Windows Server 2012 R2 環境でイベント ID 16945 がシステム イベント ログに出力される

現象
Windows Server 2012 R2 環境で、以下のタイミングなどでシステム イベント ログに ID 16945 の警告が出力される場合があります。

・NIC チーミングされているチームを接続先とした仮想スイッチの作成時
・上記仮想スイッチを使用している仮想マシンの起動および停止時
・上記仮想スイッチに関連付けられているチーム メンバーのリンク アップまたはリンク ダウン

出力されるイベント ログは以下の内容になります。

ソース : Microsoft-Windows-MsLbfoSysEvtProvider
イベント ID : 16945
レベル : 警告
説明 : MAC conflict: A port on the virtual switch has the same MAC as one of the underlying team members on Team Nic Microsoft Network Adapter Multiplexor Driver


原因
このイベントは、NIC チーミングされているチーム メンバーと、作成された Hyper-V 仮想スイッチの MAC アドレスが重複していることを示しています。Hyper-V 仮想スイッチ作成時、接続先の仮想スイッチの種類に外部ネットワークを選択し、ネットワーク アダプタに NIC チーミングされているチームを選択した場合は、通常 NIC チーミングされているチーム メンバーの MAC アドレスが仮想スイッチに割り当てられるため、MAC アドレスが重複することから本イベント ログが記録されます。
解決方法
NIC チーミングされているチームに対して仮想スイッチポートを 1 つしか使用していない場合や、本イベント ログが 1 度に複数回出力されない場合は、本イベント ログは無視して問題ありません。

このイベント ログが問題となるシナリオとしては、複数の仮想スイッチポートが全て同じチームの NIC へ接続されてしまった場合を想定しており、本イベント ログが 1 度に複数回出力された場合は設定を確認する必要があります。

また、物理 NIC の MAC アドレスを異なるアドレスへ設定することで本イベント ログを出力させないようにすることが可能です。重複している MAC アドレスについては、以下の手段で確認可能です。 
  1. [サーバー マネージャー] を開きます。
  2. [ローカル サーバー] をクリックします。
  3. [プロパティ] ウィンドウ内の [NIC チーミング] をクリックします。
  4. 画面右下に表示される [アダプターとインターフェイス] に表示されている仮想ネットワーク アダプターと、チーミングしているネットワーク アダプターを右クリックし、[プロパティ]を選択します。 
  5. 表示される [ネットワーク アダプターのプロパティ] の画面から恒久アドレスを確認します。

MAC アドレスの設定方法につきましては、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Set-NetAdapter
http://technet.microsoft.com/en-us/library/jj130875.aspx

回避策
状況
詳細
関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2920261 - 最終更新日: 09/20/2016 13:04:00 - リビジョン: 2.0

Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard

  • KB2920261
フィードバック