現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Unattend.txt ファイルを使用して Microsoft Windows XP のライセンス認証を行う方法

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP291997
概要
この資料では、無人インストールを使用して Microsoft Windows XP のライセンス認証を行う方法について説明します。

: Windows XP の自動ライセンス認証を行う前に、インターネット接続を確立しておく必要があります。
詳細
無人インストールを使用して Windows XP のライセンス認証を行うには、次の情報を Unattend.txt ファイルに追加します。
  • Unattended セクションに次の記述を追加します。
    AutoActivate = Yes
  • UserData セクションの下に次の記述を追加します。
    ProductID = yourProductID
    (ユーザーのプロダクト ID は、COA (Certificate of Authenticity) ステッカーに表示されています。)

    : すべての Microsoft Windows XP の製品版のインストールは、ライセンス認証を行うために一意のプロダクト ID が必要です。
プロキシ サーバーを経由してインターネットに接続している場合は、次のようにして Unattend.txt ファイルにプロキシ設定を指定します。
  • Unattended セクションに次の記述を追加します。
    ActivateProxy=Proxy
  • Proxy セクションに、使用しているコンピュータのプロキシ設定を記述します。
無人インストールをカスタマイズする方法については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
関連情報
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
291983 Windows 製品のライセンス認証で使用されるポート
155197 [HOWTO] Unattend.txt ファイルの無人セットアップ パラメータ
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 291997 (最終更新日 2004-04-20) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:291997 - 最終更新日: 01/25/2005 07:31:31 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional Edition
  • kbenv kbhowto kbsetup KB291997
フィードバック