SQL Server VDI バックアップし、復元操作は、Sysadmin 特権を必要とします。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2926557
概要
Microsoft SQL Server 仮想デバイス インターフェイス (VDI) を使用してバックアップまたは復元の操作は、バックアップまたは復元のコマンドを実行するために使用される SQL Server のサーバへの接続はログに記録し、sysadmin 固定サーバー ロールである必要があります必要があります。これはすべての環境で望ましくないことし、db_backupoperatorの固定データベース ロールにのみ、アプリケーションのサービス アカウントが構成されている場合にエラーが発生する VDI を使用するサード ・ パーティ製バックアップ ・ アプリケーションが発生する可能性があります。これは、SQL Server の現在のバージョンで設計上の制限です。
詳細
VDI 接続では、接続自体がよりシンプルなバックアップ ・ オペレーションを実行する可能であり、クライアントとサーバー間の共有リソースが含まれますので、システム管理者のアクセス許可が必要です。Microsoft SQL Server 製品チームが SQL server の次のメジャー バージョンに対するこの要件を評価して、追加情報がある場合は、このマイクロソフト サポート技術情報 (KB) 記事が更新されます。

SQL Server の詳細については、バックアップ、復元操作と、次のマイクロソフト TechNet web ページを参照してください。関連情報を参照するボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) と SQL server VDI のバックアップでは、次の MSDN ブログの投稿を参照してください。アプリケーション ・ ベンダーはことができます詳細については、SQL server のバックアップの VSS を使用して次のガイドを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2926557 - 最終更新日: 03/01/2016 19:48:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 4, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 1, Microsoft SQL Server 2012 Standard, Microsoft SQL Server 2008 Service Pack 3, Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Web

  • kbsurveynew kbprb kbexpertiseinter kbmt KB2926557 KbMtja
フィードバック