Autochk 完了後にシステムがハングする

現象
以下の条件において、システムがハングすることがあります。

・ Autochk によるシステム ボリュームへの chkdsk が実施される
・ DedicatedDumpFile を使用してシステム ボリュームにダンプを取得する構成が行われている
原因
Autochk によりシステム ボリュームに対して chkdsk が実行された場合、完了後にシステムの再起動が実施されます。
また、DedicatedDumpをシステム ボリュームに設定している場合は、上記の再起動 (シャットダウン処理) においてDedicatedDump に関するクリーン アップ処理に伴ってシステム ボリュームへの読み込み処理が実施されます。

ディスクによっては、上記の読み込み処理が行われる前にスタンバイ状態に遷移いたします。
読み込み処理の前にディスクがスタンバイ状態に遷移した場合には、読み込み処理を行うことができずハング状態に陥ります。
本問題は、DedicatedDumpFile を使用している状態でシステム ボリュームにダンプを取得する設定をした場合のみ発生する可能性があります。
回避策
DedicatedDumpFile をシステム領域以外のパーティションに設定します。
状況
本動作は仕様です。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2923583 - 最終更新日: 09/30/2016 09:07:00 - リビジョン: 5.0

Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2012 Standard

  • KB2923583
フィードバック