コントロール パネルに表示される Office の更新プログラムのインストール日がすべて最新に更新される現象について

現象
Office の任意の更新プログラムをインストールした際に、コントロール パネルのインストールされた更新プログラム欄に表示されているインストール日が過去の更新プログラムも含めて直近の日付にすべて書き換えられます。
原因
Office の更新プログラムは、同じモジュールに対しては過去の修正内容が累積される性質を持ちます。この為同一のモジュールを更新する過去の (置き換えられた) 更新プログラムは重複して表示せずに、最新の更新プログラム名のみをインストールされた更新プログラムへ表示しています。

その動作の過程で過去にインストールしたプログラムの情報をすべて書き換える為、結果として Office 更新プログラムのインストール日が過去の物も含め最新のインストール日と同一の日付に更新されます。
解決方法
この動作は想定されたものとなる為、回避する方法はございません。
回避策
状況
この動作は仕様です。
詳細
関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2917023 - 最終更新日: 09/20/2016 12:36:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Office Enterprise 2007, Microsoft Office Professional 2007, Microsoft Office Professional Plus 2007, Microsoft Office Personal 2007, Microsoft Office Home and Business 2010, Microsoft Office Personal 2010, Microsoft Office Professional Plus 2010, Microsoft Office Professional Plus 2013

  • KB2917023
フィードバック