現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Microsoft Partner Network パートナーポータルへのサインイン時に発生する問題のトラブルシューティング

概要
Microsoft Partner Network パートナーポータルへサインインできない場合、次の方法をお試しください。
詳細
サインイン トラブルシューティング

Microsoft Partner Network パートナーポータルにサインインできない場合、次の方法をお試しください。

  • サインイン時に使用した電子メール アドレスに間違いがないか確認します。
  • Microsoft アカウント サービスの状態を確認します。
  • パスワードが正しく入力されていることを確認します。パスワードは大文字と小文字が区別されます。パスワードを忘れた場合は、Microsoft アカウントのパスワードの再設定ページにてパスワードの再設定を行います。
  • 自分のブラウザーでクッキーを許可する構成がされているか確認します。ブラウザーがクッキーを許可しない場合、Microsoft アカウントでサインインすることができません。
  • ブラウザーに格納されている、キャッシュ、クッキー、一時ファイル、そしてその他の閲覧履歴を削除してみます。ブラウザーを閉じて、再度 Internet Explorer を立ち上げ、InPrivate ブラウズ セッションを開きます。 (Internet Explorer を開いた後 Shift+Ctrl+P で新しい InPrivate セッションを開くことができます。) その後、パートナーポータルへ移動し、Microsoft Partner Network のアカウントに関連付けられている Microsoft アカウントで再度サインインします。
  • 自分のアカウントが関連付けられた組織が Microsoft Partner Network の Active なメンバーであることを確認します。 Active なメンバーでない場合は、メンバーシップを再有効化するため、以下の手続きを行ってください。
      
パスワードの変更

自分のアカウント情報を保護するため、定期的にパスワードを変更することが必要です。パスワードの変更は、次のステップで行います。

  • Microsoft アカウントのパスワードの変更 ページにサインインします。
  • 自分の現在のパスワードを入力して、新しいパスワードを入力、その後、もう一度新しいパスワードを入力します。パスワードは大文字と小文字が別々に認識されますので、ご注意ください。
  • [保存] をクリックし、新しいパスワードで再度サインインします。

Microsoft アカウントの作成

会社の電子メール アドレスにリンクされる Microsoft アカウントを作成します。
  1. Microsoft アカウント Web サイトに移動します。
  2. [今すぐ登録] をクリックし、新しい Microsoft アカウント を作成するための手順に従います。
  3. サインイン済み、または新規登録手順を完了後、会社の Partner Network の事業所管理者または全社管理者が、パートナーメンバーシップセンター ユーザーの管理 ページから招待状を送る必要があります。
  4. 招待状を受信したら、電子メールに記載されている手順に従って、Microsoft アカウントを会社の Partner Network アカウントに関連付けを行います。

Partner Network に登録するため Microsoft アカウントが必要な理由

Microsoft Partner Network に登録し、セキュリティで保護されたコンテンツにアクセスするためには、会社の電子メール アドレスに関連付けられた Microsoft アカウントが必要です。この Microsoft アカウントにより、パートナーポータルやパートナーメンバーシップ センター上の各種コンテンツへアクセスすることができます。


パスワードの再設定

パスワードを忘れてしまったため、パートナーポータルへのサインインができない場合や誰か他の人が自分のパスワードを使用していると思われる場合は、Microsoft アカウントのパスワードの再設定ページにて、パスワードの再設定を行います。


サインイン時にゲストとして認識される

サインイン時にゲストとして認識され、サインアウトできない場合、ブラウザーや Skype のような Microsoft アカウントに対応したアプリケーションを閉じます。クッキーやインターネット一時ファイルを削除し、パートナーポータルへ再度サインインします。 


Partner Network アカウントへ MCP ID を関連付ける際に発生するエラー

マイクロソフト認定プロフェッショナル (MCP) ID を Partner Network アカウントへ関連付けしようとした時にエラーが発生した場合、次のいずれか 1 つが原因です。
  • 個人のプロファイルにある名前が MCP トランスクリプト (合格証明書) にある名前と完全に一致していないこと。名前は、必ず完全に一致するようにしてください。
  • その MCP ID がほかの Partner Network アカウント、または別の Microsoft アカウントに関連付けされていること。前のアカウントにアクセスできない場合、関連付けを外すためにパートナーコールセンターに連絡します。


サインイン時に発生するエラー

「The email address or password is incorrect. Please try again,」というエラー メッセージを受け取った場合、自分のパスワードを再設定する必要があります。Microsoft アカウントを再設定するために、Microsoft アカウントのパスワードの再設定ページにてパスワードを再設定します。


Partner Learning Center にアクセスできない

Partner Learning Center のアカウントが 18ヶ月以上使われていない場合、そのアカウントは一時的に無効になります。アカウントを再有効化し、トレーニングの特典を活用するためには、パートナーコールセンターに連絡してください。


顧客カスタマーサービスの電話番号

上記の方法を試しても問題が解決しない場合は、Partner Network 管理者に連絡してください。管理者で対応できない場合は、パートナーコールセンターに連絡してください。


Microsoft Partner Network, MPN, membership, Microsoft account, Windows Live ID, 100-0011, 100-0012, 100-0013, 100-0014
プロパティ

文書番号:2913746 - 最終更新日: 05/04/2015 20:30:00 - リビジョン: 10.0

  • kbnorightrail kbsurveynew KB2913746
フィードバック
body>