現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Word 2013 で文献目録のスタイルのリストが空欄になり設定できない

現象
Windows のログオン ユーザー名を全角カタカナを使用して設定すると、Word 2013 の [参考資料] タブの文献目録のスタイルを選択するドロップダウンリストが空欄になり、設定できません。
この現象は、Windows のバージョンやビット数に関わらず発生します。ログオンユーザー名に全角ひらがな、漢字、英数字を設定した場合には発生しません。
詳細
問題の再現手順
  1. Windows のログオン ユーザー名が全角カタカナのユーザーを作成します。例えば、"テスト" という名前のユーザーを作成します。
  2. 1. で作成したユーザー名が "テスト" のユーザーでログオンします
  3. Word 2013 を起動します
  4. [参考資料] タブを選択して、[引用文献と文献目録] グループの文献目録のスタイルを選択するドロップダウンリストを選択します
結果 : ドロップダウン リストが空欄になり、文献目録のスタイルを設定することができません
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
回避策
この現象を回避するためには、使用している Office 2013 のインストール方式に合わせた方法で、修正プログラムをインストールします。

方法 1. Windows インストーラ方式の場合
ボリューム ライセンスで提供されている Office Professional Plus 2013 や Office Standard 2013 は Windows インストーラー方式のバージョンです。
以下のサポート技術情報から修正プログラムを入手して、インストールします。

    2760434 Description of the Office 2013 hotfix package (Mso-x-none.msp; Word-x-none.msp): October 16, 201


方法 2. クイック実行方式の場合
パッケージ製品やプレインストール版製品で提供されている Office Home and Business 2013、Office Personal 2013、Office Professional 2013 はクイック実行方式のバージョンです。
クイック実行方式でインストールされた Office 2013 に更新を適用するためには、Office の自動更新の機能を利用して Office 2013 のバージョンを更新します。

2013 年 11 月の更新プログラムをインストールして、Office 2013 のバージョンが "15.0.4551.1005" またはそれ以降に更新されると本問題を回避できます。

フェーズ 1. Office 2013 のバージョンを確認する
はじめに、Office 2013 の現在のバージョンを確認します。
  1. Word 2013 を起動します。
  2. [ファイル] メニューをクリックして [アカウント] をクリックします。
  3. 右側のペインで "Office の更新プログラム" の下に表示されているバージョンを確認します。

    例) バージョン : 15.0.4517.1005

バージョンが "15.0.4551.1005" よりも低い場合は、続けて以下の手順を行い、更新をインストールします。

フェーズ 2. Office 2013 の更新を手動でインストールする

  1. Word 2013 を起動します。
  2. [ファイル] メニューをクリックして [アカウント] をクリックします。
  3. [アカウント] の右側のペインで、[更新オプション] をクリックします。
  4. メニュー リストが表示されたら、[更新を無効にする] をクリックします。
  5. [ユーザー アカウント制御] の確認が表示されたら "はい" をクリックします。
  6. 再度 [更新オプション] をクリックして [更新を有効にする] をクリックします。
  7. [ユーザー アカウント制御] の確認が表示されたら "はい" をクリックします。
  8. 更新の有無がチェックされると、タスクトレイに赤いアイコンが出て "Office の更新プログラムをダウンロードしています。" と表示されます。
  9. 更新のダウンロードが終わると、"いくつかのプログラムを閉じる必要があります" と メッセージが表示されますので、Word 2013 を終了して、"再試行" をクリックします。
  10. 更新の適用が始まると、タスクトレイに "Office を更新しています。" と表示されます。
  11. 更新の適用が終わると、タスクトレイに "Office の更新が完了しました。" と表示されます。
タスクトレイのアイコンが消えたら、フェーズ 1. のバージョンを確認する手順で、バージョンが "15.0.4551.1005" またはそれ以降のバージョンと表示されるかを確認します。

Office 2013 の自動更新がうまく開始されず、バージョンのアップデートが出来ない場合は、以下のオンライン修復を利用して Office 2013 を最新のバージョンに再構成します。


補足 : オンライン修復によって更新する
オンライン修復は、インターネット経由で Office 2013 を最新のバージョンで再構成する手順です。
オンライン修復中は、インターネットに接続している必要があり、完了まで少し時間がかかります。
  1. すべての Office アプリケーションを終了します。
  2. コントロール パネルから [プログラムと機能] を開きます。
  3. プログラムの一覧から Office 2013 製品を選択して、[変更] ボタンをクリックします。
  4. "Office プログラムをどのように修復しますか" と画面が表示されたら、 [オンライン修復] のチェックをオンにして、[修復] ボタンをクリックします 。
  5. "オンライン修復を開始してもよろしいですか?" と表示されたら、[修復] ボタンをクリックします。
  6. "Office を修復中" というダイアログが出て、手順 1/4 から 4/4 まで進み、 その後、オレンジ色の Office のダイアログが表示されて
       0% から 100 % まで準備が行われ、 ダウンロードとインストールが継続されますので、完了するまでお待ちください。   
上記の手順が終了したら、Word 2013 を起動して、バージョンが "15.0.4551.1005" またはそれ以降のバージョンと表示されるかを確認します。


関連情報
Office 2013 クイック実行の更新については、以下の公開情報をご参照ください。

Microsoft Office 2013 クイック実行Microsoft Office 2013 クイック実行

2909018 Office 2013 のクイック実行バージョンの更新方法について
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2914367 - 最終更新日: 09/20/2016 12:34:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Word 2013

  • kbfix KB2914367
フィードバック