現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Word 2002 文書を編集すると "文書の書式設定が複雑すぎます。[高速保存] オプションをオフにして、文書を今すぐ保存してください" というエラー メッセージが表示される

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP292174
現象
Word 2002 文書の編集中に、Word が応答を停止する (ハングする) か、以下のエラー メッセージが表示されることがあります。
文書の書式設定が複雑すぎます。[高速保存] オプションをオフにして、文書を今すぐ保存してください。
原因
この問題は、次の条件に該当する場合に発生することがあります。
  • 行番号が設定されている場合

    かつ
  • 左余白の行番号とデフォルトの行番号の文字スタイルが異なる場合
解決方法

Service Pack の情報

この問題は、Office XP Service Pack 3 で修正済みです。この問題を解決するには、Microsoft Office XP の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
307841 [OFFXP] 最新の Office XP Service Pack の入手方法

修正プログラムの情報

マイクロソフトでは、現在この問題を修正する修正プログラムを提供中ですが、修正プログラムはこの資料に記載された問題のみを修正することを目的としており、障害があったコンピュータに対してのみ適用することを推奨します。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次の Microsoft Office XP Service Pack がリリースされるまで待つことを推奨します。

この問題を解決するには、Microsoft Product Support Services にお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。Microsoft Product Support Services の電話番号一覧およびサポート料金については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。 : Microsoft Support 担当者が、特定の更新プログラムを適用することにより問題が解決されると判断した場合、まれに通常サポート依頼にかかる料金が免除されることがあります。ただし、特定の更新プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。修正プログラム (グローバル版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
: Office XP SP2 をインストールしてからこの修正プログラムを適用する必要があります。
   日付            時刻    バージョン       サイズ        ファイル名   --------------------------------------------------------------   26-Nov-2002  01:32                 5,623,972   Winword.msp   26-Nov-2002  02:15                 6,635,184   Winwordff.msp

修正済みのグローバル ファイル :
   日付           時刻         バージョン       サイズ        ファイル名   --------------------------------------------------------------   25-Nov-2002  16:50:00  10.0.4721.0    10,598,984  Winword.exe
回避策
この問題を回避するには、左余白の行番号で標準の文字スタイルを使用します。この設定を行うには、以下の手順を実行します。
  1. Word 文書に test と入力します。入力した文字列を選択し、[書式設定] ツール バーの [スタイル] ボックスで [標準] をクリックします。
  2. 文字列を選択した状態で、[書式] メニューの [スタイルと書式] をクリックします。
  3. [適用する書式の選択] ボックスの一覧の [行番号] をポイントし、右側に表示される矢印をクリックして、[選択個所と一致するように更新する] をクリックします。
  4. 入力した文字列 (「test」) を削除します。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は、Office XP Service Pack 3 で最初に修正されました。
詳細
応答を停止したプログラムまたは文書を回復するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] をポイントし、[Microsoft Office ツール] をポイントし、[Microsoft Office アプリケーションの回復] をクリックします。
  2. [アプリケーション] ボックスの一覧で、応答しないプログラムまたは文書をクリックします。
  3. 以下のいずれかの手順を実行します。
    • 作業中だったファイルを回復するには、[アプリケーションの回復] をクリックします。
    • プログラムを終了するには、[アプリケーションの終了] をクリックします。この場合、保存していない変更は失われます。
  4. 問題の原因となったエラーについて、マイクロソフトに報告することができます。報告された情報は、今後のバージョンでのプログラムの改善に役立てられます。必要に応じてエラー報告用ダイアログ ボックスの [エラー報告を送信する] または [送信しない] をクリックしてください。
ドキュメントの回復機能の詳細については、[ヘルプ] メニューの [Microsoft Word ヘルプ] をクリックします。次に、Office アシスタントまたはアンサー ウィザードにドキュメントの回復と入力し、[検索] をクリックして表示されるトピックを参照します。
OfficeErrorMessages 10090 FIX
プロパティ

文書番号:292174 - 最終更新日: 04/17/2006 09:32:44 - リビジョン: 6.0

  • Microsoft Word 2002 Standard Edition
  • kbqfe kbhotfixserver kbformat kbbug kberrmsg kbnofix KB292174
フィードバック