2012 と AX2012R2 を構成します。


必要条件

オーストリアの電子請求書の修正プログラムをインストールする前に、次の前提条件を満たす必要があります。
  • オーストリアのコンフィギュレーション キーがアクティブになります。
  • すべての通貨の通貨形式での標準化機構 (ISO) 通貨コードの 3 文字の国際組織が定義されている (総勘定元帳 > セットアップ > 通貨 > 通貨)。電子請求を行うため、この国の ISO コードが使用されます。
  • アプリケーション統合フレームワーク (AIF) のライセンス ・ キーがあるし、AIF がこの電子請求を電子的に設定されています。
  • 在庫単位設定に従って国際連合センター売買推進および電子ビジネス情報コンテンツ管理グループ ([源泉] の解除/CEFACT) の標準。

電子の電子請求を設定します。

PEPPOL 形式の電子請求書を生成する前に次の設定タスクを完了します。
  • 法人フォームで、法人を設定します。詳細については、「法人 (フォーム)」のヘルプで参照してください。
  • 国/地域および法人形式の ISO コードを設定します。ISO コードは、電子請求に使用されます。詳細についてを参照してください「アドレスの設定 (フォーム)」のヘルプで。
  • フォームの通貨の為替レートの為替レートを設定します。詳細については、「通貨の為替レート (フォーム)」ヘルプを参照してください。電子請求 (たとえば、ユーロの EUR) のために使用される通貨コードのISO 通貨コードフィールドの値が、3 文字の ISO 標準に準拠していることを確認します。
  • 売上税コードフォームでの電子請求書の売上税コードを設定します。詳細については、ヘルプの「さまざまな種類の売上税コードを作成する」を参照してください。
  • 組織に必要な場合は、 "単位"フォームで、解除/CEFACT [源泉] 標準に準拠、在庫単位を設定します。詳細については、ヘルプの「単位 (フォーム)」を参照してください。
  • 統合の拡張ポートを設定します。詳細については、Microsoft Dynamics AX 開発者ガイドの作成、編集、または、高度な統合ポートの削除] を参照してください。

電子形式の電子請求書を生成する前に次の設定手順を完了することもする必要があります。

電子請求書の電子の Microsoft Dynamics AX を構成します。


電子請求書生成するにはには、連絡担当者、請求書番号、住所情報など、必要な情報が含まれます。正しい情報が入力されていることを確認できるように、請求書が生成されるとき、入力規則が適用されます。エラーが見つかった場合は、政府に請求書を送信する前に、エラーを修正することができます。

エラー メッセージ、.xml ファイル、および PEPPOL ファイルを保存するフォルダーを設定する必要があります。アプリケーション オブジェクト サーバー (AOS) コンピューターと、システムでバッチ サーバーとして使用されるすべてのクライアント コンピューターからアクセス可能な共有の場所に、次のフォルダー構造を設定します。

プロジェクト請求書。
  • \\Server\PEPPOL\Project\Error
  • \\Server\PEPPOL\Project\Processed ファイル
  • \\Server\PEPPOL\Project\Source
  • \\Server\PEPPOL\Project\Target
  • \\Server\PEPPOL\Project\XSLT

販売の請求書。
  • \\Server\PEPPOL\Sales\Error
  • \\Server\PEPPOL\Sales\Processed ファイル
  • \\Server\PEPPOL\Sales\Source
  • \\Server\PEPPOL\Sales\Target
  • \\Server\PEPPOL\Sales\XSLT
フォルダーは、次のように使用されます。
  • エラー : .xml ファイルは、PEPPOL 規格に変換するときに生成されるエラー メッセージを保存するために使用します。
  • 処理した後にドキュメントを保存するのには処理済みのファイルを使用します。ドキュメントは、元のフォルダーからこのフォルダーに移動します。
  • ソース: Microsoft Dynamics AX で生成された .xml ファイルを保存するために使用します。
  • ターゲット: .xml ファイルが処理された後に、PEPPOL ファイルを保存するために使用します。
  • XSLT – は、eProjectInvoice.xsl または eSalesInvoice.xsl ファイルを格納するため使用します。
電子請求書の電子の顧客アカウントを設定します

[得意先] フォームを使用して、アドレスを指定し、電子請求書を生成する必要がある各会社の詳細を問い合わせてください。連絡先フォームで連絡先を作成し、お客様のアカウントに連絡先を割り当てることがことができます。連絡先情報は、お客様の電子請求書を生成するときに含まれています。詳細については、ヘルプの「顧客 (フォーム)」を参照してください。
  1. [売掛金勘定] をクリックして >一般的な>お客様>のすべての顧客すべての顧客リストのページを開きます。
  2. お客様のアカウントをダブルクリックするか、アクション ペインで、[ユーザー アカウントを作成する顧客] をクリックします。詳細については、ヘルプの「顧客レコードを作成する」を参照してください。
  3. 請求書と出荷] クイック タブをクリックし、[ eInvoice ] チェック ボックスをオンにして、顧客トランザクションの電子請求を使用します。
  4. アドレスクイック タブをクリックし、プライマリ アドレス情報を入力します。
  5. アクション ペインで、[顧客] タブをクリックし、[連絡先] をクリックして >追加の連絡先連絡先フォームを開きます。
  6. 選択した顧客の連絡先を作成します。
  7. フォームを閉じます。
電子請求書の電子の AIF を設定します。


電子の電子請求書を生成する AIF の設定を設定するには、送信ポートのフォームを使用します。送信ポートを作成し、サービスとアダプターの送信ポートを構成できます。

最初に送信ポートを構成する前に、新しいアダプターとサービスのスキャンする必要があります。ポートの構成が影響を受けるは、アプリケーション オブジェクト ツリー (AOT) で、変更がある場合。AOT にポートの構成に影響を与える変更が行われるたびにこれらのスキャンを実行する必要があります。
  1. [システム管理] をクリックして >セットアップ>サービスおよびアプリケーション統合フレームワーク>送信ポートポートの送信フォームを開きます。
  2. 、送信ポートを作成し、[ポート名] フィールドで、送信ポートの名前を入力します。
  3. [説明] フィールドで、送信ポートの説明を入力します。
  4. [アダプター ] フィールドで、ファイル システム アダプターを選択します。このアダプターを使用して、作成し、電子電子請求書を保存します。
  5. [ URI ] フィールドでは、売上を保存するのにはソース フォルダーの場所を指定します。詳細については、 電子請求書の電子の Microsoft Dynamics AX を構成します。.
  6. サービス契約のカスタマイズクイック タブをクリックし、サービス操作のフォームを開くには、サービス operations ] をクリックします。
  7. [ SalesSalesEinvoiceService.ReadSalesSalesEInvoiceService.getKeysSalesSalesEInvoiceService.getChangedKeysポートで使用し、移動に使用可能な販売の請求書を作成するには、選択されたサービスの操作の一覧にサービスがマークされています。
  8. フォームを閉じます。
  9. 送信ポートフォームで、[サービス契約のカスタマイズクイック タブで、ユーザー設定のドキュメントのチェック ボックスをオンし、ドキュメント データ ポリシーフォームを開くには、データ ・ ポリシー ] をクリックします。
  10. すべてを有効にするすべてのデータ ポリシーを有効にする] をクリックし、フォームを閉じます。
  11. クイック タブの処理のオプション] をクリックします。既定の UTF-8 のエンコーディング形式です。
  12. トラブルシューティング クイック タブをクリックしますログ モード: すべてのドキュメントのバージョン。
  13. フォームで、送信ポートポートを使用して、AIF を使用してデータを交換するためにアクティブにする] をクリックします。
  14. フォームを閉じます。
注: 同様に、プロジェクト請求書の送信ポートを作成することができます。[ URI ] フィールドでは、プロジェクトの請求書用のソース フォルダーを指定し、サービス操作を選択してフォーム上ProjProjEinvoiceService.Readを選択します。


電子請求書の電子のバッチ グループを設定します


バッチ グループ フォームを使用すると、バッチ ジョブを使用して、請求書を処理するバッチ グループを設定します。詳細についてを参照してください「バッチ グループ (フォーム)」のヘルプで。
  1. [システム管理] をクリックして >セットアップ>バッチ グループバッチ グループフォームを開きます。
  2. 販売またはプロジェクトの請求書を処理するバッチ グループを作成します。
  3. バッチ サーバー ] タブをクリックして、サーバーを選択し、選択したサーバー ] ボックスの一覧に移動します。
  4. フォームを閉じます。
電子の電子請求のバッチ処理を設定します


電子の電子請求のバッチ処理を設定するには、バッチ ジョブのフォームを使用します。電子請求書を処理するには、バッチ ジョブを使用します。詳細については、ヘルプの「バッチ処理の概要」を参照してください。

アウト バウンド営業の電子請求書のバッチ ジョブと送信電子請求書をプロジェクトの別のバッチ ジョブを設定する必要があります。
  1. [システム管理] をクリックして >照会>バッチ ジョブ>バッチ ジョブバッチ ジョブ] フォームを開きます。
  2. 選択またはジョブを作成し、バッチのタスクフォームを開くには、タスクを表示する] をクリックします。
  3. バッチ ジョブの 3 つのタスクを作成します。これらのタスクは、次のクラス名を使用してください。
    • AifOutboundProcessingService
    • AifGatewaySendService
    • EInvoiceFileTransform_OIOUBL
  4. [会社コード] フィールドでは、バッチ ジョブが設定されている会社を選択します。
  5. EInvoiceFileTransform_OIOUBLクラス名を使用するタスクを選択します。
  6. バッチ グループ] フィールドでは、バッチ グループを選択します。
  7. EInvoiceFileTransform_OIOUBLクラス名を使用するタスクを選択しをクリックし、 更新 フォーム上のデータを更新します。
  8. OIOUBL XSL ファイル変換の請求書の電子フォームを開くには、パラメーターをクリックします。
  9. ソース、ターゲットの場所を指定する、処理済みのファイルとファイル ・ ストレージ ・ フォルダーのエラーです。XSLT ファイルのパスをeSalesInvoice.xslまたはeProjectInvoice.xslファイルを選択します。
  10. [OK] をクリックします。
  11. バッチ タスクを実行する、バッチ タスクフォームで、[概要] タブで、順序を設定するには、 AifGatewaySendServiceクラスの名前 (2 番目のタスク) を使用するバッチ作業を選択します。AifOutboundProcessingServiceクラス名 (最初のタスク) を使用するバッチ作業が終了したときに実行するには、このタスクの条件を設定します。
  12. 下部ウィンドウで、新しい条件を作成します。
  13. [タスク ID ] フィールドで、 AifOutboundProcessingServiceクラス名を使用するバッチ作業を選択します。
  14. 予期される状態フィールドに、 [終了]を選択します。
    注: 同様に、 EInvoiceFileTransform_OIOUBLクラス名を使用するバッチ タスクを選択し、 AifGatewaySendServiceクラス名を使用するバッチ作業が終了したときにバッチ作業を実行する条件を設定することができます。
  15. フォームを閉じます。
定期的なバッチ ジョブを設定します

定期的なアイテムのフォームを使用すると、バッチ ジョブの定期的なパターンを指定します。詳細については、ヘルプの「反復 (フォーム)」を参照してください。
  1. [システム管理] をクリックして >照会>バッチ ジョブ>バッチ ジョブバッチ ジョブ] フォームを開きます。
  2. 電子請求書の送信バッチ ジョブを選択します。
  3. 定期的なアイテムのフォームを開くには定期的なアイテム] をクリックします。
  4. タイム ゾーン情報定期的なアイテムの範囲、および定期的なパターンのフィールドのグループのオプションを指定しをクリックしてOK です
  5. バッチ ジョブとしてでは、バッチ ジョブを選択して、[関数] をクリックして >ステータスの変更、し、[待機] をクリックします。
  6. フォームを閉じます。
プロジェクト契約の eInvoice パラメーターに関連付けられている資金調達ソースを設定します

プロジェクト契約の資金調達ソースを割り当てる必要があります。プロジェクト請求書または .xml ファイルとしてプロジェクト請求書の貸方票を生成する前に、また資金調達元の eInvoice のパラメーターを設定する必要があります。資金へのアクセスのソースの詳細フォームを使用して、プロジェクト契約の資金調達ソースを設定します。
  1. [プロジェクト管理と会計>一般的な>プロジェクト>プロジェクト契約リスト ページを開くには、プロジェクト契約です。
  2. プロジェクト契約をダブルクリックするか、アクション ウィンドウ、プロジェクト契約を作成するプロジェクトの契約] をクリックします。詳細については、「プロジェクトの契約を作成する」を参照してくださいヘルプを参照します。
  3. プロジェクト契約フォームで、資金へのアクセスのソース] クイック タブをクリックし、プロジェクト契約の資金調達ソースを作成し、します。詳細については、「割り当ての資金調達ソース プロジェクト契約に」ヘルプを参照してください。
  4. [顧客] フィールドでは、 eInvoice ] チェック ボックスが選択されているお客様のアカウントを選択します。
  5. 詳細についてをクリックし、資金へのアクセスのソースの詳細]フォームで、[その他のクイック タブ] をクリックします。
  6. 各プロジェクトの請求書明細行の分析コードのアカウントを指定する、特定の明細行のチェック ボックスを選択し、アカウントの分析コードフィールドに、ディメンションの勘定番号を入力します。
    注: プロジェクト請求書の分析コードの勘定科目を指定するのには、特定の明細行のチェック ボックスをオフにし、ディメンションのアカウント] フィールドに、分析コードの勘定科目を入力します。
  7. フォームを閉じます。


電子 e-請求の Microsoft Dynamics の AX2009SP1 を構成します。

必要条件
オーストリアの電子請求書の修正プログラムをインストールする前に、次の前提条件を満たす必要があります。
  • オーストリアのコンフィギュレーション キーがアクティブになります。
  • 為替レートフォーム内のすべての通貨の通貨コードの標準化機構 (ISO) の 3 文字の国際組織が定義されている (総勘定元帳>セットアップ>為替レート) です。電子請求を行うため、この国の ISO コードが使用されます。
  • アプリケーション統合フレームワーク (AIF) のライセンス ・ キーがあるし、AIF がこの電子請求を電子的に設定されています。
  • 在庫単位設定に従って国際連合センター売買推進および電子ビジネス情報コンテンツ管理グループ ([源泉] の解除/CEFACT) の標準。オーストリアのコンフィギュレーション キーがアクティブになります。
  • すべての通貨の通貨形式での標準化機構 (ISO) 通貨コードの 3 文字の国際組織が定義されている (総勘定元帳 > セットアップ > 通貨 > 通貨)。電子請求を行うため、この国の ISO コードが使用されます。
  • アプリケーション統合フレームワーク (AIF) のライセンス ・ キーがあるし、AIF がこの電子請求を電子的に設定されています。
  • 在庫単位設定に従って国際連合センター売買推進および電子ビジネス情報コンテンツ管理グループ ([源泉] の解除/CEFACT) の標準。
電子の電子請求を設定します。

電子請求書を生成する前に、次の設定手順を行う必要があります。

電子請求書の電子の Microsoft Dynamics AX を構成します。

電子請求書の電子の顧客アカウントを設定します

電子請求書の電子の AIF を設定します。

電子請求書の電子のチャネルを設定します

AIF サービスと電子請求書の電子の AIF のアクションを設定します。

電子請求書の電子のエンドポイントを設定します

電子請求書の電子のバッチ グループを設定します

電子の電子請求のバッチ処理を設定します

定期的なバッチ ジョブを設定します

エンドポイントの制約リストにお客様のアカウントを追加します。

電子請求書の電子の Microsoft Dynamics AX を構成します。

電子請求書生成するにはには、請求書番号などの必要な情報とアドレス情報が含まれます。正しい情報が入力されていることを確認できるように、請求書が生成されるとき、入力規則が適用されます。エラーが見つかった場合は、政府に請求書を送信する前に、エラーを修正することができます。

エラー メッセージ、.xml ファイル、および PEPPOL ファイルを保存するフォルダーを設定する必要があります。アプリケーション オブジェクト サーバー (AOS) コンピューターと、システムでバッチ サーバーとして使用されるすべてのクライアント コンピューターからアクセス可能な共有の場所に、次のフォルダー構造を設定します。

プロジェクト請求書。

• \\Server\PEPPOL\Project\Error

• \\Server\PEPPOL\Project\Processed ファイル

• \\Server\PEPPOL\Project\Source

• \\Server\PEPPOL\Project\Target

• \\Server\PEPPOL\Project\XSLT

販売の請求書。

• \\Server\PEPPOL\Sales\Error

• \\Server\PEPPOL\Sales\Processed ファイル

• \\Server\PEPPOL\Sales\Source

• \\Server\PEPPOL\Sales\Target

• \\Server\PEPPOL\Sales\XSLT

フォルダーは、次のように使用されます。

エラー– は、.xml ファイルは、PEPPOL 規格に変換するときに生成されるエラー メッセージの保存に使用されます。

処理済みのファイルを処理した後に文書を保存するに使用されます。ドキュメントは、元のフォルダーからこのフォルダーに移動します。

ソース– は、Microsoft Dynamics AX で生成された .xml ファイルの保存に使用されます。

ターゲット– は、.xml ファイルが処理された後に、PEPPOL ファイルを保存に使用されます。

XSLT– は、eProjectInvoice.xsl または eSalesInvoice.xsl ファイルを格納するため使用します。

電子請求書の電子の顧客アカウントを設定します
[得意先] フォームを使用して、アドレスを指定し、電子請求書を生成する必要がある各会社の詳細を問い合わせてください。連絡先フォームで連絡先を作成し、お客様のアカウントに連絡先を割り当てることがことができます。連絡先情報は、お客様の電子請求書を生成するときに含まれています。詳細については、ヘルプの「顧客 (フォーム)」を参照してください。

1.売掛金勘定] をクリックして >一般的なフォーム>[得意先] フォームを開くには、顧客の詳細です。

2 を選択するか、お客様のアカウントを作成します。詳細については、ヘルプの「お客様のアカウントを作成する」を参照してください。

3.、[設定] タブをクリックし、[eInvoice] チェック ボックスをオンにして、顧客トランザクションの電子請求を使用します。

4、[アドレス] タブをクリックして、プライマリ アドレス情報を入力します。

5. フォームを閉じます。: 販売注文のエンドポイントと電子の電子請求の初期セットアップが完了した後に作成される顧客のアカウントを含むようにプロジェクトのエンドポイントの制約のリストを更新する必要があります。詳細については、エンドポイントの制約リストにお客様のアカウントを追加します。.

電子請求書の電子の AIF を設定します。

AIF のすべてのドキュメント交換の既定の設定を設定し、ローカル エンドポイントのフォームを使用して、ローカル エンドポイントを設定するには、グローバル設定のフォームを使用します。エンドポイントは、送信したメッセージの元のポイントおよび受信したメッセージの配信先です。アクティブにし、AIF を使用してデータを交換するためのトランスポート アダプターを構成するには、トランスポート アダプターのフォームを使用します。

詳細については、「グローバル設定 (フォーム) で、」「で、[ローカル端点 (フォーム)」を参照してくださいのヘルプで「構成と管理の AIF」"トランスポート アダプター (フォーム)」と、。サーバーとデータベースの管理 ガイド.

1. [基本] をクリックして >セットアップ>アプリケーション統合フレームワーク>統合フレームワークグローバル設定のフォームを開くには、グローバル設定です。

2. で、[既定のエンコード形式] フィールドには、UTF-8を選択します。

3. フォームを閉じます。

4. [基本] をクリックして >セットアップ>アプリケーション統合フレームワーク>ローカル エンドポイントのフォームを開くには、ローカル エンドポイントです。

[会社名] フィールドに、電子請求書の生成対象となる会社を選択します。

6.ローカル エンドポイント] フィールドに、ローカル エンドポイントを入力します。

7. フォームを閉じます。

8. [基本] をクリックして >セットアップ>アプリケーション統合フレームワーク>トランスポート アダプターのフォームを開くには、トランスポート アダプターです。

9.アダプター クラス] フィールドに、AifFileSystemAdapterを選択します。このアダプターを使用して、作成し、.xml ファイルを保存します。

10. アダプターを使用できることを示すためにActive] チェック ボックスを選択します。

11 [方向] フィールドに、受信または送信を選択します。フォームを閉じます。

電子請求書の電子のチャネルを設定します
AIF の販売およびプロジェクト請求書のチャネルを作成するのにには、チャネルのフォームを使用します。詳細については、ヘルプの「チャンネル (フォーム)」を参照してください。

販売およびプロジェクト請求書は、チャネルを作成する前に、.xml ファイルとして保存するのには元のフォルダーを作成する必要があります。詳細については、電子請求を行うための Microsoft Dynamics AX を構成します。.

1. [基本] をクリックして >セットアップ>アプリケーション統合フレームワーク>チャンネルチャンネル] フォームを開きます。

2. 売上請求書用のチャネルを作成します。

3チャネルの ID名前のフィールドでは、チャネル識別子および販売チャネルの名前を入力します。

4. チャネルが使用して、メッセージを交換できることを示すためにActive] チェック ボックスを選択します。

[アダプター] ボックスで、ファイル システム アダプターを選択します。

6. [方向] フィールドに、送信を選択します。

7.アドレス] フィールドに、.xml ファイルの保存先フォルダーへのパスを入力します。ファイルは、売上請求書用のソース フォルダーに保存されます。

8. フォームを閉じます。

AIF サービスと電子請求書の電子の AIF のアクションを設定します。


AIF サービスアクションフォームを使用すると、サービスおよび AIF で使用するのにアクションを構成できます。詳細については、「AIF アクション (フォーム)」と「AIF サービスを (フォーム) ヘルプを参照してください。

1. [基本] をクリックして >セットアップ>アプリケーション統合フレームワーク>AIF サービスフォームを開くためのサービスです。

2。] をクリック更新サービス、操作の一覧を表示するために必要な場合。

3.SalesSalesEInvoiceServiceProdProjEInvoiceServiceのサービスの [有効] チェック ボックスを選択します。

4. フォームを閉じます。フォームのアクション(基本的な>セットアップ>アプリケーション統合フレームワーク>アクション)、SalesSalesEInvoiceService.readProdProjEInvoiceService.readの操作に対して、[有効] チェック ボックスが選択されていることを確認します。

電子請求書の電子のエンドポイントを設定します
エンドポイントのフォームを使用すると、売上請求書の送信および発信のプロジェクトの請求書の受信者のエンドポイントを構成します。詳細についてを参照してください"方法: 電子ドキュメントの送受信を自動的に"と、ヘルプの「エンドポイント (フォーム)」。

1. [基本] をクリックして >セットアップ>アプリケーション統合フレームワーク>エンドポイントエンドポイント] フォームを開きます。

2.、エンドポイントを作成し、エンドポイントの ID名前のフィールドの id およびエンドポイントの名前を入力します。

3.ローカル エンドポイント ID」フィールドに、電子請求書を生成する会社は、ローカル エンドポイントを入力します。

4.[全般] タブをクリックし、送信チャンネル ID] フィールドで、販売またはプロジェクトの請求書を設定するチャネルを選択します。詳細については、 電子請求を行うためのチャネルを設定します.

5.既定のエンコード形式] フィールドに、UTF-8を選択します。

6、[制約] タブをクリックします。 と、電子請求書が生成した顧客のアカウントを選択します。

7.ユーザー] タブをクリックして、ユーザーまたは選択したエンドポイントを使用できるユーザー グループを選択します。

8.、エンドポイントを保存し、エンドポイントのアクション ポリシーフォームを開くアクション ポリシー] をクリックします。

9 [アクション ID] フィールドで、SalesSalesEInvoiceService.read(ProdProjEInvoiceService.read) を使用して、選択したエンドポイントのアクションを指定します。

10.[全般] タブをクリックして [ステータス] フィールドで[有効] を選択し、[ログ モード] フィールドで、すべてのログを選択します。

11. エンドポイント アクション ポリシーを保存します。

12. のアクションを選択し、構成を開く] をクリックしてフォームの値のマッピングです。

13アイテム] タブで、をクリックし、ドキュメントの値フィールドをフィールド グループで品目番号を処理するには、指定なしの選択を行います。自由書式の請求書の電子請求書の生成に必要です。ドキュメントのフィールドに単位を処理するフィールドのグループとフィールドのグループの倉庫番号の処理、選択します。

14、その他の基本データ] タブをクリックして、およびドキュメント値フィールドをフィールド グループで通貨コードを処理するには、ISO 通貨コードを選択します。配信メソッドの処理配送条件の処理を、およびフィールド グループの他の雑費コードを処理するドキュメントの値フィールドに、選択します。

15 の値のマッピングのフォームを閉じます。

16. フォームではエンドポイント アクション ポリシーデータ ポリシーのパラメーターフォームを開くには、データ ・ ポリシーをクリックします。

17. を開くには、"エンドポイント アクション データ ポリシー"フォームのデータ ・ ポリシーをクリックし、[設定] をクリックして >すべての操作を有効にするすべてのフィールドを選択します。

18エンドポイント アクション データ ポリシーデータ ・ ポリシーのパラメーター、およびエンドポイントのアクション ポリシーのフォームを閉じます。

19. フォームでは、エンドポイント[概要] タブで、をクリックして、エンドポイントのアクティブなチェック ボックスを選択し、フォームを閉じます。

電子請求書の電子のバッチ グループを設定します


バッチ グループのフォームを使用すると、バッチ ジョブを使用して、請求書を処理するバッチ グループを設定します。詳細についてを参照してください「バッチ グループ (フォーム)」のヘルプで。

1. [管理] をクリックして >セットアップ>バッチ グループバッチ グループフォームを開きます。

2. 販売またはプロジェクトの請求書を処理するバッチ グループを作成します。

3.バッチ サーバー] タブをクリックして、サーバー、を選択し、選択したサーバー] ボックスの一覧に移動します。

4. 変更を保存するバッチ グループフォームを閉じます。



電子の電子請求のバッチ処理を設定します


電子の電子請求のバッチ処理を設定するには、バッチ ジョブのフォームを使用します。電子請求書を処理するには、バッチ ジョブを使用します。詳細については、ヘルプの「バッチ処理」についてを参照してください。

アウト バウンド営業の電子請求書のバッチ ジョブと送信電子請求書をプロジェクトの別のバッチ ジョブを設定する必要があります。

1. [基本] をクリックして >照会>バッチ ジョブバッチ ジョブ] フォームを開きます。

2。 作成またはジョブを選択し、バッチ タスクフォームを開くには、タスクを表示する] をクリックします。

3. バッチ ジョブでは、次のクラス名を使用する 3 つのタスクを作成します。

AifOutboundProcessingService

AifGatewaySendService

EInvoiceFileTransform_OIOUBL

4.EInvoiceFileTransform_OIOUBLクラス名を使用するタスクを選択します。

バッチ グループ] フィールドで、[バッチ グループを選択します。

6. バッチ タスクを保存するには、CTRL + S キーを押します。

7.EInvoiceFileTransform_OIOUBLクラス名を使用するタスクを選択して [請求書の E OIOUBL の XSL ファイルの変換フォームを開くには、パラメーターです。

8. 場所を指定する、元のパス、および処理済みのファイル ・ ストレージ、およびエラー ファイルの保存フォルダーを対象とします。XSLT ファイルのパスの送信に電子販売の請求書、esalesinvoice_no_oioubl.xslファイルのパスを選択またはのパスeprojectinvoice_no_oioubl.xslのファイルをプロジェクト外部の電子請求書。

9.請求書の E OIOUBL の XSL ファイルの変換フォームを閉じるには[ok]をクリックします。

10 バッチのタスクが実行される、バッチ タスクフォームで、[概要] タブで、順序を設定するにはです。AifGatewaySendServiceクラスの名前 (2 番目のタスク) を使用してバッチ タスクを選択します。

11.AifOutboundProcessingServiceクラス名 (最初のタスク) を使用するバッチ作業が終了したときに実行するバッチを選択したタスクの条件を設定します。

• 下部のウィンドウでは、条件を作成し、[タスク ID] フィールドで、AifOutboundProcessingServiceクラス名を使用するバッチ作業を選択して CTRL + N キーを押します。

予期されるステータス] フィールドには、[終了]を選択します。

:EInvoiceFileTransform_OIOUBLクラスを使用するバッチ作業を選択することもできます。

名とクラス名をAifGatewaySendServiceを使用するバッチ作業と、バッチ作業を実行する条件が終了しました。フォームを閉じます。

定期的なバッチ ジョブを設定します


定期的なアイテムのフォームを使用すると、バッチ ジョブの定期的なパターンを指定します。詳細についてを参照してくださいバッチ処理」について」および「定期的な (フォーム)」のヘルプで。

1. [基本] をクリックして >照会>バッチ ジョブは、バッチ ジョブのフォームを開きます。

2. 電子請求書の送信バッチ ジョブを選択します。

3.定期的なアイテムのフォームを開く、、バッチ ジョブを設定し、[OK] をクリックして定期的なアイテムをクリックします。

4. としてバッチ ジョブをバッチ ジョブを選択、[関数] をクリックして >ステータスの変更、および待機中の] を選択します。フォームを閉じます。
エンドポイントの制約リストにお客様のアカウントを追加します。

販売注文のエンドポイントと電子の電子請求の初期セットアップが完了した後に作成される顧客のアカウントを含むようにプロジェクトのエンドポイントの制約のリストを更新するのにには、エンドポイントのフォームを使用します。

1. [Basic] をクリックして > セットアップ > アプリケーション統合フレームワーク > エンドポイント エンドポイント] フォームを開きます。

2. [エンドポイント id] フィールドに、SalesSalesEInvoiceService.read アクションを使用するエンドポイントを選択します。

3. 制約] タブで、をクリックして、お客様のアカウントを追加します。

4. [制約タイプ] フィールドに、顧客を選択します。

[制約 ID] フィールドで、お客様のアカウントを選択します。

: プロジェクト請求書のエンドポイントの制約リストに顧客を追加することもできます。ProdProjEInvoiceService.readアクションを使用するエンドポイントを選択します。フォームを閉じます。


請求書を転記して、.xml ファイルを生成します。

売上請求書、自由書式の請求書、プロジェクトの請求書、および貸方票を転記し、政府機関に送信する .xml ファイルを生成できます。バッチ処理を使用して複数の請求書を転記することもできます。詳細については、ヘルプの「バッチで注文を転記する」を参照してください。電子請求ファイルは、バッチ ジョブの EInvoiceFileTransform_OIOUBL のバッチ ジョブのタスクに対して指定されている共有フォルダーに作成されます。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。このサポート技術情報の記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。発生している問題をダウンロードする、この修正プログラムをインストールした場合、またはその他のテクニカル ・ サポートのご質問がある場合、パートナーにお問い合わせくださいまたは場合は、マイクロソフトから直接サポート プランに登録すると、Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡して新しいサポート要求を作成します。これを行うには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。 これらのリンクを使用して、国の特定の電話番号を電話で Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡することができます。これを行うには、次のマイクロソフト web サイトのいずれかを参照してください。

パートナーお客様かかる料金が免除されるテクニカル サポート担当者 Microsoft Dynamics および関連製品のことは、通常は特別な場合は、特定の更新プログラムは、問題を解決するにを決定します。追加の質問および問題の特定の更新プログラムの対象とならない問題は、通常のサポート料金が適用されます。

インストール情報

メソッドまたはこの修正プログラムの影響を受けるテーブルの 1 つ以上のカスタマイズがあれば、運用環境で修正プログラムを適用する前にテスト環境でこれらの変更を適用する必要があります。
この修正プログラムをインストールする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
893082 Microsoft Dynamics AX の修正プログラムをインストールする方法

必要条件

Microsoft Dynamics AX 2012 の R2 をする必要があります、この修正プログラムを適用するのには、Microsoft Dynamics AX 2012 または Microsoft Dynamics AX 2009 のサービス パック 1 がインストールされています。

再起動の必要性

修正プログラムを適用した後、アプリケーション オブジェクト サーバー (AOS) サービスを再起動する必要があります。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル バージョンには、次の表に記載されているファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が含まれています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。

Microsoft Dynamics AX 2009
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Axupdate.exe該当なし62,1202013 年 11 月-26-15:54x86
Dynamicsax2009-kb2911928-sp1.exe6.3.15.042,314,2402013 年 11 月-26-09:06x86
Kb2911928-glp-cons.cab該当なし4,706,1492013 年 11 月-26-15:54該当なし
Kb2911928-glp-ee.cab該当なし5,750,2452013 年 11 月-26-15:54該当なし
Kb2911928-glp-il.cab該当なし417,2822013 年 11 月-26-15:54該当なし
Kb2911928-glp-tr.cab該当なし1,659,0462013 年 11 月-26-15:54該当なし
Kb2911928-syp-cons.cab該当なし5,975,3632013 年 11 月-26-15:54該当なし
Kb2911928-syp-ee.cab該当なし5,941,6432013 年 11 月-26-15:54該当なし
Kb2911928-syp-il.cab該当なし5,643,2562013 年 11 月-26-15:54該当なし
Kb2911928-syp-syp.cab該当なし5,642,1522013 年 11 月-26-15:54該当なし
Kb2911928-syp-tr.cab該当なし5,777,7592013 年 11 月-26-15:54該当なし
Licensetermsar.rtf該当なし101,4142013 年 4 月-20-02:06該当なし
Licensetermscs.rtf該当なし92,7052013 年 4 月-20-02:06該当なし
Licensetermsda.rtf該当なし102,5432013 年 4 月-20-02:06該当なし
Licensetermsde.rtf該当なし119,3132013 年 4 月-20-02:06該当なし
Licensetermsen.rtf該当なし111,7952013 年 4 月-20-02:06該当なし
Licensetermses.rtf該当なし98,3132013 年 4 月-20-02:06該当なし
Licensetermset.rtf該当なし104,4842013 年 4 月-20-02:06該当なし
Licensetermsfi.rtf該当なし107,4182013 年 4 月-20-02:06該当なし
Licensetermsfr.rtf該当なし133,1972013 年 4 月-20-02:06該当なし
Licensetermshe il.rtf該当なし4,2582013 年 4 月-20-02:06該当なし
Licensetermshu.rtf該当なし94,3042013 年 4 月-20-02:06該当なし
Licensetermsis.rtf該当なし36,1122013 年 4 月-20-02:06該当なし
Licensetermsit.rtf該当なし117,7652013 年 4 月-20-02:06該当なし
Licensetermsja.rtf該当なし107,0922013 年 4 月-20-02:06該当なし
Licensetermslt.rtf該当なし125,1972013 年 4 月-20-02:06該当なし
Licensetermslv.rtf該当なし106,6812013 年 4 月-20-02:06該当なし
Licensetermsnb no.rtf該当なし118,2452013 年 4 月-20-02:06該当なし
Licensetermsnl.rtf該当なし112,6572013 年 4 月-20-02:06該当なし
Licensetermspl.rtf該当なし118,8872013 年 4 月-20-02:06該当なし
Licensetermspt br.rtf該当なし102,9822013 年 4 月-20-02:06該当なし
Licensetermsru.rtf該当なし151,4002013 年 4 月-20-02:06該当なし
Licensetermssv.rtf該当なし117,9602013 年 4 月-20-02:06該当なし
Licensetermsth.rtf該当なし156,7082013 年 4 月-20-02:06該当なし
Licensetermstr.rtf該当なし105,6932013 年 4 月-20-02:06該当なし
Licensetermszh hans.rtf該当なし100,5282013 年 4 月-20-02:06該当なし
Axsetupsp.exe5.0.1100.451,637,0402013 年 11 月-26-15:53x86
Cabextractor.dll該当なし19,6322013 年 11 月-26-15:52x86
Microsoft.dynamics.setup.reportingservices.dll5.0.1100.9150,4402013 年 4 月-20-09:53x86
Axsetupsp.resources.dll5.0.1100.40539,3282013 年 11 月-26-15:52x86
Microsoft.dynamics.setup.reportingservices.resources.dll5.0.1000.4517,3362013 年 4 月-20-09:52x86
Axsetupsp.resources.dll5.0.1100.40535,2322013 年 11 月-26-15:53x86
Microsoft.dynamics.setup.reportingservices.resources.dll5.0.1000.4516,3122013 年 4 月-20-09:52x86
Axsetupsp.resources.dll5.0.1100.40531,1362013 年 11 月-26-15:53x86
Microsoft.dynamics.setup.reportingservices.resources.dll5.0.1000.4516,3122013 年 4 月-20-09:52x86
Axsetupsp.resources.dll5.0.1100.40535,2322013 年 11 月-26-15:53x86
Microsoft.dynamics.setup.reportingservices.resources.dll5.0.1000.4516,8242013 年 4 月-20-09:52x86
Axsetupsp.resources.dll5.0.1100.40535,2322013 年 11 月-26-15:52x86
Microsoft.dynamics.setup.reportingservices.resources.dll5.0.1000.4516,8242013 年 4 月-20-09:52x86
Axsetupsp.resources.dll5.0.1100.40531,1362013 年 11 月-26-15:52x86
Microsoft.dynamics.setup.reportingservices.resources.dll5.0.1000.4516,3122013 年 4 月-20-09:52x86
Axsetupsp.resources.dll5.0.1100.40531,1362013 年 11 月-26-15:53x86
Microsoft.dynamics.setup.reportingservices.resources.dll5.0.1000.4516,3122013 年 4 月-20-09:52x86
Axsetupsp.resources.dll5.0.1100.40539,3282013 年 11 月-26-15:53x86
Microsoft.dynamics.setup.reportingservices.resources.dll5.0.1000.4516,8242013 年 4 月-20-09:53x86
Axsetupsp.resources.dll5.0.1100.40539,3282013 年 11 月-26-15:53x86
Microsoft.dynamics.setup.reportingservices.resources.dll5.0.1500.121216,3202013 年 4 月-20-09:53x86
Axsetupsp.resources.dll5.0.1100.40535,2322013 年 11 月-26-15:53x86
Microsoft.dynamics.setup.reportingservices.resources.dll5.0.1000.4516,8242013 年 4 月-20-09:53x86
Axsetupsp.resources.dll5.0.1100.40531,1362013 年 11 月-26-15:53x86
Microsoft.dynamics.setup.reportingservices.resources.dll5.0.1000.4516,3122013 年 4 月-20-09:53x86
Axsetupsp.resources.dll5.0.1100.40531,1362013 年 11 月-26-15:53x86
Microsoft.dynamics.setup.reportingservices.resources.dll5.0.1000.4516,3122013 年 4 月-20-09:53x86
Axsetupsp.resources.dll5.0.1100.40543,4242013 年 11 月-26-15:53x86
Microsoft.dynamics.setup.reportingservices.resources.dll5.0.1000.4517,8482013 年 4 月-20-09:53x86
Axsetupsp.resources.dll5.0.1100.40531,1362013 年 11 月-26-15:53x86
Microsoft.dynamics.setup.reportingservices.resources.dll5.0.1000.4516,3122013 年 4 月-20-09:53x86
Axsetupsp.resources.dll5.0.1100.40535,2322013 年 11 月-26-15:53x86
Microsoft.dynamics.setup.reportingservices.resources.dll5.0.1000.4516,3122013 年 4 月-20-09:53x86
Axsetupsp.resources.dll5.0.1100.40531,1362013 年 11 月-26-15:52x86
Microsoft.dynamics.setup.reportingservices.resources.dll5.0.1000.4516,3122013 年 4 月-20-09:53x86
Axsetupsp.resources.dll5.0.1100.40531,1362013 年 11 月-26-15:52x86
Microsoft.dynamics.setup.reportingservices.resources.dll5.0.1000.4516,3122013 年 4 月-20-09:53x86
Axsetupsp.resources.dll5.0.1100.40535,2322013 年 11 月-26-15:53x86
Microsoft.dynamics.setup.reportingservices.resources.dll5.0.1000.4516,8242013 年 4 月-20-09:53x86
Axsetupsp.resources.dll5.0.1100.40535,2322013 年 11 月-26-15:53x86
Microsoft.dynamics.setup.reportingservices.resources.dll5.0.1000.4516,3122013 年 4 月-20-09:53x86
Axsetupsp.resources.dll5.0.1100.40547,5202013 年 11 月-26-15:52x86
Microsoft.dynamics.setup.reportingservices.resources.dll5.0.1000.4518,8722013 年 4 月-20-09:53x86
Axsetupsp.resources.dll5.0.1100.40531,1362013 年 11 月-26-15:53x86
Microsoft.dynamics.setup.reportingservices.resources.dll5.0.1000.4516,3122013 年 4 月-20-09:53x86
Axsetupsp.resources.dll5.0.1100.40559,8082013 年 11 月-26-15:53x86
Microsoft.dynamics.setup.reportingservices.resources.dll5.0.1000.4520,4082013 年 4 月-20-09:53x86
Axsetupsp.resources.dll5.0.1100.40531,1362013 年 11 月-26-15:52x86
Microsoft.dynamics.setup.reportingservices.resources.dll5.0.1000.4516,3122013 年 4 月-20-09:53x86
Axsetupsp.resources.dll5.0.1100.40527,0402013 年 11 月-26-15:53x86
Microsoft.dynamics.setup.reportingservices.resources.dll5.0.1000.4515,8002013 年 4 月-20-09:53x86
Cabextractor.dll該当なし23,2162013 年 11 月-26-15:54x64
Microsoft Dynamics AX 2012
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻
Aximpactanalysis.exe該当なし60,2802013 年 7 月-17-12:30
Axupdate.exe該当なし60,2642013 年 7 月-17-12:30
Dynamicsax2012 kb2911928.exe6.3.15.020,532,4322013 年 11 月-23日22:21
Licensetermsar.rtf該当なし2,1702013 年 7 月-17-12:29
Licensetermscs.rtf該当なし91,0992013 年 7 月-17-12:29
Licensetermsda.rtf該当なし101,0432013 年 7 月-17-12:29
Licensetermsde.rtf該当なし116,4962013 年 7 月-17-12:29
Licensetermsen.rtf該当なし110,0672013 年 7 月-17-12:29
Licensetermses.rtf該当なし96,8502013 年 7 月-17-12:29
Licensetermset.rtf該当なし102,7782013 年 7 月-17-12:29
Licensetermsfi.rtf該当なし105,9892013 年 7 月-17-12:29
Licensetermsfr.rtf該当なし129,8692013 年 7 月-17-12:29
Licensetermshe il.rtf該当なし43,3762013 年 7 月-17-12:29
Licensetermshu.rtf該当なし92,8632013 年 7 月-17-12:29
Licensetermsis.rtf該当なし36,2752013 年 7 月-17-12:29
Licensetermsit.rtf該当なし114,9472013 年 7 月-17-12:29
Licensetermsja.rtf該当なし105,7782013 年 7 月-17-12:29
Licensetermslt.rtf該当なし122,4002013 年 7 月-17-12:29
Licensetermslv.rtf該当なし105,2892013 年 7 月-17-12:29
Licensetermsnb no.rtf該当なし115,5582013 年 7 月-17-12:29
Licensetermsnl.rtf該当なし109,7562013 年 7 月-17-12:29
Licensetermspt br.rtf該当なし101,3822013 年 7 月-17-12:29
Licensetermsru.rtf該当なし148,3072013 年 7 月-17-12:29
Licensetermssv.rtf該当なし115,1382013 年 7 月-17-12:29
Licensetermsth.rtf該当なし153,6442013 年 7 月-17-12:29
Licensetermstr.rtf該当なし104,2102013 年 7 月-17-12:29
Licensetermszh hans.rtf該当なし99,1312013 年 7 月-17-12:29
Dynamicsax2012-kb2724897-extensions.axmodel6.1.1108.1256224,5522013 年 7 月-17-12:29
Dynamicsax2012-kb2724897-foundation.axmodel6.0.1108.1256251,1762013 年 7 月-17-12:29
Dynamicsax2012-kb2911928-extensions.axmodel6.1.1108.60325,071,0882013 年 11 月-23日22:16
Dynamicsax2012-kb2911928-foundation.axmodel6.0.1108.603213,639,4082013 年 11 月-23日22:16
Dynamicsax2012-kb2911928-fpplabels.axmodel6.0.1108.6032236,2722013 年 11 月-23日22:16
Dynamicsax2012-kb2911928-processmanufacturing.axmodel6.0.1108.60321,271,0402013 年 11 月-23日22:16
Dynamicsax2012-kb2911928-projectmanagement.axmodel6.0.1108.6032549,6322013 年 11 月-23日22:16
Dynamicsax2012-kb2911928-publicsector.axmodel6.0.1108.60322,270,4482013 年 11 月-23日22:16
Dynamicsax2012-kb2911928-syplabels.axmodel6.0.1108.60321,772,2722013 年 11 月-23日22:16
Axsetupsp.exe6.0.1108.42791,390,8722013 年 7 月-17-12:30
Axutillib.dll6.0.1108.806821,4802013 年 7 月-17-12:29
Microsoft.dynamics.servicing.operations.dll6.0.888.43635,7522013 年 7 月-17-12:30
Axsetupsp.resources.dll6.0.1108.4436391,4642013 年 7 月-17-12:30
Axsetupsp.resources.dll6.0.1108.4436375,0802013 年 7 月-17-12:30
Axsetupsp.resources.dll6.0.1108.4436379,1762013 年 7 月-17-12:30
Axsetupsp.resources.dll6.0.1108.4436379,1762013 年 7 月-17-12:30
Axsetupsp.resources.dll6.0.1108.4436375,0802013 年 7 月-17-12:30
Axsetupsp.resources.dll6.0.1108.4436383,2722013 年 7 月-17-12:30
Axsetupsp.resources.dll6.0.1108.4436375,0802013 年 7 月-17-12:30
Axsetupsp.resources.dll6.0.1108.4436379,1762013 年 7 月-17-12:30
Axsetupsp.resources.dll6.0.1108.4436375,0802013 年 7 月-17-12:30
Axsetupsp.resources.dll6.0.1108.4436379,1762013 年 7 月-17-12:30
Axsetupsp.resources.dll6.0.1108.4436375,0802013 年 7 月-17-12:30
Axsetupsp.resources.dll6.0.1108.4436416,0402013 年 7 月-17-12:30
Microsoft Dynamics AX 2012 R2
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻
Aximpactanalysis.exe該当なし61,1362013 年 10 月-13-14:55
Axupdate.exe該当なし61,1202013 年 10 月-13-14:55
Dynamicsax2012r2 kb2911928.exe6.3.15.041,699,0242013 年 11 月-25-09:17
Licensetermsar.rtf該当なし2,1732013 年 1 月-30-13:27
Licensetermscs.rtf該当なし91,2472013 年 1 月-30-13:27
Licensetermsda.rtf該当なし101,1812013 年 1 月-30-13:27
Licensetermsde.rtf該当なし116,6422013 年 1 月-30-13:27
Licensetermsen.rtf該当なし102,3742013 年 10 月-13-14:55
Licensetermses.rtf該当なし96,9852013 年 1 月-30-13:27
Licensetermset.rtf該当なし102,8952013 年 1 月-30-13:27
Licensetermsfi.rtf該当なし106,1012013 年 1 月-30-13:27
Licensetermsfr.rtf該当なし130,0112013 年 1 月-30-13:27
Licensetermshu.rtf該当なし93,0102013 年 1 月-30-13:27
Licensetermsis.rtf該当なし36,4582013 年 1 月-30-13:27
Licensetermsit.rtf該当なし115,0862013 年 1 月-30-13:27
Licensetermsja.rtf該当なし105,9172013 年 1 月-30-13:27
Licensetermslt.rtf該当なし122,6742013 年 1 月-30-13:27
Licensetermslv.rtf該当なし105,4012013 年 1 月-30-13:27
Licensetermsnb no.rtf該当なし115,7002013 年 1 月-30-13:27
Licensetermsnl.rtf該当なし110,0402013 年 1 月-30-13:27
Licensetermspl.rtf該当なし116,3222013 年 1 月-30-13:27
Licensetermspt br.rtf該当なし101,5142013 年 1 月-30-13:27
Licensetermsru.rtf該当なし148,5772013 年 1 月-30-13:27
Licensetermssv.rtf該当なし115,4532013 年 1 月-30-13:27
Licensetermsth.rtf該当なし153,7682013 年 1 月-30-13:27
Licensetermszh hans.rtf該当なし99,2452013 年 1 月-30-13:27
Dynamicsax2012r2-kb2858835-foundation.axmodel6.2.1000.367050,4162013 年 10 月-11-00:19
Dynamicsax2012r2-kb2909140-foundation.axmodel6.2.1000.474817,1362013 年 11 月-08-08:37
Dynamicsax2012r2-kb2911928-foundation.axmodel6.2.1000.503850,838,2562013 年 11 月-25-09:12
Dynamicsax2012r2-kb2911928-syplabels.axmodel6.2.1000.503812,196,5922013 年 11 月-25-09:12
Axsetupsp.exe6.2.1000.11541,391,2802013 年 10 月-13-14:55
Axutillib.dll6.2.120.0929,9682013 年 11 月-25-09:12
Microsoft.dynamics.servicing.operations.dll6.2.73.830337,1682013 年 10 月-13-14:55
Axsetupsp.resources.dll6.2.147.8303387,7762013 年 11 月-25-09:12
Axsetupsp.resources.dll6.2.147.8303375,4882013 年 11 月-25-09:12
Axsetupsp.resources.dll6.2.147.8303375,4882013 年 11 月-25-09:11
Axsetupsp.resources.dll6.2.147.8303379,5842013 年 11 月-25-09:11
Axsetupsp.resources.dll6.2.147.8303379,5842013 年 11 月-25-09:12
Axsetupsp.resources.dll6.2.147.8303371,3922013 年 11 月-25-09:11
Axsetupsp.resources.dll6.2.147.8303375,4882013 年 11 月-25-09:11
Axsetupsp.resources.dll6.2.147.8303383,6802013 年 11 月-25-09:11
Axsetupsp.resources.dll6.2.147.8303395,9682013 年 11 月-25-09:11
Axsetupsp.resources.dll6.2.147.8303375,4882013 年 11 月-25-09:11
Axsetupsp.resources.dll6.2.147.8303379,5842013 年 11 月-25-09:12
Axsetupsp.resources.dll6.2.147.8303387,7762013 年 11 月-25-09:12
Axsetupsp.resources.dll6.2.147.8303375,4882013 年 11 月-25-09:11
Axsetupsp.resources.dll6.2.147.8303375,4882013 年 11 月-25-09:12
Axsetupsp.resources.dll6.2.147.8303375,4882013 年 11 月-25-09:12
Axsetupsp.resources.dll6.2.147.8303379,5842013 年 11 月-25-09:11
Axsetupsp.resources.dll6.2.147.8303379,5842013 年 11 月-25-09:11
Axsetupsp.resources.dll6.2.147.8303379,5842013 年 11 月-25-09:12
Axsetupsp.resources.dll6.2.147.8303395,9682013 年 11 月-25-09:12
Axsetupsp.resources.dll6.2.147.8303375,4882013 年 11 月-25-09:11
Axsetupsp.resources.dll6.2.147.8303416,4482013 年 11 月-25-09:11
Axsetupsp.resources.dll6.2.147.8303371,3922013 年 11 月-25-09:11


影響を受けるオブジェクト



この更新プログラムは、Microsoft Dynamics AX 2009 sp1 では次のオブジェクトに影響します。
  • \Data Dictionary\Tables\ProjInvoiceJour
  • \Data Dictionary\Tables\CustInvoiceJour
  • \Resources\eInvoiceSales_AT_OIOUBL_xsl
  • \Resources\eInvoiceProject_AT_OIOUBL_xsl

この更新プログラムは、Microsoft Dynamics AX 2012 では、以下のオブジェクトに影響します。
  • \Data Dictionary\Tables\ProjInvoiceJour
  • \Data Dictionary\Tables\CustInvoiceJour
  • \Data Dictionary\Tables\CustTable
  • \Data Dictionary\Extended データ Types\EInvoiceAccountCode
  • \Data Dictionary\Extended データ Types\EInvoiceLineSpecific
  • \Resources\eInvoiceSales_AT_OIOUBL_xsl
  • \Resources\eInvoiceProject_AT_OIOUBL_xsl
この更新プログラムは、Microsoft Dynamics AX 2012 の R2 では、以下のオブジェクトに影響します。
  • \Data Dictionary\Tables\ProjInvoiceJour
  • \Data Dictionary\Tables\CustInvoiceJour
  • \Data Dictionary\Tables\CustTable
  • \Data Dictionary\Extended データ Types\EInvoiceAccountCode
  • \Data Dictionary\Extended データ Types\EInvoiceLineSpecific
  • \Resources\eInvoiceSales_AT_OIOUBL_xsl
  • \Resources\eInvoiceProject_AT_OIOUBL_xsl


状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
注: <b>これは、マイクロソフト サポートの組織内から直接作成した「高速公開」の資料です。としてでは、ここに含まれる情報が提供されている-は、新たな問題に対応します。速やかに利用できるようにした結果として、内容には誤植が含まれている可能性があり、事前告知なしで改訂する場合があります。参照してください。 使用条件

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2911928 - 最終更新日: 03/01/2016 05:22:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Dynamics AX 2012 R2, Microsoft Dynamics AX 2012, Microsoft Dynamics AX 2009 Service Pack 1

  • kbautohotfix kbsurveynew kbmbsmigrate kbqfe kbexpertiseadvanced kbexpertiseinter kbexpertisebeginner kbhotfixserver kbmt KB2911928 KbMtja
フィードバック