現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

[HOWTO] PowerPoint 2002 プレゼンテーションにフォントを埋め込み、すべてのシステムでテキスト表示を統一する方法

Microsoft PowerPoint 2000 については、次の資料を参照してください。198337
Microsoft PowerPoint 97 については、次の資料を参照してください。159813

この資料の内容

概要
この資料では、Microsoft PowerPoint 2002 プレゼンテーションにフォントを埋め込む方法について説明します。

特定のフォント セットを使用しているコンピュータで作成したプレゼンテーションを、別のフォント セットがインストールされているコンピュータで表示すると、外観が異なることがあります。この場合、プレゼンテーションに使用フォントを保存する (埋め込む) ことによって、この問題を解決できることがあります。

PowerPoint では、編集レベルでの TrueType フォントの埋め込みがサポートされています。つまり、システムにインストールされていないフォントが埋め込まれたプレゼンテーションを開いた場合、同じプレゼンテーションの別のテキストではそのフォントを使用できますが、別のプレゼンテーションではそのフォントを使用できません。

TrueType フォントの埋め込みは、以下の保存形式でサポートされます。
  • プレゼンテーション
  • PowerPoint 97-2002 & 95 プレゼンテーション
  • PowerPoint スライド ショー
先頭に戻る

プレゼンテーションに TrueType フォントを埋め込む方法

別のコンピュータで PowerPoint プレゼンテーションを開いたとき、作成元と同じフォントで表示および印刷が行われるようにプレゼンテーションを保存するには、以下の手順を実行します。
  1. PowerPoint を起動してプレゼンテーションを開きます。
  2. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。
  3. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの [ツール] をクリックし、[保存オプション] をクリックします。
  4. [TrueType フォントを埋め込む] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。
: Windows 付属の TrueType フォントであれば、任意のフォントを埋め込むことができます。その他の TrueType フォントについては、ライセンスの制限がないフォントのみ埋め込みが可能です。フォントを埋め込むことができない (たとえば、フォントが編集可能またはインストール可能とマークされていない) 場合は、埋め込みを実行できない理由がメッセージに表示されます。

: プレゼンテーションにフォントを埋め込んで保存すると、プレゼンテーションのファイル サイズが大きくなります。

先頭に戻る
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 291924 (最終更新日 2002-10-27) をもとに作成したものです。
OfficeKBHowTo TT fontembed ttembed font switch substitutions different similar text letters characters glyph glyphs inf PPT
プロパティ

文書番号:291924 - 最終更新日: 03/25/2003 05:54:14 - リビジョン: 1.1

  • Microsoft PowerPoint 2002 Standard Edition
  • kbfont kbhowto kbhowtomaster KB291924
フィードバック
.gif?"> " + (window.location.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>"); &t=">